ピクシブ百科事典

狼男ヴォルフガング

おおかみおとこゔぉるふがんぐ

狼男ヴォルフガングとは、6期ゲゲゲの鬼太郎の新章“西洋妖怪編”の登場人物の1人。※メインイラストは人間態時のもの。
目次[非表示]

CV:草尾毅

概要

バックベアード率いる西洋妖怪軍団の大幹部で、西洋妖怪三人衆の一人である狼男
アデルから“アルカナの指輪”を持ち出し逃げたアニエスを連れ戻すように命じられ、彼女を追って南方妖怪の故郷(恐らくマレーシア辺り)を滅ぼした後、日本へと上陸する。

普段は葉巻を愛用する旧シリーズの狼男の様に紅色のスーツを着た茶髪が特徴的なダンディズムな髭面の男性の姿で活動している。
少なくともアデルとアニエスが幼い時から彼女たちの一族に仕えて来た人物で、自信家かつ殺害を楽しむ残忍な性格をしており、西洋妖怪以外の妖怪たちを見下している節が垣間見える。

狼男としての本性を現すと、胸に十字型の文様が浮き出た全身紅色の毛皮で覆われた姿へと変貌する。なお、伝承とは違って特異体質なのか満月の夜にならずとも狼男への変身が可能であるもよう。ただし後述のように、やはり満月による変身よりは、自身が言ってるように能力的に若干劣る。

高い身体能力と再生能力を有しており、それを活かした接近戦による格闘術を得意としている。
また、耳長を始めとする南方妖怪たちを人間態のままで虐殺し、真の姿となると鬼太郎以外(ねずみ男はさっさとその場から逃げ出しているので除外)の鬼太郎ファミリーを一瞬にしてほぼ戦闘不能状態へと追い込み、鬼太郎の指鉄砲にも再生能力をいかんなく発揮して長時間耐え続ける等、強大な戦闘能力を誇っている。

唯一の弱点は伝承と同じく銀の銃弾で、鬼太郎と初めて相まみえた時はアニエスから託された銀の銃弾を鬼太郎に指鉄砲で撃ち込まれ大ダメージを負い、撤退へと追い込まれている。

が、やはり彼の真価は満月の夜にこそ発揮することが第28話で判明しており、満月の夜になるとただでさえ高い身体能力や再生能力が一段とアップするのと同時に、動体視力も極めて高い状態となってしまう。
こうなると水を得た魚の如き本領を発揮する為に恐怖の難敵と化し、弱点である銀の銃弾すらも口で受け止め難なく交わしてしまうなど、本人が言う様にまさに不死身としか思えない様な実力を発揮する。つまり銀の銃弾を使うなら、昼間の人間態の時が一番有効であるように示唆される。
しかし、鬼太郎がアニエスの魔法で潜在能力を強引に最大化させて、鬼太郎自身の怒りも発動したために想定外の強さを見せられ、思わぬダメージを受けてしまう。
そのため、一度鬼太郎に敗北した事から彼を倒す事に人一倍執着心を持っている模様。

バックベアードの敗北に伴い、他の幹部達とともに姿を消した。


余談

  • ヴォルフガングは、古い時代の高地ドイツ語に由来する名。ヴォルフ=「wolf(狼)」とガング=「gang(道)」で「狼の道」という意味になる。
  • 担当声優の草尾は、4期では傘ばけなどの妖怪役でゲスト出演し、5期ではろくろ首の恋人である人間の大学生・鷲尾誠役で準レギュラーだった。今作において敵軍団の幹部キャラクターに昇格した。



関連項目

6期鬼太郎 西洋妖怪 狼男 西洋妖怪編

関連記事

親記事

西洋妖怪編 せいようようかいへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「狼男ヴォルフガング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21056

コメント