ピクシブ百科事典

神秘的な少女アイリス

しんのしゅじんこう

神秘的な少女アイリスとは、白猫プロジェクトの登場人物にしてヒロインである。
目次[非表示]

共に、世界の果てへ……

概要

CV:堀江由衣

白猫プロジェクトのヒロインにしてプレイアブルキャラクターの一人である。
主人公カイルがアストラ島の遺跡の近くで出会った謎の少女。記憶を失っており、自身が何者なのかをハッキリと覚えていない。
人語を解する白猫のキャトラと行動を共にしており、主人公達がアイリスを発見できたのは彼女の導きのおかげである。

アイリスとキャトラ


目覚めてから主人公達と行動を共にする内にアストラ島の遺跡の最奥部へたどり着き、そこで手に入れた飛行島に乗り、世界に存在する7つの「大いなるルーン」を手に入れ、「約束の地」と呼ばれる場所へ向かう為に仲間達と冒険に出発する。

また、バロンや敵勢力である闇の軍勢からは「白の巫女」とも呼ばれているが、詳しい真相は未だ誰の口からも語られていない。
時折唱える「カリダ・ルークス・プーラン・ルーチェンム」という呪文(ゲーム内におけるセリフ表記は<*×○■!&%$…………>となっている)には闇を消し去ったり傷を癒す効果があるようで、主人公が闇に染まりそうになった時等、ストーリーではこの呪文を何度も発している。しかし、唱えた後はかなり体力を消耗するようで、呪文が発動した後は苦しそうにしている様子が見られる。

飛行島にいる間は炊事に洗濯などをこなす家庭的な少女。しっかりしているように見えるが結構天然な所もあり、周囲の影響も受けやすい。特にアオイの島では周りに感化されたのか、「のっぴきならねぇ事態のようねぇ。手伝うぜ!」「合点だ!」「なんでやねん!」等と発言する事も。また、奇抜な思考の持ち主と妙な同調をして天然ボケをかまし、キャトラに突っ込まれる事もしばしば。
また、体重を気にしたりオシャレに気を配るなど、女の子らしい一面もある。

主人公が喋らない仕様故か、思い出イベントやシナリオでは彼よりも圧倒的に出番が多い。
……というか、主人公より彼女と友情覚醒してるんじゃなかろうかと思えるキャラもちらほら。

関連キャラクター

主人公
アイリスから深く信頼されている。
チュートリアルで彼とそっくりな黒髪の青年と邂逅するシーンがあるが……?

キャトラ
いつもアイリスと一緒にいる白猫。
基本的には突っ込み役だが、ノリと勢いでの発言も多く、ボケにまわる事も多々ある。

機械の少女ハーティ
ディーダ島で何かと気にかけてくれたアイリスとは特に仲が良い。
時折何故か二人の世界を形成しだす。とどのつまり百合

偉大なる吸血鬼の眷属メルクリオ
アイリスに一目惚れし、求婚するもお断りされた。
その後も彼女を第一の花嫁にするべく、何度かアタックをかけている。

空回りプレイボーイゼロキス
アピュトが主人公に惚れた一方、ゼロキスは紆余曲折あってアイリスに惚れる事となった。
また、単純な恋愛対象としてだけでなく、尊敬にも近い感情を彼女に抱いているようで、彼女の事を「アイリスさん」とさん付けで呼んでいる。

キャラクター性能

第一ステージ「アストラ島」のストーリークエスト3-1『薄暗い樹海の奥へ』をクリアした後のムービー『静かなる森の深部』を閲覧すると仲間になる。

職業は魔道士。レア度は☆1。
パンをコスト相応に弱くしたかのような性能。要するに完全下位互換。
コストが2と非常に軽く、回復魔法と使い勝手の良い攻撃スキルを備える扱いやすいキャラクター。レア度が低いため育成も非常に楽。
回復スキル持ちのキャラクターを持っていない場合はぜひ育てておくといい。パーティーの枠が余った時も、とりあえず彼女を入れておけば問題ないだろう。
ステータスは低めだがSPだけは抜きんでており、オートスキルもSP周りに特化しているため、回復する分には困らない。

短所は限界突破ができない点か。
SP以外の最終的なステータスは魔道士の中で最も低く、攻撃を受けると一瞬でやられてしまう事も多い。
また、火力を補強するスキルが一切ないため火力不足気味。

オススメ武器は即死回避を備え、攻撃力も底上げしてくれる真・ヒソカのトランプか。
通常攻撃も強化してくれるため、SPの回収がしやすくなるのも利点である。
あくまでサポートとしてピンポイントで使う場合は、SPリジェネを持つ真・ミネラリンググレイスが良い。

ステータス

Lv1Lv100Lv100(限界突破)
HP90221
SP50117(128)
攻撃50159
防御560
会心3560

()はオートスキル込みの数値

モチーフ武器について

主人公エレサールと同じく厳密には現時点においてモチーフ武器が存在しないが、データ通信中に表示されたりメニュー画面から確認できるインフォメーションでは、アストラ島の難易度ハードを完全クリアした時に手に入る☆2武器「ウィングビート」を最終段階まで進化させた「エンジェルウィング」を装備している。

キャラタイプ

ヒーロータイプ

リーダースキル

慈愛の祈り
魔道士の受けるダメージが中ダウン
スキル解説
彼女をリーダーか助っ人に指定すると、魔道士が受けるダメージを10%カットしてくれる。
耐久の低い彼女にとっては有難いものの、10%減ったところで何が変わるわけでもない。
よってリーダーには向いていないだろう。

オートスキル

SP+10%
SP消費-15%
スキル解説
SP効率を上げてくれるスキル。
このスキルのおかげでステータスで全面的に劣るモモ(神気解放前)よりもスキルの回転率がよく、スキルを打てる回数が多くなっている。

アクションスキル

イノセントヒール
「お願い!」
自分と味方のヒットポイントを回復する
スキル解説
消費SP:30(25)
アクションスキルその1
☆2以下の魔道士で回復スキルを持つのはアイリスとウマルスの2人だけ。特にコスト2の回復スキル持ちという点は非常に大きく、彼女のみの特権である。

自分中心範囲だが、エフェクトより僅かに狭い程度の範囲しかないうえ、回復量も攻撃力の25%程。
アイリスのステータスでは回復量もそこまで大きくないため、ダメージを受けたらこまめに回復するようにしよう。
また、『精神統一』で回復量を2倍に底上げできるため、うまく活用されたし。

バーンナップ
「負けない……!」
敵を炎で包み炎上させる
スキル解説
消費SP:27(22)
アクションスキルその2
自分中心範囲で扱いやすい攻撃スキル。耐性のない敵を高確率で燃焼状態にする。
発生が非常に早いうえ、地下に潜っている敵や空に浮いてる敵にもHitする優れもの。そのためストーリーや曜日限定のクエストでは結構頼りになる。
ただし、ノックバック効果やボスをのけぞらせる効果がないうえ無敵時間も短いため、ボス戦では使いづらい。
ちなみにこのスキルは宝箱や空き箱などのオブジェクトにはHitしないという特殊な効果があるため、一部の大型ボスにはろくなダメージを与えることができない(ゴーレム系の宝石部分など、大型ボスの体の一部はオブジェクト扱いである事があるため)

余談
一見すると炎属性スキルのように見えるバーンナップだが、実は無属性スキルだったりする。これはパンモモ等も同様である。

※()内のSP消費量はオートスキル習得後の数値

魔法使いと黒猫のウィズ

ウィズとアイリス・キャトラ


コロプラの相互コラボイベントに先駆けてキャトラと共に登場。
その後もクエス=アリエス(黒猫のウィズの舞台)に迷い込んだガーネットカムイアンナミカンハルカミラを迎えに来たり(この6人は投票の結果、出演が決まった)、黒ウィズ2周年アニバーサリークエストにお祝いに来たりしている。

カードとしても白き神秘のイノセンスアイリスという名前(こちらは進化前の初期状態における名前)で登場しており、性能は以下の通り。

ステータス

  • 最終進化:SS 魔法使いアイリスと黒猫のウィズ
  • 属性:水
  • 種族:術士
  • コスト:40(38)
  • 最大HP:2104(2304)
  • 最大攻撃力:2011(2211)
  • アンサースキル:ヒール・ウィズ・ブラック(水属性の味方のHPをかなり回復)
  • スペシャルスキル:黒夜に浮かぶ白い雲(5ターンの間、火属性のダメージを25%軽減)


※()は潜在能力解放時の数値

別名・表記ゆれ

アイリス

関連イラスト

アイリス
アイリスとキャトラ



関連タグ

白猫プロジェクト 魔法使いと黒猫のウィズ
主人公(白猫プロジェクト) キャトラ
若き冒険家カイル
機械の少女ハーティ ウサギ霊媒師パン
アイドルマジシャンモモ パンモモ

・その他の黒猫出演キャラクター
アンナ・セイクリッド
ガーネット・フレイム
シペ・コロ・カムイ
コーン・ポップ
ハルカ・グレイヘヴン
ミカン・カラタチ
ミラ・フェンリエッタ
キャトラ
主人公(白猫プロジェクト)


第11ステージ「タルタロス」(ネタバレ注意!)

ウィユ・ブロサールとの対決に勝利し智の賢者クツヒモ・フムニールを仲間にした一行は、世界の<我儘>ことバールを仲間に引き入れる為に監獄島タルタロスの探索を再開する。

しかし、主人公と二人きりになっていた所をアイリスは暗黒騎士ヴァルアスに誘拐されてしまう。
さらわれたアイリスはバールが囚われている空間に連れて来られ、さらにヴァルアスに自身を連れてくるよう命じた闇の王と三者対峙する。

一行がタルタロスの深部へと進み行く中、なんと闇の王はバールを吸収して己の力へと変えてしまい、アイリスは監獄へ閉じ込められる。
さらには闇の王に吸収されたと思いきや意識体としてまだ存在していたバールがそそのかした事によって主人公が闇の力を暴走させてしまい失踪、単身ヴァルアスに戦いを挑んでゆくなど事態は混迷を極めていった。

そんな中、アイリスも単身闇の王の元へたどり着き、彼との決着をつけようとしていた。
状況は敵側が有利に思えた。しかし____
















どこにいるの この世界は

今日もこんなに 美しいのに

澄んだ空を 雲の色を

見せたい あなたに

pixivに投稿された作品 pixivで「神秘的な少女アイリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294445

コメント