ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日6月13日
血液型B型
身長157cm
3サイズ80/59/84(1年)、81/60/84(2年)、82/60/84(3年)
所属部テニス部
電話番号○○○-×△△×
趣味編み物
卒業後の進路二流大学
CV黒崎彩子
テーマ曲かごの中の小鳥


人物

はにわ系お嬢様


古式不動産の社長令嬢おっとりしていて天然系、ウツボカズラを可愛いと言ってみたりプレゼントにはにわを貰って喜ぶなどの不思議ちゃんでもある。

いわゆるお嬢様キャラでありながら気取ったところは全く無いが、を前に和歌を詠む、初詣振り袖蛍狩り浴衣を着てくるなど、名前通りに古風な印象。一方で、晴天祈願にてるてる坊主を作るといった幼さを感じさせる一面も。

自家が裕福であることを自覚しつつもそれらは両親の財産であるとわきまえており、「古式さんってお金持ちなんだね」などと言われると、その考え違いを柔らかくたしなめる分別を備えている。そのため、大金持ちキャラであるにもかかわらず、家の財力を誇示したり金銭で物事を解決しようとするなどの振る舞いは皆無である・・・が、修学旅行で宿泊先ホテル大浴場を小さいと言ったり、感覚のズレは随所で披露する。

古式さん


彼女の特徴はとにかくのんびりしていることである。
デートでものんびりとぼーっと出来る場所を好む。その性格を反映して口調も極めてゆっくりであり、ファンディスクである『ときめきメモリアルプライベートコレクション』では全員で掛けるタイトルコールが一人だけワンテンポ遅れたりする。
音声の存在しないスーパーファミコン版では、会話ウインドウの文字スクロールを遅らせることでスローテンポを演出していた。

こしきゆかり


スキーリフトにも乗れずにコケる、シューティングゲームではほとんど何も出来ずにゲームオーバーといった有り様だが、テニス部所属ということもあり運動神経自体は悪くない。学力も一定水準はある。

趣味編み物で、採寸もしないでセーターを編み上げるほどの腕前。先述の通りののんびりさでそのスピードは速くはないものの、丹念に込めたそれらは身も心も暖めてくれる。料理も人並以上にこなせるなど、虹野さんたち同様、いわゆる家庭的な女の子。

このように、過ぎるマイペースぶりとは裏腹に、弱点のないスペックで纏まっているお嬢様なのである。

容姿

古式ゆかりん
古式ゆかり


軽くウェーブのかかった髪を、おさげの三つ編みにしている。『ときめきの放課後』のアナザーエンドでは、髪下ろし姿を見ることができる。
髪色はピンクだが、PCE版の取説を含む初期の設定画では紫がかったものであった。

性格を反映していつも穏やかな表情をしており、主人公の評では「あったかい笑顔」。
服装流行に左右されないシックなものを好み、上品さを感じさせるものが多い。また、帽子を着用している服装は全ヒロイン中で最多であり、シリーズのゲーム中で和装を披露する機会も最多。
なお体操服の裾は、ブルマの外に出す派。

ゲーム中での扱い


出会う為に必要なパラメータが少々特殊なキャラクター。運動と容姿のパラメータが両方必要だが、この2つは増減が相反し、登場のための数値もやや高いため、慣れないうちは中々会えない。誕生日も6月と早めなので、1年目の誕生日イベントを発生させたければテニス部に入部してお近づきになるのが手っ取り早く、なおかつ確実。……と言いたいところだが、万一詩織の所属部がテニス部の場合はどうあがいても登場してくれない(後述余談にて記載)ので、どちらにせよ事前注意が必要である。

傷心度の上昇率は虹野さんと並んで最も低い上に、彼女よりもときめきにくいため、爆弾の心配が最も少ない。

半袖の古式さん


名実ともに無垢で清純なキャラであるが、ゲーム本編では湯上り桜色の浴衣姿や保健室ベッドの上でのブルマ姿、極めつけは水族館デートにて白ブラウスの上から水をぶっかけられて下着が透ける姿を無防備に晒し、更に派生作品であるぱずるだまのEDでも露天風呂に入浴中の姿を披露するなど、イメージに反してお色気シーンの多いキャラでもある。
特に有名な水族館でのずぶ濡れイベントは機種によってグラフィックが異なり、元祖のPCE版では濡れ透けが露わになって主人公の方を向いていたが、PS版では横向きになり胸元を腕で隠している。かと思いきやそのPS版がベースのサターン版ではわざわざ左腕だけ降ろしたCGに修正され再び下着が露わになるになど、当時のソニーが設けていた表現基準に対した紆余曲折が窺える。

人間関係

ゆうことゆかり


親友。一緒に描かれる頻度が他の子よりも高く、ラジオ/CDドラマや『彩のラブソング』では漫才コンビを組んでいる。親友設定は元々ラジオドラマでのものだったが、ぱずるだまドラマシリーズ、小説版と、多くの作品にて採用されている。
彼女からの呼称は「ゆかり」、彼女への呼称は「朝日奈さん」。
なお幼馴染設定は小説版のみであり、呼称が「夕子さん」になっている。

ご幼少のみぎりからの家族ぐるみのお付き合いで、メインキャラクター中でレイの秘密を知る唯一の人物。だが古式さんはその秘密が秘密であることを自覚していないため、たびたびレイを振り回すことになる。
彼女から編み物のスピード勝負を挑まれるが……?

お父様とお母様

彼女について語る際に有名なエピソードがお父様である。ときめきメモリアル本編では不良に絡まれFFさながらの戦闘に突入することがあるが、その際に彼女が「お父様~~~」と心細げに助けを求めるとFFの召喚魔法ばりに『お父様』が駆けつける。和装に角刈り、ドスを携えたステレオタイプな極道そのものの姿。(攻撃サポートをしてくれる女の子は他に紐緒さん片桐さんが居るが、この召喚(?)はそれらを大きく上回る攻撃力を誇る。)
このことから、古式さんは「極道の娘」と誤解されることがあるが、お父様が極道であるという設定は一切無い。
裸一貫で身を起こし、古式不動産の社長となった人物であるが、文化祭チャルメラの演奏を聴いて涙するなど、苦労してきたことが窺える。

実は両親ともきらめき高校卒業生。きらめき高校でお母様と知り合い伝説の樹の下の告白で結ばれているという、ときメモシリーズの根底を成す『伝説』設定の、体現者にして元祖。
なお、お母様の高校時代の姿は、娘のゆかりにそっくりである。(現在の姿は不明)
両親と彼女の仲は極めて良好なようで、お母様は娘の想い人のためのお弁当作りを手伝ったりしている。

古式さんは両親を深く尊敬しており、普段は極めて温厚だが両親のことを悪く言われると、例外的に不快感を示すことがある。彼女とのお付き合いを希望する殿方は、この古風で強く厳しく娘を溺愛するお父様と面接して認められるのが必須である・・・。(幸いゲーム中ではそんなクリア条件は無いのでご安心を。)

よもやま

当初の企画段階では星野翔子という名前が予定されていたが、含まれる「」の字が当時の環境では使用できないため、変更となった経緯がある。

ゲーム開始時に入力する藤崎詩織の誕生日設定によっては、古式さんが登場しなくなってしまう。詩織の所属部はプレイヤーが入力した誕生日により決定されるが、詩織がテニス部の場合、古式さんの所属できる部がなくなってしまう。『バスケ部を除き1部活に1キャラ』『詩織が優先』『キャラと所属部が切り離せない』システムである、ときメモ1の仕様による弊害である。
逆手に取ってほかの女の子を攻略する際にあえて封印するテクもあるにはあるが、そもそも古式さんは参照パラメータ的に狙って登場させる側のキャラなので、その必要性は低め。むしろその性格設定をモロに反映したときめきにくさと爆弾の発生しにくさに着目し、他の子が登場する前にあえて来てもらうまである。

様々に量産されたラジオドラマやCDドラマ中では、その規格外の天然キャラっぷりと資産家っぷりを利用して、ギャグ担当となることが多かった。
初期の全巻購入特典CDドラマでは、ゲーム『ポリスノーツ』をプレイした経験から実際に時限爆弾の解除までしてしまうほど。
虹色の青春』に先駆けた小島作品ネタだが、古式さんは誕生日プレゼントで『TVゲーム』を選ぶと×評価を喰らうキャラであり、ギャグとはいえ少々展開に無理がある。よりにもよってこの話のみ脚本名義が『コナミ』なのももどかしい……。
なんにせよ女の子に抱かせた爆弾の解除はしてくれないので、自分で解決しよう。

【武】爆弾大爆発/藤崎詩織
愛のバクダン魔



当時のコナミバーチャルアイドル商法により、ときめきメモリアルのキャラクター名義でアルバムCDがリリースされていたが、彼女も乙女想夢というソロアルバムをリリースした。他が4イレギュラーであることを考えると快挙だが、このリリースは彼女をもって打ち止めとなった。

関連タグ

ときめきメモリアル ときメモ ゆかり
三つ編み はにわ テニス
朝日奈夕子 伊集院レイ 秋穂みのり 寿美幸 須藤瑞希
植物園 食虫植物 水族館 編み物 スキー 体操服 浴衣 漫才

大倉都子:こちらも両親が伝説の樹の下で結ばれている

関連記事

親記事

ときめきメモリアル ときめきめもりある

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「古式ゆかり」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「古式ゆかり」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271618

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました