2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

カゲロー

かげろー

「カゲロー」とは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:日野未歩

No393
種族ウスラカゲ
ランクB
スキルおんみつ(敵からねらわれない)
好物おにぎり
こうげきしゅりけん
ようじゅつ竜巻の術
必殺技カゲローの舞(ひらひらの体から強力な一撃を敵1体にはなつ。)
とりつく地味にする(とりつかれた妖怪はすごく影が薄くなってまもりがダウンする)

圧倒的な影の薄さで誰からも気づかれない隠密のスペシャリスト。誰からも気づかれ無いのが実はちょっとさびしい。(妖怪大辞典より)

ジミーの進化系。体は巻物のような見た目である。
影が薄い妖怪。人間の存在感をなくす。

色違いにカイム(友達も存在感も皆無)が存在する。

アニメ版

初登場は劇場版第1作。ケイゾウの友だち妖怪のうちの一体。
ウバウネとの決戦ではくまモンと一緒にいる。
本編では、第206話にて初登場。
ある日、ケータは学校にて存在感が極端に薄くなり、徹底的に無視されるようになってしまう(サッカーで全くパスが来ない、出席番号順に指名される際飛ばされる、など)。違和感を覚えたケータはいつものように妖怪の仕業と疑いサーチするが、いつもなら「いた!」となる頃合いになっても見つからない。今回は妖怪のせいでは無いのかと思われたが、実は発見していたカゲローの影が(物理的に)薄すぎて目視出来なかっただけだった。
もはや透明といっても差し支えないレベルの影の薄さが災いして、近くにいても気付いて貰えない上にこの力を利用されているとこぼすカゲロー。利用とはどういうことからと不思議がるケータ達の前に、アイタタタイムズが現れた。彼は自らカゲローに取り憑かれることで、(でっち上げ同然の)スクープのための取材(という名の盗撮)を行いやすくしていたのだ。更なるスクープを求めるアイタタタイムズにカゲローは連れて行かれる。
その後、アイタタタイムズは実質透明なのをいいことに、クソコラと勝手な解釈によるトンデモスクープを連発する(天蕎麦らしき何かの海老天を最後に残しておこうと別皿に移したひも爺の写真に『ひも爺 本当は大食いではなかった』と勝手な見出しを付けるなど)。嘘を指摘されてもそんなことを気にしていたら新聞記者なんてやってられないと嘯き、カゲローに今回の手柄は君のおかげだと礼を言う。初めて人に感謝されたと喜ぶカゲローだったが、直後、スクープの犠牲者達がアイタタタイムズに怒って押し寄せて来た。すると咄嗟に協力者であるカゲローに罪を着せようとするアイタタタイムズだが、カゲローが実質透明なせいで彼らに伝わらず、ボコボコにされてしまう。そしてカゲローは一瞬目を離しただけのケータ達にも見失われてしまい、悲しみに暮れる。

コロコロコミック版

分身の術でケータ達に戦いを挑むが、バクロ婆ツチノコの活躍に負け、友達になる。
アペリカンによりアメリカかぶれになった事もある。


関連タグ

妖怪ウォッチ ウスラカゲ族 ジミー カイム

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました