ピクシブ百科事典

ロストブレイズ

ろすとぶれいず

『ロストブレイズ』とは、タジャドルコンボ奇跡の技である
目次[非表示]

概要

仮面ライダーOOO』の最終回において登場したタジャドルコンボ必殺技の名称。
最終回において登場したタジャドルコンボのその強さと感動の演出から、最終回の特殊なタジャドルコンボの名称としても使われるがそんな設定は無く、あくまで必殺技名であり、最終回のタジャドルコンボも普段と変わらぬタジャドルコンボであり、形態名がロストブレイズというわけではない。
ただ、S.I.Cシリーズでこの状態のアレンジバージョンが「ロストブレイズver.」という名称とされた結果、あまりにもこの名称が広まってしまったため、技名だけでなく本形態を指す言葉にもなっていった。
この場でも最終回の特殊なタジャドルコンボとしても説明する。

コンボの構成に使用する鳥系コアメダルの内、タカメダルがアンクの意識を内包したコアであるために変身時の音声がアンクの声、変身完了後に通常のタジャドル変身時には無い六枚の金の翼が出現する攻撃時にアンクの幻が同時に攻撃を加えるなどと言った他のコンボでは見られない現象が発生する。
必殺技としては、変身者である火野映司の体内にある7枚の恐竜コアメダルをタジャスピナーに装填し、そのエネルギーを放って幻のアンクが放った火球と共に相手にぶつける、というもの。
直撃した恐竜グリードにはブラックホールが開き、彼はおろかメダルの器暴走形態すら飲み込んでしまった。

なお、上記をS.I.Cが独自の解釈でアレンジしたバージョンも存在する。
S.I.Cらしく、通常のタジャドルコンボよりもスピナーを始め全体的にをイメージした生物的なアレンジ、そして、頭部と右腕はアンクをイメージしたアレンジがされている。

劇中での活躍

最終話での世界の終末を巡る戦いの中、仮面ライダーオーズプトティラコンボで一度は恐竜グリードを撃破することに成功。しかし、メダルの器暴走形態により恐竜グリードは復活してしまう。

持てる全ての力を使い果たし、変身状態も解除された映司グリード化してでも再び恐竜グリードを倒そうとする。だがそれはアンクにより止められ、アンクは代わりに彼自身のコアメダルであるクジャク・コンドルの2枚を投げ、最後にグリードが絶対に手放す訳にはいかない意識コアであるタカメダルを映司に託した。

全てを受け取った映司だったが、彼にはグリード化の弊害でタカコアにヒビが入っていることが認識できていなかった。それでもケチでがめついアンクが、自らのメダルを、この瞬間に映司に託したことの意味を瞬時に察し、コアメダルをオーズドライバーにセットしていく。

「わかってる…お前がやれって言うなら、お前が本当にやりたい事なんだよな…」

「アンク、いくよ……変身!!」

そして、奇跡が起きた。

ロストブレイズ≪Re:Arrange ver.≫



タカ!クジャク!コンドル!』とアンクの声で変身したオーズは、苦戦をしていた恐竜グリードを圧倒的な力で攻めたて、さらにはアンクの幻も出現し共に追い詰めていく。
劣勢に陥りメダルの器暴走形態の内部へ逃げた恐竜グリードを、オーズは内なる恐竜コアメダル7枚全てをタジャスピナーに装填し追いかけ、アンクの攻撃に合わせ必殺のロストブレイズを放ち、ついに勝利を掴み取るのであった。

余談

上記の通り映司とアンクの絆の結晶とも言える状態、かつ最終回限定での登場と言った燃えるシチュエーションでの活躍だったため、ファン人気は非常に高い。
が、姿自体は普通のタジャドルコンボと一切変わらず、演出で盛り上げてくる活躍だったために、pixiv内でこのタグが付いたイラストは多くない。

最終回以前に公開された『劇場版仮面ライダーオーズ』でも、コアメダルが足りずに変身できない映司にアンクが意識コアを渡すシーンがある。同映画の脚本は本編同様小林靖子氏であるため、狙ってやったのだろう。

後年『仮面ライダードライブ』の終盤において、諸々似ている仮面ライダーチェイサーマッハが登場することとなった。

関連タグ

仮面ライダーOOO S.I.C
負ける気しないはず
火野映司 アンク
仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
最強フォーム 最終決戦仕様

pixivに投稿された作品 pixivで「ロストブレイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5266

コメント