ピクシブ百科事典

ガイデル・キリア・ク・ロマーリア8世

がいでるきりくあろまーりあはちせい

ガイデル・キリア・ク・ロマーリア8世とは、ゲーム『アークザラッド2』の登場人物。
目次[非表示]

概要

アークザラッド2の登場人物。
世界の過半を裏から支配する超大国「ロマリア」の王。作中では「ロマリア王ガイデル」と呼ばれる事が多い。
ロマリアによる世界征服を望み、世界の全てを手にするという欲望に憑りつかれているが、ロマリアの実権は配下であるロマリア四将に握られており、本人は何の実権も持たなかった。そして彼らが真の主を定めている「闇黒の支配者」を復活させるために必要な「欲望に溺れた人間」として利用されている。

ゲーム版

アークザラッド2

物語最終章の「ロマリア攻略編」より登場。
ロマリア四将軍の三人目であったアンデルが死亡し、最後の四将軍であるザルバドがアンデルの死亡報告をロマリア城・謁見の間で行う場面で初登場する。

ザルバドのアンデル死亡の報に驚き、更にアーク達がロマリアに向かって来ていると言われて恐怖。ザルバドを怒鳴りつけて、闇黒の支配者に「アーク達ではロマリア城に辿り着くことは不可能。もし、辿り着けても世界を滅ぼす程の最終兵器がガイデル様にはある」と宥められると、すぐさま上機嫌になるという小物っぷりを早々に披露する。

アークとザルバドのロマリア本国攻防戦の最中、ザルバドを呼び出して文句を言い、闇黒の支配者に宥められるという行為を数回も繰り返す。しかし、彼自身は闇黒の支配者と四将軍ザルバドからは内心では愚かな人間の代表格として蔑まれており、本人はその事に気づいてはいなかった。
ロマリアトンネルとロマリア城壁も突破され、ロマリア城前でロイヤルガード部隊も敗れると、ロマリア空中城を起動。空中に逃れる。

しかし、アーク達が空中城にも侵入し、数々の仕掛けやモンスター達も突破され、四将軍のザルバドも敗れてしまい、アーク達が目の前に現れる恐慌。
アークは説得を試みようとするが、闇黒の支配者の「騙されてはいけません。この者達はあなた様を殺し、この世界の王になるつもりなのです。空中城は浮いており、被害は及ばない。世界を一度きれいにし、失ったものは全て私が再生しましょう」とガイデルを扇動。
ガイデル自身は世界を滅ぼしてしまう程の被害を出すことには躊躇しているが、これまでロマリアの計画を次々に葬り去ってきたアーク達を信用することもできず、戸惑う。
しかし、闇黒の支配者から「何をしている。このままでは奴らに殺されるぞ」と言われ、アーク達の言葉に耳を傾けることはなく、助かりたい一心で闇黒の支配者を3000年前の封印から解放。
その復活の余波で全世界の国々や大都市は壊滅的な被害を受ける『大災害』(アークザラッドRでは『大破壊』)が発生した。

その後、アークから非難されるが、闇黒の支配者が自分に従っている存在と思い込んでおり、自分は引き起こしたことの重大性を全く理解しておらず、「わしは世界最高の力を手にした」と言い放つ。しかし、その直後に闇黒の支配者から「神の作った愚かな人間の世界の終焉」を宣言され、意味に気付かずに自身が力を手にしたと反論した瞬間に「貴様の役目は終わった」として闇黒の支配者が封印されていた鏡からの赤い光に飲み込まれて消滅した。

アニメ版

一切登場せず、存在すら抹消されている。

余談

本作は欲望のままに行動する人間の愚かさや問題点が度々クローズアップされているが、ガイデルはそうした人間の醜さを集大成した様な人物となっており、世界支配の欲望のままに闇黒の支配者やロマリア四将軍に利用され、全世界に多くの悲劇を巻き起こし、そして世界までも滅亡へと追いやってしまう。そうした人間性はザルバドから見破られており、彼からは「自ら滅びの道を進む愚かな生き物」と称されている。

これまでロマリア四将軍を始めとする多くの敵対イベントを見てきたプレイヤーからはその大国ロマリアの元凶ともいうべき人物がとんでもないレベルの小物だったため、逆に「これが敵の親玉の一人?」と困惑させる事となった。

過去編のラマダ寺に現れたデスウィザードは「ロマリア王ガイデル様にラマダを滅ぼせと命じられている」とのセリフがあったため、全くロマリア国内で権限を持っていない訳ではない模様ではある。ただし、権限は一国の王と考えると著しく制限されている可能性が高い。

関連タグ

アークザラッドシリーズ アークザラッド2 ロマリア

関連記事

親記事

アークザラッド2 あーくざらっどつー

兄弟記事

コメント