ピクシブ百科事典

和傘

わがさ

和傘とは、傘の種類の一つ。
目次[非表示]

概要

竹や紙などを材料として作られた日本風の
対になる言葉として「洋傘」(こうもり傘)がある。
552年に百済から伝来したのは貴人に差し掛けるための日傘衣笠)で、開閉できなかったが、安土桃山時代に開閉式の傘が発明された。
用途は雨傘、日傘、舞踏用など。

和傘は洋傘と違い、頭を上に保管するため、石突が柄の手元側に付いている。

近年は洋傘の骨の数を増やした和風洋傘も販売されている。

羽二重傘

和紙を張り合わせた「羽二重」を使用した和傘。親骨(油紙を支える長い骨)の竹も染色され、紙と竹だけで作った番傘等よりも高価。防水性も高い。

野点傘

野点などの場で固定して使われる大きな和傘。

妻折傘端折傘

元は貴人に御付の者が後ろから差し掛ける傘で、人を傷つけないよう親骨の端が内側に折れ曲がっており(端折)、爪を折った(爪折 → 妻折)傘という意味。

本式野点傘

番傘をそのまま大きくした形で、かがり糸による装飾はない。1952年に裏千家淡々斎宗匠により考案された。

関連タグ

 日本  和風 雨傘 日傘
唐傘 番傘 妻折傘 端折傘 野点傘 蛇の目傘 蛇の目 助六傘 羽二重傘
唐傘お化け 多々良小傘

pixivに投稿された作品 pixivで「和傘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5625760

コメント