ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ワタシはエピタフ。闇まとう影の一族、あるいは………道化。

概要

CV:塩見宗真

白猫プロジェクトの登場人物。
闇の勢力の幹部で、ピエロのような姿をしており、常にふざけたような態度を取っている。
ギャハハハハッ!!」という笑い声が特徴。
性格は極めて凶暴で残忍で猟奇的、他者が悲劇的な展開を迎えながら朽ち果てていく姿を見る事を何より好むという危険人物。同じ闇の勢力であるヴァルアスグローザからも蔑視されているが、同時に底の見えない存在として危険視されている。
また、配下として<愉快な道化の影芝居> シャッテンシュピールという組織を率いており、現時点で判明しているメンバーはドゥドゥ・バルベルルエル・サクラリッジウィユ・ブロサールナーペルの四名。どのメンバーも上司と同じように最悪な結末を大好物とする危険人物だが、これらもまたエピタフの人形に過ぎない。
ストーリーに関わる際は卑怯な策を弄して主人公たちに悲劇をもたらすため、憎悪の感情を向けるプレイヤーも多い(後述)。

作中における活躍

本編ストーリー

第二の島「イスタルカ島」で初登場。「大地のルーン」を狙って行動していた。この際、島の住民であるエレサールを操って主人公を妨害している。
しかし、エレサールは主人公達に救出され、大地のルーンも手に入れられず終いだったが、それでも余裕たっぷりの様子でいつかまた出会う事を予見するような言葉と共に姿を消す。

以下ネタバレ注意!!


























あーくるしー!その悲劇ぶったオカオ、なんたるコンメディア!ギャハハハハ!!
第八の島「スキエンティア」終盤、カイルの友人エクス(CV:細谷佳正の明らかに異常な理屈の誤解で闇の手先として島中の人間から追われ疲弊しきっていた主人公一行の前に姿を現した。実はエクスの正体がエピタフであり、エクスとはカイルを闇の王の器にさせるためにエピタフが演じていた架空の存在だった。カイルの身体を闇の王の器にするため長い間カイルに対して友情ごっこを行っていたことが判明。カイルが主人公らと出会ったこともエピタフの掌の上で踊らされていたに過ぎないのである。
同じくカイルの友人として登場していたマキナ(CV:山崎はるか)は本物のカイルの友人だったが、カイルが一人で旅立った事で傷心していたところにつけこまれ心無き操り人形に改造されており、主人公一行が知るマキナの言動とはエクスと同じく全てエピタフの演技であった。
この事実を高らかに話した後、エピタフはマキナをマリオネットのような怪物へと変貌させ主人公たちを襲わせる。
これらの悪行でアイリスを激怒させるが、それに対して「・・・あァ!?白の巫女ォ!?どのクチが、ほざくンだよォ!!白の王国が滅ビ、黒の王国が滅ビ、オレがコンナになったのも、ゼンブ!オメェのせいだろうがよォ!」とストーリーの根幹部分を匂わせる発言をしながら攻撃を仕掛けるも、アイリスを守ろうと主人公が再び闇の力を使用するのを見ると「任務達成」としてあっさりと手を引き、飛行島の正体は闇の兵器と明かしつつ退散し、後味が悪い結末を残した。

また、スキエンティアのハードモードではエピタフにより汚名を着せられ、指名手配された主人公たちは島に入れず、ハーティなどの今まで島で仲間になったキャラのみで訪問している。アイリスや主人公を散々な目にあわせたエピタフやスキエンティアの住民には(デマに踊らされていたとはいえ)複雑な感情を抱いている。また、イスタルカ島の時点でエピタフの被害を受けていたエレサールも「狡猾な奴」「人の弱みを知っている」と評している。
ハーティ「一番悪いのはあのピエロだってわかってます・・・」

第九の島「ジモ島」では直接は出てきていないが、配下のシャッテンシュピールを使い、慈愛のルーンを手に入れて浄化されているグローザを始末しようとする。また、彼女からは「前々から気に食わなかった」と下されていると同時に「新参ぶっているけど一番底が見えない」とも評されている。
この島では主にドゥドゥが暴れ回っていたが、なんと、このドゥドゥにもなんらかの仕掛けをしており、戦いに負けた彼を黒い炎で始末した
この時彼は、エピタフを罵る発言を遺して消えたため、恨まれていたと思われる。
同じように消えたもう一人は自爆して消えていったため、組織内でも彼に対する忠誠心には差があるようだ。
また、ハードモードにおいて、あらゆるものを混ぜることができるという能力が判明。
マキナの怪物化やドゥドゥの炎上もこれが原因で、平和になったはずのジモ島に更なる敵を生み出している(姿はドゥドゥの変身した城の色違い)。

イベントクエスト

「Brave The Lion2 偽りの獅子」にも真の黒幕として登場。狂気の実験を続ける科学者にしてダグラスの生みの親のヨーゼフに「神」と崇められていた。また、カティア一行の前にも、ルエルと入れ替わる形で少しだけ姿を現している。また、ルエルに更なる闇の力を混ぜるという種のセリフを言っているが、明確なルエルの変化は描写されなかった。
またここで、あらゆるものを分けることができるという対極の能力を持つことも明かされた。本人曰くこの世界には存在しない力であり、天才科学者であるカティアですら到底理解不能なものである。

「Snow Fairy Tale2」には直接登場していないものの、実質的な黒幕として一瞬だけ登場(台詞なし)。ロッカの姉であるマフユと氷の国の女王の魂を混ぜることにより、永久凍土のルーンを暴走させ、危うく多くの命を永遠に凍らせる事となった。
また、クライヴにも氷の騎士なる人物の人格が入っていたが、これにエピタフが絡んでいるかは不明。

「絶海の侵略者」では、「方舟」による世界破壊計画の黒幕として名前がでている。
が、ここでもやはり登場はしていない。







Brave The Lion3 Rest in Peace
イベントの黒幕として登場。
ルエルが今回使用した計画はエピタフが前にやろうとした演出のボツ案だったようである。
自身を裏切ろうとしたルエルを逆に利用し、彼女の身体に許容範囲をはるかに超える瘴気と闇を合成させ、巨大な花のような怪物へと変貌させる。ルエル敗北後は、前回のようにまたも当事者たちに脱出ゲームを強要する。
また過去に、信じていた女性に裏切られたこと、それが原因で今のようになったことをヨーゼフに示唆していたことが判明した。










真相

物語の根幹に関わる部分ですので、閲覧にはご注意下さい。









残忍なる道化の正体






ゼロ・クロニクル〜はじまりの罪〜
まだ白の王国と黒の王国が存在していた遥か昔の時代。
闇の王を退ける為、光の王が選んだ手段。それは始祖のルーンを用いた大崩壊による全てを巻き込む災害レベルの攻撃だった。
闇の王を退けると共に白と黒の時代も終焉を迎える。
かつて光の王を守ろうと心に誓った白の騎士ファイオス。大崩壊が起きた際、彼は0の世界と呼ばれる空間に入り込む。そして、そこで彼は『混ぜる』力と『分ける』を手に入れ____
光の王が白の王国と自身を裏切ったという結論に至った彼は、狂気に呑まれると同時に「ギャハハハハッ!!」と聞き覚えのある邪悪な笑い声を高らかにあげるのであった。

この事から、エピタフの正体はかつて白の王国でアイリスを守るために戦っていた騎士ファイオスである事が判明。
スキエンティアでのアイリスへの「王国崩壊とオレの変化はお前のせい」という怨嗟の言葉、そしてBTL3でのヨーゼフへの「裏切られた」という過去を示唆する言葉は、かつて白の騎士だった自分の事を指していたのである。

帝国戦旗Ⅱ 〜REQUIEM〜
「帝国戦旗Ⅱ」には直接登場していないが、上記の能力によって死を司る神獣世界の我儘の因子を混ぜ合わせジュダを造ったと思われる描写がある。

第十三の島センテリュオ
ルーンナイトの職権を乱用する殺人鬼エンテ・アキシオンが自分を撃退したエレメージュに逆切れしている時に突如「足長お兄さん」を名乗って闇の力を混ぜ、さらに危険な存在に仕立て上げた。
自分と同様にアイリスに憎悪の炎を燃やす実弟テオに最後の大いなるルーン「幻想のルーン」の使い方を教える(テオはエピタフの正体をファイオスだと知らない)。
テオが撃破された後は本当なのか嘘なのかわからない怒りの叫びをあげて撤退した。

関連タグ

白猫プロジェクト シャッテンシュピール
主人公(白猫プロジェクト) 神秘的な少女アイリス キャトラ
若き冒険家カイル ヴァルアス 灰緑の魔障グローザ
ドゥドゥ・バルベル ルエル・サクラリッジ ウィユ・ブロサール ナーペル
錬金術 黒魔術 変身 ブラック企業 脱出ゲーム ピエロ 残忍
騎士 哀しき悪役

関連記事

親記事

白猫プロジェクトのキャラクター一覧 しろねこぷろじぇくとのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エピタフ(白猫プロジェクト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7574

コメント