ピクシブ百科事典

AKUMA

あくま

「悪魔」もしくは「アクマ」に同じ。ここでは、「D.Gray-man」の「AKUMA」について説明する。
目次[非表示]

曖昧さ回避


概要

千年伯爵が作り出した、悪性兵器。

人間の肉体(皮)と千年伯爵が作り出した魔導式ボディ、そして皮となった人間が呼び出した、その人物が愛した人物の魂によって作り出される悲劇の産物。
製造者である千年伯爵やノアの命令には絶対服従で、空腹に似た強い殺人衝動を持ち、中に取り込まれた人間の魂の苦痛や絶望と言った感情を糧に成長、進化するという性質を有する。

日本の江戸に隠されていた「ノアの方舟」と呼ばれる空間にて、イノセンスと対を成すという黒い物質「ダークマター」を素材に作られている。

銃や砲弾など、現代兵器の類にはほとんど無敵であり、倒すにはエクソシストの振るうイノセンスが必要不可欠。
その血液(オイル)には致死性のウイルスが混ざっており、イノセンスによって浄化されなければ毒性は消えない。もし血液に少しでも触れれば、全身に黒いペンタクルが現れると同時にウイルスが一瞬で回り、体が赤黒くなったのち霧散する。
ウイルスを除去するには体に回りきる前に吸い出すか、被弾箇所を切除するしか方法は無い(前者はクロウリーラビに対して、後者はマリが自身に行い一命を取り留めたが、実際は不可能に近い)。

初期のレベル1から、現在はレベル4まで確認されているが、最終進化は未だ不明。

形態

魔導式ボディ

AKUMAの素体。ランナーで繋がった不完全なプラモのフィギュアのような外観が特徴。
特定の人物が呼び寄せた死者の魂が宿ると起動し、体の一部を凶器に変えて呼び出した人間を殺害、その人間の肉体を乗っ取ることでAKUMAとして完成する。
魂が宿った際には頭部にその人間の名前が浮かぶ。あとこの魔導式ボディに捕われた魂の人格は妙に口が悪くなるが、関連性は不明。

Lv.1

卵型のボディ(Lv.2に進化する前段階になるとボール型になる)に、無数の砲身を放射状に展開した姿をしている。
ボディの正面に苦悶に浮かんだ顔があり、額には悪魔の逆五芒星が刻印されている。
まだ未発達のためAKUMA自身の人格は無く、言葉も片言。
組み込まれた魂は殆ど生前のままだが、顔は老人のようなしわがれた仮面に覆われており、鎖で繋がれ、涙を流している。

武器は全身から生えた砲身から放たれるAKUMAウイルスの入った砲弾で、多少掠っただけでもイノセンスの加護が無い一般人では、ウイルスの毒にやられて死に至る。
直撃を食らえば一瞬にして灰化し、灰もウイルスの触媒となって拡散、致死性の毒をばら撒く“死の灰”となる。

訓練を積んだ一介のエクソシストならば、造作もなく倒してしまえる。
……が、油断は禁物。
中には皮となった人間の姿に擬態したまま、顔や身体の一部を銃器に変えて油断した相手を襲うタイプのLv.1も存在する。

Lv.2

卵型の殻を破って生まれた、上位形態。
Lv.1が自分の殺した人間からの恐怖や怨嗟を吸収することで、経験値を積み上げ、進化を果たす。
AKUMAとしては、むしろここからが本当の脅威となる

姿かたちはAKUMAごとに千差万別となり、組み込まれた魂とは別の人格を手に入れ、知性も飛躍的に上昇し、普通の人間との格差はない。
そしてこのレベルから個体ごとに固有の特殊能力に覚醒する
ウイルスの拡散能力も健在で、固有能力の獲得と相まってますます凶悪化している。
魂はミイラ化しており、生前の性別や年齢は分からなくなっている。

並のエクソシストでは、僅かな油断が命取りとなりかねない強さで、熟練のエクソシストでも能力次第で苦戦を強いられる。

Lv.3

Lv.2が更なる進化を遂げた姿。
その強さの次元はLv.2の比ではない

外見は個性豊かなLv.2から一転し、鎧をまとった大男のような姿になり、頭部の装甲の中に皮となった人間の顔が隠れている。
チンピラじみた人格の目立つLv.2から一転、紳士的で高慢な者たちが多い。
固有能力も一段と強力になっているが、特質すべきはその膂力と俊敏性
戦い慣れたエクソシストですら、まるで歯が立たないほどの圧倒的なスピードと怪力を有し、たった一体で複数人のエクソシストを造作もなくあしらってしまう。
魂はLv.2の時よりさらに悪化。輪郭が崩れ、不定形のおぼろげな姿になる。

対抗するにはエクソシスト自身が、特攻覚悟でイノセンスを酷使するか、さらなる段階に進む必要に迫られる。

融合体(正式名称不明)

複数のAKUMAが合体した姿。3つの顔がついた人形のような外見をした巨人といったところか。
AKUMAが複数合体してるだけあって、その攻撃力と防御力は計り知れない。
頭部を破壊すれば一撃で沈められるが、何より装甲が堅いためそう簡単にはできない。

Lv.4

CV:川田妙子(2006年版)/石上静香(「HALLOW」)
Lv.3が戦い続けた結果、妊婦のような繭を纏って羽化した姿。
一騎当千の絶望

傍目はキューピットのような子供型の天使のようで愛らしいが、顔は彫刻かマネキンのように無機質、肉体は幼児体型だが左右で男女が半々と、不気味さが拭えない。
言葉づかいも子供っぽく、無邪気な言葉でそら恐ろしいことを口にする。

それまで在った固有能力は見受けられず、戦闘能力は肉体を変形させた物理攻撃とAKUMAウイルスによる汚染程度しか持っていない。
しかしデコピン一発で臨界者となったアレン・ウォーカーを昏倒させるという、圧倒的な破壊力を秘めており、これでまだ手抜きという異常な戦闘力を誇る。
この単純な戦闘能力だけで、単騎で黒の教会本部を壊滅寸前まで追い込んだ
臨界者・元帥級のエクソシスト数人がかりでようやく倒せるという、まさに絶望の体現者
魂は原形をとどめないほどに状態が悪化しており、今までAKUMAの魂を見続けてきたアレンも嘔吐してしまうほど。

その他

改造AKUMA

クロス・マリアンに改造され、伯爵の呪縛から逃れたAKUMA。レベルはベースとなったAKUMAに起因するらしい。但し殺人衝動だけは抑えきれず、もしピークを迎えた場合は自爆するようにセットされている。
劇中ではちょめ助含む3体が登場している。

ティモシー・ハースト

ロンリーボーイ


AKUMAではないが一応記載する。
AKUMAに憑依して戦う」という変わった能力を持った寄生型エクソシスト。彼に憑依されたAKUMAはイノセンスにより浄化され姿が変わり、対AKUMA武器と化す。また、憑依が解除されたAKUMAは塵となって消滅する。

アルマ・カルマ

A・KU・MA


神田ユウと同じく人造使徒計画の被験体だった第二エクソシスト。計画中に起きた事件中に神田によってバラバラにされ、昏睡状態に陥ったが、身体は秘密裏に保管された後、AKUMAの卵(プラント)の欠片を埋め込まれ第三エクソシストの母体として利用される。しかしワイズリーにより目覚めてしまいAKUMAへと変貌し・・・。

関連タグ

D.Gray-man
生体兵器 悪魔
エリアーデ ミミ ちょめ助

関連記事

親記事

D.Gray-man でぃーぐれいまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AKUMA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214363

コメント