ピクシブ百科事典

モア・ヘッセ

もあへっせ

星野桂作「D.Gray-man」の登場人物。

CV:雪野五月

概要

第1話のゲストキャラクター。

イギリス人。誕生日は9月16日の21歳で、血液型はA型。そして眼鏡っ子
両親を殺した強盗を捕まえるために警官になったという誠実で勇敢な復讐に燃える健気な女性。
シスターだった姉のクレア、そしてクレアの結婚相手である義兄のマルクがいたが、クレアを教会での事故で失っており、今ではそのせいで精神が病んだマルクの世話をしている。

しかしクレアが事故死する以前、警官になることを姉に反対されたモアはクレアと喧嘩をし、マルクの支えもあって仲直りをしようとした矢先、クレアが目の前で事故死をしてしまったために姉と仲直りすることが叶わず、モア自身も強い罪悪感と後悔の念を抱いていた。

行方不明者が続出するかつて姉が命を落とした教会の調査中にAKUMAに襲われた所をアレンに助けられるが、当初はAKUMAを悪魔のことだと思って信じてはいなかった。

しかし、義兄と姉が既に千年伯爵の手によってAKUMA化していたことを知って衝撃を受けるも、アレンによるAKUMA救済を見届け、二人が天国に行けたことを願って涙した。

関連タグ

D.Gray-man

コメント