ピクシブ百科事典

NINJA

かわさきさいきょうのしょうごう

ここでは川崎重工業の商標について説明します。
目次[非表示]

職業忍者またはニンジャへ。

概要

カワサキ1984年に発表したGPZ900R(メイン画)の北米仕様に付けた愛称
以来30余年、カワサキのスポーツバイクには多くこの名が付けられていた。

カワサキ ニンジャ サイドカバーエンブレム


そしてこの斜めになった『Ninjaロゴだが、これはFAX送信時のミスが引き起こした偶然でこの形になった。
勿論、カワサキの登録商標である。

カワサキバイクの中でも屈指の知名度を誇るシリーズに成長しており、軽~大型まで幅広いラインナップをそろえている。
現在では特に250CCクラスのニンジャに人気がある。

カワサキバイクの技術を底上げするために持てる技術を全て注ぎ込んで作ったモンスターバイク・H2RにもNINJAの名称が与えられている。

バリエーション

前述の通り、“Ninja”の名を冠するモデルは数多いが、海外(北米)モデルのみで、国内では未発売、あるいは“Ninja”を名乗らないモデルも多く、全容の把握は難しい。
以下は特に知名度の高い、代表的モデルである。

GPZ900R(1984~2003年)

元祖“Ninja”。当時「空冷イレブン時代」とも言われた空冷1100ccエンジン全盛時に、あえて小型・高出力の水冷エンジンと、高張力鋼で構成された絞り込んだフレームの組み合わせで、「世界最速」の称号を得た。
発売当初はその先進性が災いし、販売は振るわなかったが、映画『トップガン』への出演をきっかけに大ブレイク。世界各国で、(生産停止期間を挟みつつ)20年近くに渡り、累計80000台が生産されるという、ベスト&ロングセラーとなった
詳細は個別記事を参照のこと。

ZX-12R(2000~2006年)

来夢先輩!


輸出用モデル(国内正規販売なし)。
先行するホンダCBR1100XX“ブラックバード”スズキハヤブサなど、最高速度300km/hオーバーを謳う、通称“メガスポーツ”勢を追撃すべく開発された最速モデル。
量産車で初めて採用されたバックボーン型モノコックフレームに、二軸二次バランサー装備のエンジンをリジットマウントする野心的な設計・構造で、ノーマルで300km/hを軽く突破する性能を発揮。「世界最速」奪還を待望していたNinja、カワサキファンを歓喜させた。
が、この無闇と凝った構造が徒となる
バックボーンフレームは“しなり”のバランスが難しく(剛性が低いと安定せず、高すぎると曲がらない)、加えて幅広のタイヤや非力なブレーキ、低速トルクの細いエンジン特性などが加わり、「速いだけで、曲がらない、止まらない」という、気難しいバイクとなってしまった。
後期型(通称、B型)で大幅な改良が加えられ、悪評はかなり払拭できたが、商業的には成功作とは言い難く、“メガスポーツ”3モデルの中では最も早く、2006年に生産終了となった。

マンガ『ばくおん!!』の川崎来夢の愛車(イラスト参照)。ちなみに、手強いとされる前期型(通称、A型)である。

関連タグ

OH-1(これにも『Ninja』の名が付く。

同じく『NINJA』が付くもの

pixivに投稿された作品 pixivで「NINJA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1689166

コメント