ピクシブ百科事典

雪花ラミィ

ゆきはならみぃ

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属のバーチャルYouTuber。「ホロライブ」5期生。
目次[非表示]

プロフィール

好きなもの辛いものつらら
苦手なもの計算暗記
年齢210歳(雪の一族の年齢)/21歳(人間換算)
誕生日1810年11月15日
身長158cm


概要

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」所属のバーチャルYouTuber
ホロライブ」の5期生。2020年8月12日よりYouTubeでの配信活動を開始した。キャラクターデザインはイラストレーター・リン☆ユウ氏。

人里離れた白銀の大地に住む、雪の一族の令嬢。「ユニーリア」という雪国生まれのお嬢様で、父がエルフで母が人間のハーフエルフ。ホロライブ待望の清楚キャラで、丁寧で落ち着いた「~です」「~ます」調の言葉遣いで話す。 よく勘違いされやすいが雪女ではない。
事務所の先輩の笑顔や彩りあふれる配信に心を打たれ、お供のだいふくと共に家を飛び出した。真面目だが世間知らずで抜けたところがある。

彼女に対するファン・動画視聴者の愛称は雪民(ゆきみん)」

ホロライブ秋の大運動会での肩書きは『ホロライブのママ』。「ホロライブの母」という肩書きの人物もあり、微妙なニュアンスの違いを感じさせられる。

2021年1月24日に3Dお披露目となった(下記関連動画参照)。また、ホロぐらに出演する際にラミィから「NGはありません」とスタッフに伝えていることもあって、初登場回から公式地獄企画で生み出された芝刈り機のモノマネを(顔芸を交えながら)披露している。

人物・エピソードなど

  • 優しい父親とユーモア溢れる母親の元で育ち、幼少期にクラシックバレエ華道書道ピアノ(母親のスパルタで苦手だったそうだが…)を嗜んだ本物のお嬢様であり、怒っても崩れない清楚さ・可愛さがウリ。その落ち着きっぷりからママ扱いされやすく、ホロライブ内からもナチュラルに「ママ」呼びされている。一方で優しい口調で「圧」をかけたり、それが由来で「重い女」扱いされることもある。同期とのコラボではリラックスした様子で会話する。
    • ママ扱いされる彼女だが、ラミィ自身もかなりの甘え上手半年記念コラボでは「雪民さんもラミィのママ」と表現していた。


  • 酒豪であり、雪民たちからのプレゼントも日本酒おつまみが多いためよく飲酒配信がある他、消費も兼ねてゲーム配信中に飲むこともある。お酒が入ると急に病みだしたり積極的に雪民たちに絡みだす、という普段とはまた違った可愛らしい(めんどくさいとも)一面が見られる。飲酒配信が多いため先輩の戌神ころねからは「顔が肝臓」と言われる始末。2021年1月からはホロライブの空気に慣れてきたのか色々はっちゃけた言動も増えたが、シラフなのにリスナーから「お酒飲んでる?」と聞かれるのが通例になってしまった。このことから誤解されやすいが、彼女の飲み方はおつまみと一緒に一口一口ゆっくり味わう"上品な飲み方"であり、一度に飲む量が多いというわけでもなく、水を挟むなどして悪酔いしないように気を付けている(コラボの場合は相手に合わせることもある)。比率は「酒、酒、酒、酒、つまみ、酒、酒、酒」(本人談)と酒が多いが、これはラミィが少食なため。
    • 2021年1月末に念願のお酒の「案件」を貰うこととなり、お酒の通販サイト「KURAND」に先輩のアキ・ローゼンタール白銀ノエルと共にコラボ商品「ホロのみ」が数量限定で展開された。さらに2月中旬には「明利酒類」の全面協力により『ラミィの日本酒づくりプロジェクト』が始動し、5月下旬に販売が開始された。なお、明利酒類は過去に兎田ぺこらともコラボ商品を出している。アキロゼ、ノエルとは後に飲酒コラボ配信もしている。

  • 上記の「先輩の配信に心を打たれ」というプロフィールに違わぬ……というかそれ以上のホロライブガチ勢。2020年12月の2ndライブ応援企画(動画リンク)でもホロライブオタクっぷりを大いに発揮し、1stライブの同時視聴配信でも限界化しながらホロライブへの愛を多いに語った(動画リンク)。2ndライブ同時視聴での反応は言わずもがな(動画リンク)。2021年3月1日のプロフィール帳紹介雑談でもホロライブ愛の詰まったプロフィール帳を見せた(動画リンク)。
    • また、ホロライブに入る前はホロライブが所属しているカバー株式会社の社長YAGOO(谷郷元昭)氏のブログも10年前まで遡ってチェックしていた(動画リンク)。

  • ホロライブに入った直後から先輩の夏色まつり宝鐘マリンといったホロライブのやべーやつらに目を付けられていたが、コラボを経たことで圧に負けずにツッコミを繰り出すなど彼女が一皮剥ける一因ともなった。また、初単独コラボ相手は赤井はあとである。

  • ゲームは考えるよりも脳筋戦法を好み、モンスターハンターシリーズは大剣使いのガチプレイヤー(本人の握力もかなり強い)。一方Minecraftでは非常にかわいらしいオシャレな内装を作り出す(私服もオシャレとのこと)。車の運転は苦手でマリオカート8デラックスでは最初アシスト無しではまともに運転できない程であったが、特訓を重ねた結果2021年1月の「ホロお正月CUP」にて決勝チームに食い込む程の上達を見せた。

  • リスナーに癒しを届けるためにASMR配信もよく行う。このために100万円するマイクとして有名な「KU100」も購入している(耳部分の素材が柔らかい3dioを使うこともある)。半年記念配信時にはASMR配信ガチ勢である白銀ノエルとのオフASMRコラボを希望しており、2021年4月17日にノエル枠にて実現することとなった(動画リンク)。

  • (特に蜘蛛)とホラーが大の苦手。しかし、同期の獅白ぼたんからよくホラゲーデートに誘われている。ホラー描写に怯えるラミィとそれを見て楽しむぼたんとのイチャイチャしたやり取りは完全にバカップルのそれであり、視聴者たちをほっこりさせている。なお、プレイヤー側に反撃手段がある作品ならラミィも強気に振舞うことができる。

  • 「親分」こと大先輩である『キズナアイ』から応援されており、ラミィも彼女を尊敬しているため、キズナアイとのやりとりの話題になると限界化してしまう。2020年11月15日の誕生日配信でもお祝いのスーパーチャットを貰い、感極まって限界化した(動画リンク)。



だいふく

ラミィちゃん
ラミィママと大福


お供にいる白いモコモコした生き物は、雪の精の「だいふく」。雪国のハーフエルフのお供なのに超絶寒がり。しゃべらないが意思疎通は可能なようだ。メンバーシップのアイコンにもなっている。雪民の中にはだいふくファンである人も少なくない。

2020年11月15日の誕生日に記念グッズとして期間限定で10cm程の大きさのぬいぐるみが(抱き枕のお供として)販売された。

関連動画

○本人チャンネル






○切り抜きなど









関連リンク



関連タグ

バーチャルYouTuber VTuber ホロライブ
ほろふぁいぶ 獅白ぼたん 尾丸ポルカ 魔乃アロエ 桃鈴ねね

関連記事

親記事

ほろふぁいぶ ほろふぁいぶ

子記事

兄弟記事

コメント