ピクシブ百科事典

尾丸ポルカ

おまるぽるか

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属のバーチャルYouTuber。「ホロライブ」5期生。
目次[非表示]

概要

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属のバーチャルYouTuber

ホロライブ」の5期生。2020年8月16日よりYouTubeでの配信活動を開始した。キャラクターデザインはイラストレーター・こうましろ氏。

YouTuber界隈の座長となるべく、ホロライブに降り立ったサーカス団の団員・道化師。曲芸で人を楽しませるのが大好きで、やると決まったらやるっきゃない!の精神の持ち主。時々でるボロは持ち前の愛嬌でごまかす。父親がサーカスの団長だったが、方向性が合わなかったのでこちらの業界に来たらしい。
獣耳尻尾が生えているのは、祖父がフェネックだから(自身はクォーター)。

同期からの愛称は「おまるん」。彼女のファンや視聴者は「座員」と呼ばれており、ポルカは「座長」と呼ばれている。
海外の視聴者からは『POL』(ポル)という愛称で呼ばれており、これ自体がPOL+LOL(笑い)のスラングになる他、「POLMAO」(POL+LMAO(爆笑))、「POLSUS」(POL+SUS(怪しい))、「SKIPOL」(SKIP(飛ばす)+POL)といったスラングが生まれている。

2021年1月10日に3D(3daysではない)お披露目となった(下記動画参照)。

2021年4月22日からホロライブ新人マネージャーの井筒さんと繰り広げられる『ポルカの伝説』という謎の企画シリーズがスタートした。

ホロライブ秋の大運動会での紹介文は『ポルポルポルポルポルポル』

人物・エピソードなど

  • 幼女からお姉さんまで幅広い声色の演技ができる5期生きってのエンターテイナーであり、動画内容も賑やかだが感情が乱高下しやすく、よく叫ぶため視聴の際は音量に注意。またおっさんホイホイなネタを多く繰り出す。一方で低気圧で体調を崩しやすく、歌枠で体調不良を強引に吹き飛ばしたことも。また、気にしがちな面もあるので暴言の類は言わないように心がけている。
    • 大神ミオの占いの館』に出演した際には体調を崩しやすいことから「スケジュールに縛られるのも苦手」と言っている通り、ソロ配信は基本ゲリラで行われる。


  • 本人曰くゲームはあまり得意ではないとのことだが、ゲームで遊ぶこと自体は大好きであり、ホラーゲームでも臆せずチャレンジする(余りの怖さに泣くこともあったが…)。気に入ったゲームは6時間を越える長時間配信を行うこともある。また、根は真面目なのでコラボ前に題材のゲームをコソ錬していることも。
    • もちろん得意とするゲームもあり、クリプト・オブ・ネクロダンサーは視聴者に解説できるほどやり込んでいた。また、高難易度で知られるUndertaleのGルートもかつてクリアしたことがある。AmongUsもリスナーと度重なる対戦をしたこともあって立ち回りはホロメン内でも強いほうである。ただし、3D視点のゲームではやたらと迷子になる。


  • 配信開始当初は、かつての角巻わためと同様「処理落ちや回線落ちが頻発し進行が難しくなる」「クソダサ(クソザコ)回線」とネタにされていた。また初配信の時はYouTubeバグにより何度もサムネを変えないといけない事態に。
    • 2021年1月12日、獅白ぼたんの「3D告知動画」にてこれらの原因はLANケーブルではなく電話線でネットに繋いでいたことが原因と報告され、本人も「時効」として詳細を語った(該当ツイート)。座員からも「よく配信できたな」と逆に感心されることに…。

  • 初動画はオリジナル曲という珍しい人物でもあり、2020年12月26日にフルバージョンが公開された(下記動画参照)。初期の頃は朗読配信も多かった。ホロライブ公式企画の司会に抜擢されることもある。また、初期はバイトもしていたために遅刻も多かったが、現在はほぼ無くなった。

  • 2020年11月12日のスーパーチャットお礼配信の際に母親がメンバーシップに入っていることが語られている。配信はもちろん、コメントまで細かくチェックしてポルカ報告しているとのこと。母は強し(動画リンク)。
    • 後の雑談配信にて母親はポルカが教えてもいないのにアカウントを探し当てていたということが語られた。やはり母は強し(動画リンク)。

  座員「チェックされて恥ずかしい…」
  ポルカ『いや、恥ずかしいのはこっちもだよ!!』

  • メンバーシップのスタンプには「ホロライブプロダクション」の運営元であるカバー株式会社CEO「YAGOO(谷郷元昭)」氏の顔写真のスタンプがある(同期の獅白ぼたんにもゲーミング色になったものがある)。よくYAGOOをネタにしているものの、何かとYAGOOの扱いが悪いホロメン内では比較的扱いが良い人物だったりする(5期生全体がそうであるが)。

  • 戯画エロゲ『ガラス姫と鏡の従者』では、主題歌「キミだけのプリンセス」をAZKiと共に歌唱した。



プロフィール

好きなものにんにく
苦手なもの湿気、重力
趣味おしゃれ
特技(公園の)ブランコ
年齢非公表
誕生日1月30日
身長153cm


関連動画

○本人のチャンネル






○切り抜きなど








関連イラスト

Omaru Polka~
センシティブな作品



関連リンク



関連タグ

バーチャルYouTuber VTuber ホロライブ
ほろふぁいぶ 獅白ぼたん 雪花ラミィ 魔乃アロエ 桃鈴ねね

ルカポルカ
2020年4月にデビューした同じ「ポルカ」という名前を持つVtuber。尾丸ポルカの初の外部コラボの相手であり、彼女のチャンネル一万人登録を目指して一緒にリングフィットアドベンチャー耐久を行った(動画リンク)。その後リングフィットは母親に取られてしまったため、現在リングフィット配信を行うことができない。

火之神ひこね
2020年11月活動開始の同じこうましろ氏が立ち絵を担当したVtuber。ポルカからは「いもうと」として可愛がられている(該当ツイート)。

関連記事

親記事

ほろふぁいぶ ほろふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「尾丸ポルカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7002409

コメント