ピクシブ百科事典

ヴィクター・フランケンシュタイン(鬼太郎)

きたろうのゔぃくたーふらんけんしゅたいん

ヴィクター・フランケンシュタインとは、6期ゲゲゲの鬼太郎の新章“西洋妖怪編”の登場人物の1人。
目次[非表示]

CV:白石涼子

概要

バックベアード率いる西洋妖怪軍団の大幹部にして、マッドサイエンティストである西洋妖怪三人衆の一人。

今作におけるゲゲゲの鬼太郎フランケンシュタインに当たる人物で、名前はフランケンシュタインを創造した医学生からきているものであり、そういう意味では彼の作った人造人間が本当に創造主の名前を奪い取ったといってもいいかもしれない。

ちなみに元ネタ的には、厳密には妖怪に分類されるか微妙な部分もあるが、あんまり気にしてはいけない。というより一般的に映画の影響で妖怪の一種として認識されてきたのが現状だったりもするのだが………。一応現在は本物の妖怪の一体と認知されてはいる。

残虐で極悪非道な性格をしており、普段は少年のような姿をしているが一度泣き出すと、巨大な体躯の人造人間形態へと変身する。

ゲゲゲの鬼太郎29話。


また高慢な面も多く、同僚のヴォルフガングカミーラを小馬鹿にする態度を取ったり、上司であるアデルに対してもタメ口をきく。さすがに首領のバックベアードには敬語だが。
犬山まなに一目惚れするなど美女には弱い一面も見せ、意外な間抜けさもあるが、それだけに狂気じみた言動や表情を嬉々として見せるといった屈折した精神の持ち主である事が示唆されている。

公式によると軍団随一の科学者ということで、その科学力自体は本物である。第28話では彼の研究成果らしき魔獣を自身の研究室で作成し、ゲゲゲの森襲撃時に連れてきている描写が存在する。

激情をあらわにするとメガネにヒビが入るのも特徴の一つ。

第37話でバックベアードが倒されると他の幹部達と共に姿を消した。
その後はカミーラが集めた血をもとにベアード復活のための研究を続けていたが、復活に必要な強烈なインパクトが足りずにいた。しかし第94話でぬらりひょんが持ってきた富士のエネルギーの力でベアードを復活させる事に成功し、それに伴いぬらりひょんと手を組む。
第96話では、裏切ったぬらりひょんに西洋妖怪が苦手とする神聖なレックス・ネモレンシスの血液入りワインを飲まされた上、バックべアードに吸収され消滅した。
最終話では、暴走したバックベアードが倒された際に4つの魂が出現した描写があるが、その後の消息は不明。

余談

担当声優の白石は前作では少年役やモブ妖怪役でゲスト出演しており、今作において幹部キャラクターに昇格した。

歴代のフランケンというよりも、原作の「死神大戦記」や「お化け旅行」に登場したジキル博士の方にキャラクターが似ているが、やはり見た目は異なる。

関連項目

西洋妖怪編 6期鬼太郎 フランケンシュタインの怪物 マッドサイエンティスト
ジキルとハイド
遠松エイジ…中の人が代役ながら演じた発明家繋がり。

関連記事

親記事

西洋妖怪編 せいようようかいへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィクター・フランケンシュタイン(鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18329

コメント