ピクシブ百科事典

ガルアーノ

がるあーの

「アークザラッド」シリーズに登場するキャラクター。ロマリア四将軍の一人。

概要

ゲームアークザラッド2に登場する。
フルネームはガルアーノ・ボリス・クライチェック

仏頂面の壮年の男性であり、表向きは東の大国アルディアの政治家として活動しているが、裏では世界支配を進める超大国ロマリアから派遣されてきた人物で、アルディア一帯のマフィア達を束ねている。さらにその正体はロマリア王を傀儡にし、同国の実権を担うロマリア四将軍の一人であり、ロマリア軍のモンスター研究・人工製造を司るキメラ研究機関の統括者。世界中に建設したキメラ研究所でモンスターを製造と生まれながらの特殊能力者を集めて、能力強化後にモンスターと合成する高度な『キメラ』の製造を行っている。

2の主人公のエルクとは深い因縁がある。エルクは幼少期にロマリア軍に出身部族の村を襲撃され、その際に炎を扱う特殊能力を持つエルクに興味を持ったロマリアの研究員にキメラ研究所へ拉致された過去があり、ガルアーノもエルクを優秀なサンプルとして記憶していた。後にエルクは「白い家(キメラ製造施設)」に幽閉されるも脱出し、それ以降ガルアーノを打倒することに燃えている。ストーリー前半は彼を倒すことが当面の目的となる。

エルクやアーク達に最新のキメラ兵器を差し向けるも尽く撃退され、遂にはロマリアのキメラ研究所本部で自らを巨大なキメラと化して挑むも倒された。

ロマリア四将軍の中でも1番格下の扱いらしく、本人もそれを気にしていた。「やつは四天王の中でも最弱」的な立ち位置。
そもそも、彼が統括するキメラ研究機関はロマリア軍の戦力強化が役割であり、同時にそれはロマリアの本命計画である「高層建造物に取り付けた洗脳装置で人々を操作する」事を目的とした『殉教者計画』を世界規模で実行するための支配領域拡大と、洗脳装置を取り付ける殉教者の塔と呼ばれる高層建造物の建造を護衛するモンスターの製造が目的となる。
ガルアーノとキメラ研究所本部で対峙した際には既に殉教者の塔の大部分は建造を完了しており、既にキメラ研究所で戦力強化を図る必要性は失われていた。
ガルアーノ自身も戦闘前に「もう研究所などどうでもいいのだよ」と発言しており、キメラ研究所が役割を終えていることは認識していた。しかし、同時に他の四将軍からは最近軽んじられている事を感づいていたらしく、『殉教者計画』の主導権をアンデルから奪うべく、手柄取りに焦っていた節がある。アークから「お前はロマリアにとって用済みの捨て駒、便利な道具だけに過ぎなかった」と指摘され、激昂する場面もあった。

キメラ化したガルアーノは大型のモンスターであり、プレイヤーに威圧感を与えてくるが、そこまで強力な攻撃はしてこない。ただし複数の部位を持ち本体まで到達して倒すには一苦労。前衛と後衛で役割分担しつつ回復しながら戦えば苦戦はしないはず。


漫画版

西川秀明氏が執筆する漫画版では、ゲームとは大きく筋書きが変わっており、作中で最大の悪役として登場。
ゲームよりさらに狡猾・残忍・非道な人物であり、幼い子供を次々とキメラ化させ、他人の愛情や悲しみを踏みにじって嘲笑し、巧みな謀略でエルクとアークを何度も嵌めている。
人間の姿でありながら自身もキメラ化しており、並外れた身体能力をはじめ、瞬間移動や重量操作、さらに魔法のサンダーストームダイヤモンドダストを使用することができる。
最終的にはモンスターの姿となったが、ゲームとは姿が大きく異なる。圧倒的な力を振るい、アークとククルを死に追い込んだ。
しかしアークの意思と力を受け継いだエルクによって滅ぼされる。

関連記事

親記事

アークザラッド2 あーくざらっどつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルアーノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント