ピクシブ百科事典

フランケンザウルス

ふらんけんざうるす

フランケンザウルスとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場する怪重機。

概要

元宇宙警察のメカニックで、白鳥スワンに恨みを持つポッペン星人ハイマルエージェント・アブレラにそそのかされて製作した怪重機

事前にハイマルが購入したデビルキャプチャーがデカレンジャーロボと戦った戦闘データをもとに、これまでデカレンジャーたちが戦ってきた怪重機のパーツが使用されている。ただしビグドローワーメガロリアナイトチェイサーハンタージェットキャノングラディエーターなど使われていない怪重機もある。

部位元になった怪重機備考
頭部オリジナル-
胸部ミリオンミサイル無尽蔵のミサイルを発射する
テリブルテーラー強力なドリルを持つ
腹部ファンクラッシャーなんでも破砕するファンを持つ
尻尾デビルキャプチャー先端にデビルクロウが装備されている
ゴッドパウンダーパワフルな高速タックル用ブースター装備
下半身シノビシャドー非常に身軽

合体している怪重機の能力を余すことなく使用でき、体を高速回転させながら各パーツで相手に大ダメージを与えるフランケンハイパークラッシュという必殺技を持つ。コックピットはなく外部からリモコンで操縦する。
その動力源には地球の半分を吹き飛ばせる威力の大爆発を起こす危険性のあるハイマルリアクターという物質がつかわれておりうかつな攻撃は地球を破壊しかねない。
そのすさまじいパワーでスワン不在で調子の出ないスーパーデカレンジャーロボを圧倒し、最終的には破壊する。これにはアブレラも「私にもやらせてくれ!」と大興奮。

しかし追い詰められたアブレラによりハイマルリアクターが暴走させられ、地球の半分を吹き飛ばす規模の爆発を起こしかねない状態になったが、スワンがそろばんを使った計算によってハイマルリアクターは無力化。
その後デカウイングロボに宇宙に運ばれ、ファイナルバスターで破壊された。

関連項目

怪重機

関連記事

親記事

怪重機 かいじゅうき

兄弟記事

コメント