ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ゲームマスターの私に逆らった罰だ!を削除する」

「グレード0、変身!」


『マイティーアクショーン!……X!!』


概要編集

第30話で初登場。新檀黎斗ゲーマドライバープロトマイティアクションXガシャットオリジンを装填して変身する。

音声はレベル2の時と同様だが差別化ゆえか常に省略して流された。


姿は通常のゲンムレベル2とほぼ同じだがスーツに走るラインの色が異なり、レベル0固有の能力ゆえか一部パーツの名称も異なる。


また、使用するガシャットの開発時期の関係か、変身時に選択するパネルにはモノクロの5人のライダーしかいない。

通常のプロトマイティで変身するゲンムはカラーのアイコンなので、言うなればこの形態は「プロトゲンム」とでも言うべき形態である。


逆に考えると、この時点から黎斗は自分用にゲンムを設定していたことがわかる。


能力編集

身長205.0cm
体重97.0kg
パンチ力22.0t
キック力28.1t
ジャンプ力53.3m(ひと跳び)
走力2.3秒(100m)

スペックはレベルX(テン)相当。武器としてガシャコンブレイカーを使用。

初登場時はポッピーから借りたのかガシャコンバグヴァイザーⅡを使用した。


最大の特徴はバグスターウイルスの活動を抑制する特殊なゲームエリア「アンチバグスターエリア」を形成する能力を持つことである。

新檀黎斗曰く、「レベル0は無の力」


このゲームエリアを展開した事で、パラド宝生永夢の身体を乗っ取る事ができなくなった。

また触れた相手のレベルを下げ続ける効果もあり、1秒間の接触につきレベルを大体5前後(遅くて3、早くて10弱)下げることができる。下がったレベルは一度の戦闘中であれば継続し、相手と離れても再び触れることでさらにレベルを下げられる。


そしてこの形態のもう1つの特徴は「99個のライフ」である(ちなみにガシャットの機能である)。

コンティニューを行うことで、ゲームオーバーになって消滅しても土管から這い出て復活することができる

映画「トゥルー・エンディング」にて、残りライフは「1」になった。

回数制限はついたがやはりゾンビ並みにしつこくて鬱陶しい


ただし仕様が変わり、これまでのゲンムよりも打たれ弱い描写が多くなっている(これまではライフが減ると防御力が上がる仕様になっていた)。


第32話以降は能力的に上位互換であるゾンビアクションゲーマーレベルX-0に変身できるようになったため、こちら単体での使用頻度は少なくなった。


第44話でエグゼイドの成分を採取しに来た仮面ライダービルドと遭遇し、見た目がエグゼイドに酷似していたため戦い、ゲームオーバーになった。『ゴースト』最終回でエグゼイドがゲンムに酷似していたためにゴーストと戦う羽目になったのとは真逆の展開である。


必殺技編集

  • 2人のマイティ

プロトマイティアクションXガシャットオリジンをガシャコンブレイカーにセットして発動。

第31話では「高速化」のエナジーアイテムの効果を受け、エグゼイドの「マキシマムマイティクリティカルフィニッシュ」に合わせてブレードモードでパラドクスを滅多切りにした。


※プロトガシャットにはガシャコンウェポンにセットしての必殺技「~クリティカルフィニッシュ」が存在しない。


データカードダス『ガンバライジング』では(動き自体はレベル2の流用だが)キック技「マイティクリティカルストライク」の発動シーンを見ることができる。


外部リンク編集

テレビ朝日公式サイトの解説ページ


関連タグ編集

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーゲンム 檀黎斗(新檀黎斗)


プロトマイティアクションXガシャットオリジン ゲーマドライバー


ゾンビアクションゲーマーレベルX-0


レベル0

関連記事

親記事

プロトマイティアクションXガシャットオリジン ぷろとまいてぃあくしょんえっくすがしゃっとおりじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145065

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました