ピクシブ百科事典

御手洗清志

みたらいきよし

『幽遊白書』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:松本梨香

幽遊白書の登場人物。魔界の扉編の仙水一味、仙水ファミリーの一員である。14歳。A型。2月10日生まれ。家族は両親と姉との4人暮らし。
顔立ちは中性的な美形で、栗色をした特徴的な癖のある髪(幻海が短髪になったような感じ)をしている。
作中の描写から、同じファミリーの天沼とはそれなりに交流があったようだが、神谷の事はその性格から良い印象は抱いていない模様。巻原が「美食家(グルメ)」の能力を使っている様子を目撃しており、この時に犠牲になった戸愚呂(兄)の事も知っていた(※注)。

元はいじめられっ子で、学校にていじめを受ける生活(アニメ版より)の中で能力に目覚め、後に仙水に勧誘され仲間となった。学校生活の過程で軽い人間不信に陥っていたが、仙水に見せられた人間の暗黒面を記録した『黒の章』のビデオによって、それが決定打となってしまう。しかし、無自覚ではあったが心の奥底で誰かに救われる事を望んでいたようである。
本来の性格は内気かつ気弱ながら、根が真面目ではっきりとした自己主張も出来る。作中では成長描写があり、天沼とのゲームバトルでのやり取りの他に、幽助を抹殺しようとした霊界特防隊に怖じる事無く異議を唱えるなど、いざという場面では毅然とした立ち振る舞いを見せている。なお、彼がいじめらた理由は特に明かされていないが、ユーザーからは専ら苗字が原因じゃないかと言われている模様。

作中では、仙水の指示で最初に蟲寄市に訪れた蔵馬一行の監視をしていたが、後に一時的に霊力を失った桑原の単独行動に目を付け、自身の能力を活かせる雨天の中で襲撃する。桑原と舎弟達を生み出した液体生物の内部へ閉じ込め、あと一歩まで追い詰めるものの、次元刀の能力に目覚めた桑原に液体生物ごと身体を斬られ負傷し、脱出を許してしまった。死を覚悟した彼であったが、桑原に助けられ幽助の住むマンションに運び込まれ傷の手当てを受けた。その後は迂余曲折を経て彼らの仲間になり、入魔洞窟内部の案内など幽助たちをサポートした。

なお、御手洗が幽助側に寝返る事は仙水の計算の内で、予め御手洗に盗聴器を仕掛けており、これによって桑原の次元刀の存在が仙水側に知られる事となった。
アニメ化の際には、襲撃前に桑原のいるライブ会場前での仙水との会話シーンが追加されており、恐らくこの時に盗聴器を仕掛けられたのではないかと思われる。(後に都内のアジトの一室にて、仙水が設置されている受信機から会話を盗聴していた事を表すシーンが描かれている)

事件解決後は天沼と共に元の生活に戻った事を恩人である桑原に手紙で伝えており、御手洗は担任である教師との進路相談で成績不振を懸念されながらも巻き返し志望校に合格。原作では、進学後に国際ボランティアの道を進んだ事が語られている。


※注……アニメ版で戸愚呂(兄)が巻原に“食われた”のは御手洗が桑原に敗北した後のため、こちらでは誰が“食われている”のを目撃したのかは明確になっていない。

裏設定など

後に明かされた設定では、過去に溺れた経験から密かに水への恐怖心を抱いていた事が判明。そのようなトラウマを抱えながらも、五年間ほどスイミングスクールに通っていて泳ぎが得意であったが、本編が始まる少し前に辞退している。辞退の理由は前述のトラウマによるものではなく、水着姿の女性を性的視線で捉えてしまう自己嫌悪によるもの。そういった感情は年頃の男の子なのでごく自然と捉える事も出来るが、彼自身は善としないようでやはり真面目な人物である。この水との密接な関わりと心境が、下記の「水兵(シーマン)」の能力に目覚める要因になった。

また、下記のように戦闘向きの能力を持つものの格闘ゲームなどの外部出演は適わず、仙水ファミリーでの領域の能力者における参加枠は、神谷や刃霧に振られている。……ストライカー戦法本体と液体生物との同時攻撃といった性能で行けそうなのに。

ちなみに中性的な美形のためか、pixiv内では仙水ファミリーの中でトップクラスのイラスト投稿率を誇っている(※2015年度現在)他に、仙水と樹以外で過去に発売されたDVDでのパッケージイラストに採用された事もある
あと、一部ではそっち系統で人気があったり無かったり、いじめられっ子という設定もたまに拡大解釈されたりとかされないとか。
……なんというか一部の方々が彼を性的視線で捉えてしまう、ある種の逆転現象が起こっている。

能力名:水兵シーマン

シーマン


ドリームキャストで発売された育成シュミレーションゲームの人面魚……ではなく、自身の血液を別の液体に混ぜ、液状生物を生み出し使役する能力。領域(テリトリー)の範囲は、作り出した液体生物の内部に存在するため“不定形”。液体生物の大きさと強さは、混ぜた血液の量が多い程に増していく。また、行動特性は御手洗の命令以外にも、ある程度は自律行動するだけの知能を持つ。大小を問わず、元が液体であるために身体を様々な形状に変形させる事が可能で、破壊してもすぐに復元してしまう。

なお、領域である液体生物の内部は外界から遮断された異空間であり、取り込まれた場合は空間を超越するか御手洗本人を倒さない限り脱出は不可能。御手洗自身は直接の戦闘に向かない脆弱さであるが、その能力の特性上、彼に与えたダメージが致命傷でもない限りは出血によって危険度が増す可能性がある。また、作中のような雨天時といった水に富んだ戦場では、文字通り彼の“領域”そのものとなるために、総合的に決して侮れない能力と言える。

関連イラスト

【リク】御手洗君と液体生物君
液体生物に夏休みの宿題を手伝わせる御手洗くん
御手洗くんにポケモンマスターを目指してもらいました。
開戦前夜



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「御手洗清志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116897

コメント