ピクシブ百科事典

若き冒険家カイル

わかきぼうけんかかいる

若き冒険家カイルとは、白猫プロジェクトの登場キャラクターである(メイン画像奥側)。
目次[非表示]

大冒険に出発だ!

概要

CV:緑川光

白猫プロジェクトの登場人物。
優秀な考古学者であり冒険家でもある青年。
アストラ島」にたどり着いた彼が主人公に出会う所から本編はスタートする。
そして、二人の元に現れた人語を解する白猫キャトラの導きによって謎の少女アイリスと出会い、共に行動する事となった三人(と一匹)は島の奥地にある遺跡で闇に取り憑かれたドラゴンを打ち倒す。
しかし、倒れたドラゴンから抜け出した闇が、今度はカイルに取り憑いてしまう
この時点でカイルは自我を保っていたものの、意識を闇に取り込まれるのは時間の問題であった。
このままでは主人公達に襲いかかってしまう」と察した彼は仲間達を遺跡の外にある「飛行島」へ促し、遺跡の中に一人残る事になる。
そして、そのまま彼の消息は途絶えてしまう……

関連キャラクター

冒険家を目指す少年リュート
同じ島の出身であり、天涯孤独の身だったリュートと共に暮らしていた。
また、戦闘技術及び槍の扱い方を彼に伝授したのもカイルである。

キャラクター性能

職業はランサー。レア度は☆1。
第一ステージ「アストラ島」初攻略時に限定助っ人としてメンバーに加わるのみで、
プレイヤーが操作する事は不可能。
以下はキャラクター詳細画面で確認できるものである。

ステータス

Lv1
HP200
SP20
攻撃94
防御90
会心62


モチーフ武器

名前攻撃防御会心追加効果属性効果
エインシェント・ケイオス?????


キャラタイプ

ディフェンスタイプ

リーダースキル

冒険家の知恵
ランサーキャラの与ダメージが中アップ

アクションスキル

トルネードスピア
「おりゃあ!」
消費SP:20
武器周囲の大気を高速回転させる多段攻撃

関連イラスト

1-1 冒険の始まり
祝一周年!



関連タグ

白猫プロジェクト カイル(白猫プロジェクト)
主人公(白猫プロジェクト) 神秘的な少女アイリス キャトラ

ネタバレ注意





























この時取り憑いた闇は「闇の王」という名前で、肉体を乗っ取られた現在は闇の勢力の親玉として活動している。闇の勢力の一人である道化師エピタフ何年も前からカイルに目を付けており、闇の王の器へと仕立て上げる為に彼の友人である「エクス」として振舞っていた
闇の王としての姿を見せるのはピレント島でのイベントが初だが、
名前やその正体が明かされるのはアオイの島の後半におけるイベントとなる。
意思は闇の王にほぼ完全に奪われており、キャトラ達の呼びかけにも応じない。
……が、アオイの島のイベントにて「器に抵抗されるとは……」と闇の王が苦しみながら発言するシーンがあるのを見る限り、まだ完全に支配されてはいないらしい。
主人公を「我が後継者」と呼んでおり、両者の間に関わりを示唆するような発言も見られる。
ちなみに、闇の王のCVはカイルと同じ緑川光である。

更なる関連タグ

エピタフ(白猫プロジェクト) ドゥドゥ・バルベル
ルエル・サクラリッジ 灰緑の魔障グローザ

ところで……

主人公たちは「約束の地」を目指すとともに、敵の親玉の依り代にされてしまったカイルを取り戻すべく冒険を続けている。

しかし、サブイベントや番外編ストーリーなど本編以外の物語は差異こそあれど着々と進行しているのに対し、本編ストーリーの進行はとんでもなく遅い。
しかも近年では冒険そっちのけのテニス大会まで始まっており、
一部ユーザーに至ってはカイルそのものを忘れかけているという声もちらほら。

そして、新たにゲームを始めたプレイヤーが増える度にカイルとの別れを経験するプレイヤーも増えるので、ダウンロード数が増える度に「○○万回闇に呑まれた男」と呼ばれたり、
テニスやクリスマスパーティーに興じる主人公達を、彼だけでなく闇の王までもが陰から羨むネタが掲示板に投稿されるなどといったネタがちらほら出てくる有様である。

カイルさんに光が差し込むのはいつになるのだろうか。
闇VS世界の戦争でも最終的には闇の王は気が付きすらしなかったという能天気っぷりで結局来なかった。
アイリスは「この戦争における闇のゆらぎでは闇の王も気が付かない」と語っていたが闇の王の狂信者一時的に闇の王以上の驚異となったが、それでも気が付かないのだろうか・・・

関連記事

親記事

白猫プロジェクトのキャラクター一覧 しろねこぷろじぇくとのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「若き冒険家カイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20557

コメント