ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

  • 身長:57m
  • 体重:5万5千t
  • 別名:深海怪獣
  • 出身地:西太平洋R海域

概要編集

第12話「深海からのSOS」に登場。

西太平洋のR海域にある石油プラントに突如出現した怪獣。GUTSのイルマ隊長が命名した。

元々は海に棲息していた普通の生命体だったのだが、近年の度重なる地下核実験による放射能の影響で怪獣になってしまった。そのため細胞には放射能が含まれている。


口から吐く水流や毒の泡、背鰭の先端から発射する光線が武器。


海洋科学研究所が魚を誘導するために使用した極超音波誘導発信システムに反応して研究所を襲撃し、ウルトラマンティガと対決。

水流を発射するふりをして光線を発射してティガを翻弄し、巨体を生かした圧し掛かり攻撃で圧倒したが、パワータイプタイプチェンジしたティガのミラクルバルーン光線で泡の中に閉じ込められ、ティガパワーパンチで殴り飛ばされた後にデラシウム光流で縮小されそのまま海に送り返された。


尚、この時ティガが現れてからはそれまでとは打って変わって、感情表現が実に多彩な様子(はしゃいだりなど)を見せていた。


その後の登場編集

ウルトラマンブレーザー編集

かつて出現した個体がGGFと交戦した記録があり、第2話ではナグラ・テルアキがGGFアメリカ本部と共同の討伐作戦に参加したことが地球防衛隊勤務記録書に記載されていた。


余談編集

デザインではスーツアクターの覗き穴を顎の下につけることを想定していたが、中に水が入ってしまうため顔の上につけられ頭部の位置も下げられたため、3頭身のような形態になってしまった。


脚本でのタイトルは「SOSディープブルー」だった。


関連タグ編集

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

水棲怪獣


哀しき悪役:実際、作中でも10年前に世界中で全面禁止されたはずの核実験のせいで、その犠牲者であると語られてもいる。


ゴジラ:言わずと知れた、怪獣ものの代表格。核実験の影響のせいで突然変異した生物が怪獣となって人類に襲い掛かるという、明らかにこのオマージュと思しき点から。尚、今回のレイロンス登場以前の昭和ウルトラシリーズでは、ゴメスジラースといったゴジラの着ぐるみを流用した怪獣が登場してもいる。

関連記事

親記事

ティガ怪獣 てぃがかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9040

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました