ピクシブ百科事典

フジ博士

ふじはかせ

ポケットモンスターシリーズの登場人物。ミュウツーの生みの親。
目次[非表示]

前置き&誘導

ここでは映画『ミュウツーの逆襲』及びラジオドラマ『ミュウツーの誕生』に登場するフジ博士について記す。ゲーム版『赤・緑・青・ピカチュウ』『ファイアレッド・リーフグリーン』やアニメ『ポケットモンスターTHE_ORIGIN』にも登場するが、こちらはフジ老人の記事を参照のこと。

概要

CV:秋元羊介

ニューアイランド島に秘密研究所を構えるポケモンの遺伝子研究の第一人者。事故死した娘のアイを蘇らせるため、人間と異なりコピー(クローニング)しても生存可能なポケモンの生命力の強さについて研究を続けていた(『ミュウツーの逆襲』完全版の追加パートでは、生前のアイの意識パターンをホログラム化しただけであり、クローニングまではしていない)。
そんな折にロケット団が南米の山脈地帯にある盗掘現場から発見したミュウの睫毛の化石の再生を依頼され、永遠の生命力があるとされるミュウの遺伝子の解析をすればアイのコピーを生存させられるのではないかと考え承諾する。

ドラマCDでは、「アイの成分が残っている限り、幾らでも娘のコピーは作り出せる」「コピーは元があれば幾らでも作り出せる」「ミュウの成分は睫毛の先の化石しか残っていない。(全身の遺体が残る)アイのように簡単に何度も作り出せはしない」等と発言しており、コピーを個体として認識しておらず個々の人格を考慮しないなど、マッドサイエンティストとしての側面も見せている。

最終的にはミュウの化石の再生に成功しミュウツーを生み出すが、元の細胞さえあれば幾らでもコピーを作り出せると考えるフジに怒りを覚えたミュウツーによって研究所ごと吹き飛ばされて死亡したとされている。最期に「世界最強のポケモンを作る……それが私達の夢だ」と言い残しているが、それが兵器としてのポケモンの生成を意味するのか、強力な生命力の探求を意味するのかは不明である。

余談

アニメシリーズ版にはフジ老人が登場しないが、フジ老人=フジ博士説が成立するとすれば、上記のようにフジ博士がミュウツーによって既に殺害されているからではないか、という考え方も可能である。

一方、The origenではフジ博士は生きており、研究者を辞めた後にシオンタウンの墓守をしていることになっている。


関連タグ

ポケットモンスター ミュウツー ミュウツーの逆襲
博士

pixivに投稿された作品 pixivで「フジ博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6473

コメント