ピクシブ百科事典

巻原定男

まきはらさだお

幽遊白書の登場人物。
目次[非表示]

概要

声:石田敦

幽遊白書の登場人物で、仙水が集めた仙水ファミリーの一員。細目をした大柄な青年。年齢と生年月日、血液型、家族構成は不明。
天沼と共に、次元を切り裂く能力に目覚めた桑原和真を拘束・誘拐する。
原作では天沼と共に桑原を誘拐しに現れた所が初登場。アニメ版では、御手洗敗北後に戸愚呂(兄)を“食う”場面で登場している。(ただし、この時点では胸元から上は影で隠れている)

自らの能力「美食家(グルメ)」で幽助達の協力者であった室田繁、生き延びていた戸愚呂(兄)を取り込むが、後者は吸収しきれず徐々に精神を蝕まれ、逆に肉体と能力を乗っ取られてしまう。錯乱と自傷行為の末に、桑原を拉致する時期には完全に侵食されており、肉体は体内に寄生している戸愚呂(兄)によって支配されていた。

その後、入魔洞窟にて蔵馬によって頭部を損壊した事で、“巻原定男”は事実上、完全な死亡を遂げたと言える。残された肉体も邪念樹に寄生された戸愚呂(兄)と命運を共にする羽目となり、今も洞窟内にて無間地獄を彷徨っている。(原作ではこの事が枠外に要訳して走り書きされていたが、アニメ版では一部のファンからは霊界特防隊に発見され抹消されたのではと推察されている)

戸愚呂兄&邪念樹


それ故にファミリーの中では仙水を除き唯一生還しておらず、それぞれの後日談を描いたエピローグの回でも彼だけハブられ生年月日なども語られていない

戸愚呂(兄)を“食った”経緯についての補足

原作では御手洗が巻原の能力や彼が戸愚呂(兄)を“食って”その能力を得る場面を目撃しているが、アニメ版では御手洗敗北後に戸愚呂(兄)を“食う”場面が描かれている。
それ故にアニメ版で御手洗が目撃した犠牲者は不明で、この事や海藤が自身の能力を知るために研究や実験をしていた事を考えると、室田や戸愚呂(兄)以外にも“試食”した相手が複数人いるのではと推測されている。

ちなみに、このアニメ版での巻原は刃霧に連れられる形で姿を見せており、刃霧と同席していた仙水が目撃者となっている。

裏設定など

後に明かされた設定では、高校時代は動作が鈍く不器用な立ち振る舞いから、同級生に「ウシ」というあだ名で呼ばれていたとの事。なお桑原からは「デブ」と評されているが、その割にアニメ版では結構鍛えているマッチョに描かれていた。また、常日頃から「楽をして成績を上げたい。運動神経をよくしたい。強くなりたい。色々な能力を身につけたい」という欲求を抱いており、努力が苦手な様子であった。そんな彼がどのような経緯で仙水に勧誘され、人間界を破滅させる計画に加担したのかは不明。
ちなみに、「美食家(グルメ)」という能力名からも分かるように元から食べる事が趣味であり、この嗜好と上記の願望によって能力に目覚める事となったと思われる。

外見及び苗字のモデルは、恐らく槇原敬之氏。

能力名: 美食家グルメ

超17号のセルの吸収の仕方


(※画像はイメージです)

他の能力者を肉体ごと丸呑みし、取り込んだ相手の能力を得る事が可能。作中では戸愚呂(兄)の身体を変形させる「武態」能力、室田の読心能力である「盗聴(タッピング)」を使用した。アニメ版では両者共に捕食シーンが描写されており、軽くトラウマものとなっている。
完全な余談だが、能力の一環なのか元から口内が人間離れして広大なのかは不明だが、アニメ版ではハンバーガー1個を一口で丸呑みしている。

領域(テリトリー)は巻原の体内に存在し、経口摂取した能力者を領域内で分解吸収しその能力を会得する。相手を“食べる”度に強くなっていくが、やはり例外というものは存在するようで、不死身である戸愚呂(兄)のように場合によっては消化不良を起こす弱点を抱えている。
これは“食われた”対象は基本的に助かる術は無いと同時に、裏を返せば巻原自身も一度“食った”対象は体外へ“吐き出す”事が不可能である事を表している。

関連イラスト

【ing!8】 幽白新刊のお知らせです。
開戦前夜
オレたち7人で墓を掘る
仙水ファミリー



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「巻原定男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4334

コメント