ピクシブ百科事典

イモリゲス

いもりげす

イモリゲスとは、仮面ライダーに登場するイモリ型改造人間の名称である。
目次[非表示]

「ショッカーは用のない者は殺す‼」
CV/山下啓介峰恵研(仮面ライダーV3)、槐柳二(正義の系譜)、辻村真人(76話次回予告ナレーション)

能力・特徴

体色がモチーフとなったイモリとは似ても似つかない程に色彩が派手という特徴を持ち、自らのを液化してどんな場所にも侵入し、奇襲することが出来る。
を長く伸ばして標的を締め上げていく攻撃方法を持っており、この舌は高熱を発している為、普通の人間はたちまち一塵の灰と化してしまう。
ちなみに仮面ライダーV3で再生された時には火炎放射が出来るようになっていた。

概要

仮面ライダー』第77話「怪人イモリゲスじごく牧場の決斗!」に登場するイモリをモチーフにしたショッカーの13体の強化改造人間の1人。鳴き声「ケッケケケケ‼」

地獄大使が推し進める超音速機を格納するショッカー秘密飛行場を、伊香保温泉牧場地下に建設するために必要な作業員確保を使命としており、付近の住人たちを襲いは作業員として拉致し、は役に立たないとして次々に殺害していった。

少年ライダー隊と連絡で駆け付けた本郷猛=仮面ライダー新1号と激しい攻防戦を繰り広げ、『ライダーキック』に持ちこたえて自らの体を液化。
に紛れて油断した新1号に奇襲を仕掛け片を舌で絡めとるが、逆にもう片方の足で舌を踏みつけられて大ダメージを負った所へ決死の『イダースクリューキック』を受けてしまう。
それでもなお立ち上り新1号や、現場へとやって来たおやっさんを戦慄させるが、力尽き爆散。死滅した。

その後の活躍

仮面ライダーV3』第27話、第28話においてデストロンの手でシオマネキングドクダリアンウニドグマらと共に再生させられ、以前ダブルライダーと死闘を演じたドクトルGが推し進めるギラードガンマーによる『日本全滅作戦』を補佐する。
再生前と比べて赤みを帯びた色合いになっていた。

ワナゲクワガタを追跡するV3の前にシオマネキングと現れ、互角以上の戦いを繰り広げる。
その後、デストロン基地に潜入したV3をシオマネキングと共に押さえつけ、ドクタリアンが発動させた罠を仕掛けた地下室へとV3共々落ち、そのまま爆死するという呆気ない最期を遂げた。

更にその後、PS2ゲームソフト『仮面ライダー 正義の系譜』において邪眼の手により再生復活を果たし、アギト編のボスキャラの1人として登場。
発電所の中央制御室で仮面ライダーアギトと交戦するが倒されてしまった。
色合いはV3のものに近かった。

関連項目

ショッカー怪人 イモリ 初代ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「イモリゲス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント