2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「Come on! コン・コン・コング!」

「バディアップ!」
アーム!ストロング!戦いのゴング!鳴らせ!コング!」
ドラミングキター!

狩崎「予想外の展開…キター!」
バイス「ウッホホーイ!」

概要

コングバイスタンプを使用してゲノムチェンジする仮面ライダーリバイスの形態。第8話から登場。
凄まじい腕力を持つ霊長類ゴリラ仮面ライダーフォーゼをモチーフとしている。

仮面ライダーエビルとの激突時に相手からスタンプを奪取する形で変身した予想外の形態だが、一輝とバイスの戦闘経験がそれなりに積み上がってきたためか初戦でエビル・ジャッカルゲノムを撃破する戦果を上げている。

しかし、よりによって初登場の翌々週に同じパワー型のブラキオゲノムが登場してしまったため、何気にこの形態でデッドマンを撃破したことはなかったりする(一応エビルを倒しているだけプテラゲノム辺りに比べればマシではあるが)。

ただ、出番に恵まれていないのかと言えば別にそんなこともなく、第16話、第20話、第22話、第33話など複数の回で相応に目立つ活躍をしているので、比較的後期に登場したゲノムチェンジフォームとしては中々の健闘ぶりと言える。

スペック&外見

リバイ

仮面ライダーリバイ コングゲノム


身長198.9cm
体重109.7kg
パンチ力20.4t
キック力19.5t
ジャンプ力18.4m(ひと跳び)
走力4.3秒(100m)
ゴリラの顔の上からオレンジ色の複眼を被せたような顔。複眼と複眼の間からはゴリラの顔が覗く。
胸部は「ハーディングトルソー」を再現した物になっており、背中の「スラストマニューバー」に当たる部分はゴリラの顔になっている。

両腕に装備するグローブ「コングリバイパンチャー」はドリルタービンを回転させて威力を向上させたり、敵に向かって射出させる事も可能。全身から繰り出される怪力や射出の際にコングリバイブーツから「バナンナスパイク」が飛び出す事により、コングバイパンチャーのパワーに振り回される事なく、「コングリバイアイ」で打撃の効率化を測りながら精密性を損なわない戦い方が可能である。

バイス

仮面ライダーバイス コングゲノム


身長207.3cm
体重121.5kg
パンチ力20.1t
キック力17.9t
ジャンプ力20.1m(ひと跳び)
走力4.1秒(100m)
リバイとは対照的に足先までマッシブになった巨体が特徴。
ゴリラを模した「ゲノメット」は他のゲノムチェンジに比べて頭部全体を覆うほど大きく、身体のシルエットも横に広いため宇宙服を着ているようにも見える(首の無いゴツイ体型は本家のマグネットステイツを意識しているのかも知れない)。
最早ゴリラと言うよりはイエティ等の人型の未確認生命体の様であり、デカさ的にはアナザーフォーゼも想起させる。「コングゲノブレイサー」と「コングゲノレガース」と呼ばれる巨大化した手足が特徴的で、「コングゲノブレイサー」は敵に向かって射出させる事も可能
設定上ではナックルウォーキングを行う事で森林の様な環境でも活動し易くなっている。
尻尾部分の「コングゲノテール」は第三の手足と呼ばれており、打撃を行うが、そこまで来るとゴリラと言うよりはクモザルの様なオナガザルの領域である。また、遠距離攻撃に特化した視力を持つとテレビ朝日公式サイトで紹介されている。

ジョージ・狩崎はパンチシステムを「ジャイアントハンドロケットスタンパーモジュール」というアストロスイッチの名前を混ぜこぜにしたネーミングにしようとしたが、結局長すぎてパンチデマッシグラー落ち着いた

リバイスコング

「必殺!キング!パンチング!コング!

逆立ちしたバイスの尻尾にリバイがしがみついてリミックス変身した姿。
バイスが胴体を、リバイが背中で頭部を構成する。
ゴリラ特有のパワーに優れた近接戦で相手を圧倒する。

必殺技

  • コングスタンピングフィニッシュ


バイスタンプを2回倒して発動。
前腕に装備された「コングリバイパンチャー」及び「コングゲノブレイサー」を相手に向けてロケット射出する

コングバイスタンプ

リバイス コングゲノム


「コング!」

高い知能と怪力を併せ持つ森の霊長類「ゴリラ」の力と平成ライダー13作目の主人公「仮面ライダーフォーゼ」の意匠をモチーフにしたバイスタンプ。
カラーはフォーゼのマスク部分がオレンジ、コング部分がシアンとなっている。

第5話で何者かによってライオンプロトバイスタンプと共にフェニックスから盗まれていた。

第8話でエビルツーサイドライバーに押印して必殺技を発動したが、リバイの必殺技とぶつかり合った際に双方のスタンプが入れ替わる形で落とした。ジャッカルバイスタンプはエビルの手に渡り、こちらは一輝の手に渡った。

DXガンデフォン50でのバイスタンプ講座音声では「パワーと言ったらコレしかない!」「こいつの力で宇宙までぶっとばすぜ!」との事。

余談

  • 変身音声はゴリラの腕力と宇宙飛行士のニール・アームストロングを掛けた非常に秀逸な物となっている。詳しくは当項目を参照するが、彼は人類で初めて月面に降り立った人物であり、活動拠点が月面にあるフォーゼとはとてもマッチした物となっている。
    • この人物が残した言葉「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である。」もフォーゼの挿入歌「Giant Step」の元ネタとなっている。また、「ドラミングキター!」は「宇宙キター!」とゴリラのドラミングが元ネタになっている。
    • また、リミックス変身音声の「キング」はキングコングと学園ヒエラルキーの「キング」を掛けた物である。「パンチング!コング!」は前々作と被っているが恐らく偶然(尚、その作品には宇宙飛行士が登場したりする)。
      • …と言った様に、何故か他のゲノムチェンジと比べて元ネタが非常に凝っている。10周年の作品だからだろうか…。


  • 念の為補足するが、「コング」とは『キングコング』に登場する怪物のことであり、ゴリラの別名ではない。公式も把握している様でリバイの「コングエンブレスト」では「変身者をゴリラ(コング)の戦士に変える」と補足文がある。
    • しかし、ゴリラの別名のように使われているのも事実であり、ムチの別名(?)の「ビュート」や斬撃と言う意味(?)の「ストラッシュ」に近いだろう。

  • バイスタンプのカラーのオレンジとシアンはロケットステイツまたはシアン部分はフォーゼドライバーの部分と言う意見もある。





関連タグ

仮面ライダーリバイス ゲノムチェンジ
リバイス(仮面ライダー) 仮面ライダーリバイ 仮面ライダーバイス
フォーゼ 宇宙キター!
ゴリラ
コングゲノミクス
コング・デッドマン
仮面ライダージュウガ

サゴーゾコンボ/タカゴリバ/タカゴリタ/シャゴリーター/サゴリーター/ラゴリタ/シャゴリタ/ガタゴリーターゴリラモンドフォームパンチングコング:ゴリラをモチーフに取り込んだフォーム。
特に、パンチングコングはリミックス変身音の中に紛れていた為、コング繋がりで一部で話題になった(とはいえゴリラ/コング→腕力→パンチングで連想しやすいため被るのは必然だが)。またビルドではゴリラとロケットの組み合わせが同じ第8話で登場している。

サルブラザー30分後の類人猿系戦士繋がり。

ジャイアン:バイスとの中の人繋がり。彼は上述の通りから度々ゴリラとディスられる、もとい例えられる事がある(そしてその都度殴るお約束である)。

クリス・レッドフィールドバイスの中の人が後に吹き替えを担当するゴリラ繋がりのキャラクター。ただしこの時の時系列ではまだゴリラと化してはいないが。

ゲノムチェンジ
バッファローゲノムコングゲノムクロコダイルゲノム

フォーゼレジェンドライダーフォーム
2011 フォーゼオデッセイ※1 → コングゲノム → ???
※1 どの媒体においても変身していないがそれ以前の物は媒体には登場している。

関連記事

親記事

ゲノムチェンジ げのむちぇんじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コングゲノム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87559

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました