ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガデラーザ

がでらーざ

ガデラーザとは、劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-に登場するモビルアーマー。
目次 [非表示]

「日頃の鬱憤を……晴らさせていただく!」


機体データ

形式番号GNMA-Y0002V
全長302m
全高86m
武装GNブラスター、GNファング、GNミサイル、隠し腕(GNビームガン、GNビームサーベル)
所属地球連邦平和維持軍
パイロットデカルト・シャーマン

機体デザインは鷲尾直広氏。

概要

純粋種のイノベイター専用に旧人類革新連盟の技術陣主導で開発された、戦艦級サイズの大型モビルアーマー。

レグナントの発展型にあたるが、アヘッド系MSやアルケーガンダムの流れも汲んでいるとされている(こちらも参照)。現在連邦に在籍するイノベイターがデカルト・シャーマンひとりだけであるため、実質彼の専用機となっている。

軍としては、これから数多く現れるであろうイノベイターを戦力に取り入れるためのテストケースとして、各種実験的な装備も搭載している。

そのため、これまでの兵器の系列からは大きく逸脱した外見と装備を有する。

これは、軍縮(軍備凝縮)の一環で「少数でも広い活動範囲を持てる機体」が求められたためでもある。


擬似太陽炉3基を直列に繋げた直列型太陽炉を2基と、胴体部に予備の合計7基の擬似太陽炉を搭載している(GNファングに使われているものも含めれば21基にも及ぶ)。

これらの疑似太陽炉の莫大な粒子生産量と出力により、巨体ながら航行速度はブレイヴと同等以上とされる。

トランザムの使用が可能かどうかは不明。


簡易的な可変機構を持ち、通常の航行モードと、左右のバインダー部などを展開した戦闘モードを持つ。頭部にあたる部位も存在しており、戦闘モード時の場面で一瞬だけ登場する。目が光る時の効果音もGN-Xシリーズと同じである。


その他多くの実験的機能を備え、これらの機能は全て脳量子波による思考制御によって運用される。

純粋種の持つ卓越した能力と相まって、その戦闘力は、MS小隊5個分(当時最新鋭機のGN-XⅣの小隊{MS3~5機}×五個)以上に匹敵するとされる。


その圧倒的火力で敵を一方的に殲滅する機体思想は、同じ純粋種用の機体でありながら「対話」による戦いの終結を目指した刹那のダブルオークアンタとは対極に位置する。


劇中こそ相手との相性が悪く、完全な活躍とはならなかったものの、ダブルオーライザーソレスタルビーイング第4世代ガンダム全機を纏めて相手にしても勝利できるというヴェーダのシミュレーション結果が出ている。よって、その気になれば師団クラスの艦隊をも一方的になぶり殺して壊滅に追いやることも可能であると推測される。


後に量産され、『機動戦士ガンダム00I 2314』のエピローグにガデラーザタイプのMAが2機登場している。

【電ホビ誌外伝】ELSガデラーザ様【00N】

漫画版や外伝『00N』ではガデラーザに擬態したELSが登場。本編に登場して欲しかったファンも多かった一方、ELSそのものがGNファング以上の兵器を無数に引き連れた、言わばガデラーザの上位互換に等しい存在であるため、出てきてもあまり意味がないという意見もある。


余談だが、ガンダムシリーズに登場するMAとしては617mのパトゥーリアにこそ及ばないものの最大級の全長を誇る。近い大きさのメカとしてはアニメ「天空の城ラピュタ」に登場する飛行戦艦ゴリアテ(全長312m、全高82m)がある。

こんな東京タワーばりのデカブツが下手な可変MSよりも速く飛び回り、艦船を一撃で吹き飛ばす極太ビームを放ち、100以上のファングを飛ばしてくると考えれば、この機体(そしてそんな機体をもってしても勝てなかったELS)のヤバさがわかるだろう。


武装

GNブラスター

全体の半分を占める機首を縦に2分割して展開される主砲で、大型艦を一撃で粉砕するほか、複数の艦艇を貫通させて撃沈させる威力を持つ。

砲撃後、即座に排熱処理が行われるため、連射は不可能。


GNファング

擬似太陽炉を内蔵するMSサイズの大きさの親ファングを下部のコンテナに計14基格納する(そのためファングの格納コンテナはMSの収容が可能なほど大きい)。

親ファング1基ごとに10基の子ファングが格納されており、機体全体の合計装備数は154基にも及ぶ。

粒子ビームのみならず、親ファングは両サイドに、子ファングは先端にビームサーベルを展開し、斬撃・刺突兵器としても使用できる。


GNミサイル

左右のバインダー内に搭載されているガデラーザ唯一の実体兵器。

片側16発ずつの計32発だが、射出された後、それぞれが8発ずつの小型GNミサイルを放出するため、一度に発射されるミサイルの数は合計256発という夥しい数となる。


隠し腕

左右のバインダー内に格納されており、戦闘モードに変形した際は機体上下にそれぞれ1対ずつの計4本が展開される。

ガデラーザ本体に比べるとか細いが、先端部にGNビームガンを装備しており、あらゆる方向に粒子ビームを発射(マシンガンのように連射することも可能)できる。また、銃口からはビームサーベルも発生可能である。

口径はヴァーチェのGNバズーカ並みらしい。


関連動画

関連タグ

機動戦士ガンダム00 A_wakening_of_the_Trailblazer デカルト・シャーマン モビルアーマー エンプラス レグナント アヘッド アルケーガンダム

デンドロビウム

関連記事

親記事

A_wakening_of_the_Trailblazer あうぇいくにんぐおぶざとれいるぶれいざー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44683

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました