ピクシブ百科事典

ジョニー・マキシマ

じょにーまきしま

「劇場版仮面ライダーエグゼイド・トゥルー・エンディング」の登場人物。映画に先駆けてテレビ本編にも登場した。
目次[非表示]

「我が社の新作ゲーム、ハリケーンニンジャのエンディングは、世界の滅亡だ!」

演:ブラザー・トム

概要

最先端VR技術を誇る、外資系ゲーム会社「マキナビジョン」社長。
本来は『仮面ライダーエグゼイド』の劇場版作品『トゥルー・エンディング』の登場人物だが、劇場版とリンクしているテレビ本編にも登場している。
眼鏡をかけた恰幅の良い外国風な男性。悪趣味な程に派手な和服に身を包み、扇子和傘を携えている。日本文化が好きで、特に忍者が気に入っている。しかし、日本語には不慣れな上、日本文化を間違えて理解しているために、扇子にはではなくと書かれている。
また、会社のホームページのトップ画像は、彼の写真と「I AM GOD」という尊大な文言で飾られている。

その目的は、幻夢コーポレーションの開発技術と自社のVR技術を使って、新作ゲーム“ハリケーンニンジャ”を開発することであり、その為に下記に示す通りに幻夢コーポレーションの社長・檀正宗と接触をはかるなど、TV本編の物語の裏で暗躍していた。

なお、その一方で時折、彼独自の思惑も見え隠れしており、不気味な存在感を醸し出している。

劇中での活躍(テレビ本編)

第39話にて、檀正宗の台詞と上述の画像で初登場。仮面ライダークロニクルの海外展開プロジェクトに協力する条件として、ゲーマドライバー1台の譲渡を要求した。正宗は「あなたも強欲な方ですね」と呟きつつも、鏡飛彩達からドライバーを強奪し、ジョニーとの会食に臨もうとする。しかし第40話にて、仮面ライダークロノスのリセットの力を行使したことで時間が巻き戻り、「ドライバーを手に入れたという事象」がなかったことになってしまう。

そして第41話にて、正宗との会食は果たすも、ゲーマドライバーを手に入れられなかったこと、及びお互いの目的の食い違い(ジョニーはゲームの共同開発、正宗はあくまで「クロニクル」の海外進出のみ)ということもあって、今回のビジネスは白紙に戻すとして、正宗の前から去っていった。

しかし、同話のラストシーンにて、ゲムデウスの出現を一同が見守る中、ブレイブスナイプに敗れたグラファイトガシャコンバグヴァイザーを密かに入手し、「『仮面ライダークロニクル』のエンディングは近いようだな、ミスター正宗!」と不気味な高笑いを上げるのだった。

外部リンク

演者プロフィール(STARDUST公式プロフィール)

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング

和服 社長

以下、映画のネタバレに付き閲覧注意‼


















































「さぁ!究極のゲームを始めよう!」
「アイ アム ゴォォーーーーーーーッド‼」

その正体は、ハリケーンニンジャのラスボスゲムデウスマキナ。(「I AM GOD」という文言は何の比喩も無く、実際の正体を指し示す言葉であった。)
実は、密かにゲムデウスウイルスを体内に取り込んでおり、同じくウイルスに感染させていた、南雲影成の娘・星まどかを利用し、特殊なガシャットロフィーを精製、それを取り込み、自身のゲーム病を悪化させることで、完全態である超ゲムデウスマキナへと進化した。ハリケーンニンジャの開発は、そのための布石だったと言える。

しかし、彼が何時感染したのかの詳細は、映画本編及びTV本編でも語られることが無かったため詳細は不明。なお、上記の情報は『アニメージュ』2017年10月号に記載されていたもの。劇中では九条貴利矢が「社長、バグスターだったとはねぇ」と発言していることから、完全体のバグスターと同じく、ジョニー・マキシマ=ゲムデウスマキナの人間態とも考えられる。

コメント