ピクシブ百科事典

アークザラッド2

あーくざらっどつー

『アークザラッド2』とは、1996年11月1日にG-CRAFT制作、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたシミュレーションRPG。アークザラッドシリーズの第2作目。
目次[非表示]

概要

アークザラッド2(Arc The Lad Ⅱ)』とは、G-CRAFT制作、ソニー・コンピュータエンタテインメントから1996年11月1日にプレイステーション専用ソフトとして発売されたシミュレーションRPGアークザラッドシリーズ第2作目。
2007年11月14日にはゲームアーカイブスが配信され(配信ページ)、2018年12月3日には1作目と共にプレイステーションクラシックに収録された。

略称は『アーク2』。正式名称はローマ数字の『アークザラッドⅡ』だがpixiv内では算用数字(アラビア数字)でのタグ利用が多い。

前作より1年後の話。ストーリーは本作で一旦完結。
ハンターを職とするエルクとその仲間達の話。
初めはエルクを中心に物語が展開していくが、前作の主人公であるアーク加入後はアークを中心に展開していく。

前作はボリューム不足を指摘されていた為か、今作でははるかにボリュームアップしており、サブイベントを含めるとプレイ時間は100時間以上となる。
また1のデータをコンバートすることで途中から登場する初代の主人公アーク達のレベルやイベントなどに変化があり、また一部のモンスターを捕獲し仲間にできる。
プレイステーションのゲームとしては、初めて前作からのデータ引き継ぎ(コンバート)を取り入れた作品でもある。

アニメ、漫画(炎のエルク / 西川秀明、アークザラッド2 / 藤凪かおる)、小説(飯野文彦)、ドラマCD化もされておりシリーズの中で一番メディア展開されている。設定や結末などは各メディアによって多少異なる。
特にアニメは賛否両論黒歴史として扱っている人もいる。

主な登場キャラクター

声優は(ゲーム・ドラマCD / アニメ / R)の順で表記。

本作から登場


過去作から登場


ロマリア王と四将軍


白い家


アニメ

※ネタバレ有り※
アークザラッド2をベースにした形だが前半(1~13話(白い家編))は多少の誤差はあれど概ね原作通りに進んでいたが後半(14話以降(聖柩編))からは完全オリジナルとして話は進んでいく。本作には一部のキャラクターは登場しない代わりにアニメオリジナルキャラクターが多く存在しており、また、主要キャラクターの声優が一部変更されている。

原作改変が強く特にリーザとミリルの扱いは精神的に来る人は来る
ロマリア四将軍の存在価値も微妙で、ラスボスがオリジナルキャラだったりアンデルとかの主要悪役キャラが放置さたりとかなりムラがある。

ただ物語の最後は2と違いアークククルが生き残り、共にスメリアに帰還する形をとっており本編よりも(見方によっては)前向きに終わっており、本作のOPやEDの評価も高い。

作画の癖が強くストーリーやキャラに関しても2とはかけ離れている部分がありアニメとしては賛否両論でゲームファンによっては黒歴史として扱っている人もいる。

話数タイトル話数タイトル
1話炎の少年14話精霊の巫女
2話運命のはじまり15話焔立つ
3話時雨の心地16話奪還
4話蒼き女神17話緋色の王城
5話犯罪者たち18話キメラ使い
6話波音の彼方19話両雄対決
7話古の守護者20話再会
8話逃亡21話真実の在処
9話残された友22話影に潜む
10話名も無き十字軍23話凍れる瞳
11話孤独な勇者24話闇の胎動
12話白い家25話聖柩
13話微笑みの聖母26話輝の少年

関連イラスト

魔法の時間
「騒がしくないのは寝ている時だけだな」


【光と音の】アークザラッド2【RPG】
【アークザラッド】 クリア記念



関連タグ

アークザラッドシリーズ アークザラッド
アーク2 アークザラッドⅡ アークザラッドII
モンスターwithカジノゲーム アニメ化 炎のエルク

外部リンク

関連記事

親記事

ArcTheLad あーくざらっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アークザラッド2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 732422

コメント