ピクシブ百科事典

CBR250R

しーびーあーるにひゃくごじゅうあーる

ホンダが発売していたバイク。
目次[非表示]

概要

ホンダが発売していた250ccクラスのスポーツバイク。

初代(MC17)

1987年発売。
エンジンはDOHC4気筒で45馬力を発揮。
「ハリケーン」のペットネームがある。

デザインは角目1灯にフレームを覆い隠すカウルといういで立ちで、前年発売のCBR400R(NC23)に近い。

二代目(MC19)

1988年発売。
「ハリケーン2」と通称される。

デザインは兄貴分であるCBR400RRに倣っており、丸目2灯にフレームを露出させたカウルである。
1990年にCBR250RR(MC22)にモデルチェンジし生産終了。

三代目(MC41)

2017/02/19


2011年発売。
250ccクラスの世界戦略車として企画されており、初代・二代目とは車名以外の共通点は無い。
生産はタイで行われた。

エンジンは新設計のDOHC単気筒で最高出力27馬力を発生。
トラス形状のスチール製フレームに搭載し、VFR1200F風のカウルで包んでいる。
尚、エンジンは翌年発売されたオフロードバイク、CRF250Lにも流用された。

それまで国内で「CBR」と言えばレーサーレプリカ的なイメージが強かったため、発表時は単気筒でCBRを名乗らせることに抵抗する声が(主に熟年ライダーから)上がったが、発売されてみるとセールスは好調で、当時まだ充実していなかったフルカウルスポーツ市場をカワサキNinja250Rと争った。

CBR250R


2014年にビッグマイナーチェンジを敢行。
外装を大きく変更し、CBR1000RRに近い2灯ヘッドライトのデザインとした。
エンジンは最高出力が29馬力に向上した他、低燃費化やシート高の低下を図り、実用性を向上させた。

2017年にCBR250RR(MC51)の発売と入れ替わりに生産終了。

関連項目

HONDA バイク CBR250RR

関連記事

親記事

HONDA ほんだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「CBR250R」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1775

コメント