ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マジシャン(HOD)

まじしゃん

マジシャンとは、SEGAによるガンシューティングゲーム『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』のステージボス。
目次 [非表示]

概要

初代ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド(HOD)のラスボス。

また、ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2にも登場している。

その名前はタロット大アルカナにおいて『魔術師』を意味する。


デーモンを思わせる邪悪かつ無機質な肉体を備え、空中浮遊能力を持つミュータント

黒幕であるDr.キュリアンの最高傑作として目覚めるが…


HOD動画投稿しました!

オマエハダレダ…


ワタシハダレノメイレイモキカヌ…


タダハカイスルノミ…


……以上の言葉を述べるや否や、何故か親のキュリアンさえも敵とみなし、火炎弾を投げつけて殺害した。


キュリアン「どういうことだ…なぜ私の命令を聞かぬ…」


能力

戦闘は直立不動の姿勢を保ったまま高速移動を繰り返しつつ、火炎弾を投げつけるというもの。

また体力が半分を切ると火炎弾を上空に発射し、それをプレイヤーに撃たせる事で自分への攻撃を回避してくる。

この『自分自身を画面外に追いやっての攻撃』は、その後のHODラスボスがたびたび使用する伝統技にもなっている。


弱点は『右顔、左上腕、右下腕、左太股、右脛』

多いように思えるが、上記の高速移動等から狙うのはそれなりに難しい。


戦闘BGMが神曲である事や、ポーズをほとんど崩さず戦う風格ある戦闘スタイルから、HODシリーズのボスキャラの中でも特に人気が高く、ファンの間ではマジシャン閣下と呼ばれている。


最期はローガンGとの激しい死闘を繰り広げた末、敗北。「イツノヒカ…カナラズフッカツ…」と言い残して爆発四散した。


再来


Type0 Magician(Reborn)

この時を待っていた…お前達に先はない…

私に倒されるか…あるいはエンペラーに倒されるか…

いずれにしろ…それがお前達の運命……


前作の宣言通り、『2』の5面にて復活。喋りが流暢になり、唯我独尊な性格も変わっている。自身を倒したAMSを憎んでおり、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのか、ジェームズゲーリーを殺そうとする。

右下腕のみ装甲が修復され、身体の各所から触手が飛び出た醜い姿に変貌しているが、その力は全く衰えていない。

技等は前作と同じで、戦闘BGMもアレンジ版が再生される。

ただし最終攻撃時はプレイヤーの視界に居座り続ける。


ちなみに、設定上は『初代』『2』共に不完全な状態で戦っているらしい。

閣下の本気を見られる日は来るのだろうか?


なお『彼』がキュリアンに従わなかった理由は、ゴールドマンにプログラムの改造を受けていたからとされる。

……マジで閣下の本気を見られる日は来るのだろうか?


そして……


G「クソッ、間に合わなかったか!」


久しぶりだな、AMS諸君…


G「やはり貴様か…」


この時を待ちわびていた。この傷の痛み、お前達にも味わせてやろう…!!


更に更に、前作から3年後を舞台にした『』の後日談『4SP』にて三度目の再登場を果たし、Gとケイトの前に立ちはだかる。相変わらず弱点は改善されてない。

本作では高速移動が不規則になり、画面のどこか(右or左or中央)から攻撃するテクニシャンな戦法を取る。

また、最終技では火炎弾連射に次ぎ、火炎を纏っての突進もランダムに使用して来る。


が、条件を満たした場合に訪れるバッドエンドの内容から、このマジシャンが既存の『彼』と同一の存在かは疑わしい。

どういう内容か知りたいという物好きな方は、ハッピーエンド・トゥルーエンドを含めてさっさと閣下に謁見して見届けよう。


ナンバリング外の「愛されるより愛シタイ」には本人こそ登場しないが、ミニゲームのひとつ「名探偵ゾビコ」のBGMに彼のテーマ曲が流れる。同ミニゲームにはジェームズを始めAMSの諸君も出演しており、ギャグ回でも因縁があるようだ。


関連タグ

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド

ゾンビ ミュータント

魔術師 マジシャン閣下


マジシャンズレッド...ジョジョの奇妙な冒険第三部に登場するキャラクター能力名。こちらもタロットの「魔術師」の暗示を示す名前であったり、炎を操ると言った点で共通している。

関連記事

親記事

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド ざはうすおぶざでっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました