ピクシブ百科事典

ハーレクイン(からくりサーカス)

はーれくいん

漫画『からくりサーカス』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

最後の四人の一人である自動人形。全身真っ白の大柄な道化師であり、最後の四人では一番人間離れした外見をしている。
本気を出すことをカッコ悪いとし、表向きは飄々とした掴みどころの無い性格をしているが、本性は傲慢かつ残虐。口癖は「○○の○○にかけて」だが、特に内容に意味はない。
他の最後の四人と違い、当初は特に興味を持つものも無く待機の時は何もない自室で椅子に腰掛けてじっとしているのみだと思われていたが、真夜中のサーカスの旧アジト内を散策した際に最古の四人が作ったフランシーヌ人形の彫刻や絵画を見て、彼女に恋心を抱いた事、そしてその生まれ変わりと思い込んだエレオノールにも歪んだ恋心を向けていることが判明した。
彼の角は局所的気象操作装置であり、室内で雷、風、雨、霧と自由自在に気象を操作し、嵐すら起こせる。
また物理法則を無視したかばんを持ち、そこから様々な凶器を取り出す事も可能で、身体スペック自体も高く、最強の自動人形と言っても過言ではない。

本編での動向

ゾナハ病に襲われた黒賀村で他の三人と共に初登場。
後にエレオノールを才賀勝に奪い返されたフェイスレスが宇宙にいて手出しできないのをいいことに、エレオノールを力ずくで手に入れようとパンタローネと戦い、常に圧倒し続ける。
しかしパンタローネから「フランシーヌ人形の美術品を見ただけで彼女に恋をしたこと」、「誰も笑ってくれる客のいない世界でコメディーを演じること」を盛大に笑われ、恋が叶わぬ理由と事実を告げられると激怒し、苛烈に攻撃を繰り返すもその結果、角に何度も攻撃を受けてしまう。
それでも特に損傷も無くパンタローネを追い詰めたが、トドメをさす直前に本気で怒り狂う自身が言っていた「かっこ悪い姿」を嘲笑された。
その後もエレオノールを手に入れようと「花嫁教育」と称して彼女を追い回しては痛めつけ、教会に追い詰めるが、そこへ勝にフェイスレスとの決着を託した加藤鳴海が現れ、なおも彼を圧倒するが、土壇場で気象操作装置である角が破損、それがパンタローネの執拗な攻撃によってもたらされた結果だと気づくと、鳴海の拳を目前に自嘲し、最期を遂げた。

関連タグ

からくりサーカス
最後の四人 : ハーレクイン、カピタン・グラツィアーノブリゲッラディアマンティーナ
最古の四人アルレッキーノパンタローネコロンビーヌドットーレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーレクイン(からくりサーカス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント