ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

金田「乗りたいか?鉄雄!俺用に改良したバイクだ!ピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ

山形「そんなのに乗ってる方が気が知れねぇぜ!」

鉄雄「乗れるさ…」

金田「ハハッ!欲しけりゃな、お前もデカイのブン盗りな!」


概要

AKIRA」の主人公、金田正太郎バイク

開発会社や機種名などは不明であり、持ち主である金田の名前を貰って『金田バイク』、もしくは『金田のバイク』と呼ばれている。

英語圏でもそのまま「Shotaro Kaneda's Bike」または「AKIRA BIKE」と呼ばれている。

上記のやり取りを見る限り元は盗品らしく、ネタ混じりに「金田のバイク(金田のじゃない)」と揶揄される場面も。

金田のバイク

作者の大友克洋曰く、最初にインスピレーションを受けたのはディズニー映画「TRON」に登場するシド・ミードがデザインした光電子バイク「ライトサイクル」で、それを縦に半分に割ったものをベースに、様々なメカデザインの要素を取り入れていったらしい。


その独創的なシルエットは公開から20年以上が経った今尚『SFバイク』の代名詞的存在として、幾多のフィクション・バイクや現実のバイクにも影響を与えている。

その影響力はハリウッドにも及び、バイクジャンルの1つ、ビッグスクーターはこの金田バイクが発想の元となっている。


性能

どう見ても1人乗り用だが、原作の金田曰く「80kg以下ならなんとか乗れる」らしく、リアカウルを外して内部フレームを座席代わりにしたり、操縦席に無理矢理2人乗りしているシーンもある。

健康優良不良少年【腐】きんてつ【?】

映画版では「両輪駆動でバックが出来る」「コンピューター制御のABS付き」「1万2千回転の200馬力」「エンジン5000回転以下でギアチェンジするとエンストを起こす」など、細かく設定が加えられている。


ガソリン発電によって両輪のコイルを回転させて走行する、自動車で例えるならシリーズ式ハイブリッドである。

走行時にホイールからスパークが迸る(公式曰く「コイルが超伝導を起こすため」)様はとてもカッコイイ。

ただし、エンジンを発電専用に使うこのバイクの場合、エンジンを高回転させる必要は無いので、1万2千回転とはコイルの回転と思われる。作中で「やっとモーターのコイルが温まってきたところだぜ」とのセリフがあるが、実際にはモーターは加熱すると磁力が下がり性能が低下する(現代の技術における観点である点には留意)。


現実では、電子制御ABSは大型バイクから原付まで幅広く搭載されており、200馬力の出力も市販状態で到達している車種が複数あり、令和突入時点において実現しているスペックである。


金田スライドブレーキ

ずさー

劇場版の冒頭で描かれる敵対チームとの抗争シーンで、リーダー同士のチキンレース(道路のセンターライン上を向かい合わせに走り、先に避けた方が負け)に勝利した際に見せた「地面に足を着けながらスライドして停車するシーン」を指す(拡大解釈され、今日では「バイクを横滑りしながら斜めに停車させる」イメージが多い)


構図の一つとして様々な作品でオマージュされている。


客演

2018年に劇場公開された映画『レディ・プレイヤー1』においてアルテミス(サマンサ)が仮想世界「オアシス」にて搭乗するバイクとして登場。


NHKスペシャル『東京リボーン』では「AKIRAのシンボルキャラクター」として金田のコスチュームを纏ったライダーが金田バイクに跨り東京の街を疾走する。ライダーの声を演じているのは松坂桃李


関連タグ

AKIRA 金田正太郎(AKIRA) バイク


メタルマックス2リローデッド:プレイアブル車両の中に明らかにこれをモチーフにしたと思われるバイク・サイファイが存在する。しかも赤いカラーパターンの名称が『キラァレッド』であるなどの確信犯ぶりも。

関連記事

親記事

金田正太郎(AKIRA) かねだしょうたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2293896

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました