ピクシブ百科事典

鏡灰馬

かがみはいま

「仮面ライダーエグゼイド」の登場人物。

演:博多華丸

概要

聖都大学附属病院院長。鏡飛彩の父親。
バグスター殲滅の為に、衛生省に協力して病院内にCR=電脳救命センターを設立した。
そしてCRのドクターにするため、海外の超一流病院に勤めていた飛彩を呼び戻した。

衛生省の役人には頭が上がらない様子であり、仮野明日那に対しては腰が低くなり終始敬語を使っている。明日那(衛生省)の意向には基本的に逆らわず従順である。
宝生永夢に対しては、当初は「この件に関わるな」と院長命令を下したが、逆らわれている。明日那の意向を聞いて態度を一変しCRのドクターとして迎え入れる。
飛彩のことは自慢の息子と思ってるようで、彼に対しかなり甘い。将来は自分の跡を継いで病院長になって欲しいらしいが(第8話)、向こうからの扱いは悪く親の威厳はほぼ皆無。
このようにコミカルな場面が多く、医療ドラマに出てくるような威厳のある院長像とはかなりイメージは遠い。

第26話で衛生省の意向を無視して現場に出動した永夢に対し、「衛生省の認可を受けてドクターの資格を得ている」と発言した一方で、その「医者の資格」に悩んだ飛彩が「目の前の命を救うために自分たちがいる」という結論を出して独断で出動した際は笑顔で彼を見送る等、少々頼りないながらも善人であり善き父親である事が窺える。

その後しばらく出番がなかったが第32話で久々に登場。なんとライドプレイヤーとなって仮面ライダークロニクルに身を投じていたパラドクスと戦っていたところに通報を受けて駆け付けた飛彩や永夢の前では、変身中にもかかわらず顔を隠すようにしていた。上級バグスター達の攻撃の前に飛彩と大我が変身解除に追い込まれた時には、無謀にも自ら彼らの前に立って盾となるが、実力差は如何ともしがたくパラドクスのパンチ一発でふっ飛ばされ変身解除、正体がバレてしまった。

日頃から顔色を伺っている衛生省の方針に逆らい、ラヴリカのゲーム病に感染してまで戦いに臨んでいたのは、彼自身も飛彩の昔の恋人である小姫を喪った悲しみを負っていたため。消滅した人を復活させるために戦いに臨んでいたが、結局バグスターは一体も倒せていなかった。攻略は永夢らに任せ、彼は衛生省にプロトガシャットの保管をCRでできないかと交渉するも、プロトガシャットは盗まれていることが発覚する。
なお、同話ラストで感染源であるラヴリカが仮面ライダークロノスによって撃破されたためゲーム病は治った。

父はレベルが段違いの強敵から身を挺して息子をかばい、息子も「俺が誰の背中を見てドクターを志したと思っている」と呟くなど、日頃はコミカルなやり取りが多かった鏡親子の間には、確かな愛情と信頼の絆があった。同じく父親である檀正宗が、同話で自分の息子のことすら会社の商品のように扱っていたのとは対照的な描かれ方である。

しばらくCRを離れていたため、第33話では黎斗の復活や檀正宗の台頭など、状況が飲み込めていない様子だった。また、この2人の名を言われて聞き返した際、変なイントネーションになっていた。

第34話では飛彩の裏切りにショックを受けて終始受け入れられず落胆しており、しかもゲムデウスの情報を聞き出しに来たパラドグラファイトに人質に取られてしまった(ポッピーが白状したので解放された)。

第38話では、瀕死の状態になった大我が病院に運び込まれる中、小姫(のデータ)を人質に取られ、迷いを見せる息子に「院長命令」として病院に戻るように一喝するという、今までとは違う厳しい一面を見せている。

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 鏡飛彩 ライドプレイヤー
大杉忠太:普段は頼りないが、いざという時には信念のある行動をとる、演者がお笑いコンビ片割れという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「鏡灰馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32693

コメント