ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 1982年制作のディズニー映画。本項で記述。
  2. 坂村健氏らが開発した国産OS


概要

1982年公開のアメリカ映画。
当時としては斬新なCG技術とアニメーション合成技術が用いられていた。線と光で表現されたコンピューター世界と人の姿で表現されたプログラムが特徴。また、台湾のアニメーターが多数参加している。

仮想世界シーンのコンセプトデザインにはジャン・ジロー・メビウスやシド・ミード、ピーター・ロイドらが手掛けている。

キングダムハーツII」ではこの映画の世界がワールド「スペース・パラノイド」として登場している。

2010年公開の映画「トロン:レガシー(TRON:LEGACY)」は同作の続編にあたる。こちらの映画の世界も「キングダムハーツ3D」でワールド「ザ・グリッド」として登場している。

あらすじ

ソフトウェアメーカー・エンコム社に在籍するケヴィン・フリンはゲーム「スペースパラノイド」を開発したものの、その全データを同僚のデリンジャーに盗まれてしまう。デリンジャーが自身の作として発表した「スペースパラノイド」は大ヒットし、たちまち彼はエンコムのトップまで出世する。その一方でフリンは場末のゲームセンターのマスターへと追いやられてしまう。
憤慨したフリンは「スペースパラノイド」がデリンジャーの盗作である証拠を掴むべく、夜な夜なエンコムへのハッキングを行い始める。だが証拠のデータはデリンジャーがプログラムしたMCPによって厳重に隠蔽されており、発見は不可能だった。
そんなある日、ハッキングの事実を知ったエンコムの社員アランが、恋人のローラと共にフリンの元を訪ねて来る。事情を話したフリンはエンコム社内のコンピュータから直接、アクセスさせてもらえるよう懇願。了承した2人はフリンをエンコムへと導き、またアランも不正調査とMCP破壊のために、開発途中の監視トロン・プログラムを起動することを決意する。
しかし、フリンを快く思わないMCPは、エンコムが実験中の物質転送機を使いコンピュータの内部世界へと送り込まれてしまう。そこはMCPによる独裁であらゆるプログラムがネットを通じて集められ、逆らうものは強制的にゲームへ参加させて殺し合わせるディストピアだった。
そんな中で、フリンはアランそっくりの1人のプログラムと出会う。実は彼こそが、MCP破壊の任を帯びてアランに送り込まれたプログラム・トロンだった。

キャスト

ケヴィン・フリン:ジェフ・ブリッジス
トロン:ブルース・ボックスライトナー(※1)
ヨーリ:シンディ・モーガン(※1)
レッドサーク(サーク指揮官):デビッド・ワーナー(※2)
MCP(マスター・コントロール・プログラム):デビッド・ワーナー(※2)
アラン・ブラッドリー:ブルース・ボックスライトナー(※1)
ローラ:シンディ・モーガン(※1)
エド・デリンジャー:デビッド・ワーナー(※2)

(※1)一人二役。
(※2)一人三役。ただし吹き替えではデリンジャー&サーク役の声優とMCP役の声優は別々になっている。

関連タグ

ディズニー映画 アメリカ映画 SF映画

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「TRON」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415575

コメント