ピクシブ百科事典

アデル(ゲゲゲの鬼太郎)

げげげのきたろうのあでる

アデルとは、6期ゲゲゲの鬼太郎の新章、“西洋妖怪編”の登場人物の1人。
目次[非表示]

「お前は間違った選択ばかりをする。違うか、アニエス?」

CV:ゆかな

概要

バックベアード率いる西洋妖怪軍団の最高幹部にして女将軍を務める、大人びた雰囲気の漂う長い銀髪と悪魔を彷彿とさせる鋭い爪の赤い手甲と甲冑のようなものを着込んだ魔女

アニエスの実の姉であり、自由奔放な妹と違い冷徹非情ながら実直な性格で、代々バックベアードに仕えて来た魔女の名門の家柄に誇りを持っており、事もあろうに主であるベアードに反旗を翻し裏切り行為に走った妹に対して激しい怒りを思えている。ベアードに対しては純粋に忠誠心を抱いている。妹からは母親を見殺しにしたと恨まれ、母の死後は呼び捨てにされている。

強大な魔力を有しており宝石を用いた魔術を心得ているようで、初登場時では光の剣を無数に生みだして攻撃するほか、第三者に自身の魔力で作り上げた結界魔法を託す、第28話ではゲゲゲの森にいつの間にか仕掛けられた無数の宝石を通して爆炎を起こし森を焼く、結界魔法を応用したシールドを展開して攻撃を防ぐ、自身の背中に羽の様なものを出現させて飛翔する等々、その力の一端を垣間見せている。
想定外の鬼太郎の底力には驚愕するが、ボスのベアードをして鬼太郎の事を「お前を手こずらせるほどの相手」と言わしめた事からも、アデルの実力が軍団内でもトップクラスで苦戦する事は珍しい程の強さであり、ベアードからも認められていることを暗示している。

西洋妖怪軍団内での立場はかなり強いようで、妹が計画に大いに支障をきたす裏切りをしてもヴォルフガングカミーラといった幹部達からは、「様」付けで呼ばれている。

余談

主たるベアードが推し進める「人間たちを妖怪奴隷へ変え、世界の全てを支配する」計画、通称“ブリガドーン計画”に必要不可欠な“アルカナの指輪”を持ち出した妹に対して上記のセリフを投げかけているが、あくまでも自身の運命に逆らうこと無く堅実に生きている様に見える彼女だが、逆に変えれば後にねずみ男に言われた事が切っ掛けとなり、運命から逃げ続けるのではなく運命を変える為に立ち向かう決意をした妹のアニエスとは違い、ただ自身の運命に翻弄され続けるある意味では楽な、見方を変えれば息苦しい生き方と捉える事もできる為、もしかするとその生き方こそが彼女の弱さなのかもしれない。

ちなみにファイナルファンタジーシリーズにも同名の魔女が存在する為、イラストを投稿したり、探す際は後ろに鬼太郎と付けた方が良いかもしれない。

担当声優のゆかなは、4期と5期では人間の娘役でゲスト出演し、6期でも犬山まなの同級生・房野きらら役で既にゲスト出演しており、西洋妖怪編から敵軍団の幹部キャラクターに昇格した。

関連項目

魔女 アニエス 西洋妖怪編 6期鬼太郎
ザンビア5期に登場した魔女で、容姿は現代的な魔女っ娘キャラ。その外見や奔放な性格からして、どちらかと言えば妹・アニエスの前身的な存在に近いが、ベアードに純真な忠誠を誓ってる点ではアデルの方が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「アデル(ゲゲゲの鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9884

コメント