ピクシブ百科事典

マナ・ウォーカー

まなうぉーかー

「マナ・ウォーカー」とは、『D.Gray-man』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:立木文彦

概要

初期から、主人公のアレン・ウォーカーに深く関わる人物として登場していた。
アレンの回想だと、シルクハットとコートを着て、手荷物を持った中年の人物であることがうっすらだがわかる。アレンにとっては大道芸という生きる術と、後述のことがきっかけで自分の名前が付いたきっかけの人物で、育ての親も同然の人物である。

存在証明


いまだ原因は不明だが、彼が亡くなったことがきっかけで、アレンは千年伯爵の誘いに乗ってしまい、彼はAKUMAとして魂を呼び戻される。アレンが顔の左側にペンタクルをこさえることになったのは、AKUMAになった彼が、アレンの左腕のイノセンスの発動により、破壊されるときに反撃して顔に切りつけたためである。

「アーレーン!」


コミック17巻にて、旅芸人(演目はピエロ)をして生計を立てていたことと、幼い頃のアレンとの出会いの話が挟まれた。かつてとあるサーカスで雇われていた彼は、雑用をしていた『赤腕』と、自分の飼っていた飼い犬が死んだことがきっかけで顔を知る。

その後の話は小説3巻で詳しく描かれる。
死んだ飼い犬の「アレン」から、赤腕を「アレン・ウォーカー」と名付けたことがここでわかる。(※ウォーカーという名字は、師であるクロス・マリアンが『そう名乗ってもいいんじゃないか。』と言ってから付けたので、正確には『アレン』と名乗るようになっただけ。)

ネタバレ注意!

14番目の兄であると語られていたが、実際にはそれだけではなくもっと複雑な関係であった。
かつて別の若々しい顔だちをしていた千年伯爵は、滅ぼそうとしていた世界の一つのある景色を美しいと思い、消え去った。

Nea and Mana)


そこに残されていたのは当時の伯爵の衣服と、その上にいる双子の兄弟、即ちネアとマナであり、彼らは同時に千年伯爵自身でもあった。マナは成長していく中で人類を滅ぼす使命を実行しようと「マナ」と自らの顔を潰した結果、千年伯爵は今の中年のような外見の男性となっている。

千年伯爵は上記で語られたことと、既存の事実と相まって実に複雑な存在となっている。

関連イラスト

つないだ手に
アレン誕2010


【マナ+アレン漫画】
現代パロ:ウォーカー親子



関連タグ

D.Gray-man
アレン・ウォーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「マナ・ウォーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19115

コメント