ピクシブ百科事典

三億円事件

さんおくえんじけん

昭和最大の事件といわれる窃盗事件。
目次[非表示]

概要

1968年12月10日、雨の降る東京都府中市で発生した窃盗事件
日本信託銀行から東京芝浦電気ボーナス約3億円を運んだ現金輸送車が府中刑務所側を走行中、白バイ隊員に化けた犯人に呼び止められ、「車内に爆弾がある」と巧みな話術で運転手達を動揺させ、発炎筒を使って爆弾と騒ぎ立てて運転手達を降ろさせ、その隙に現金ごと車を運転して強奪。
大量の遺留品があったが犯人の正体が分からずに1988年に時効が成立。
その暴力を一切使わず計画的に計略のみで大金を強奪し、未解決事件となった犯行から、日本の犯罪史上屈指の事件となった。
謎の多い事件ゆえ、様々な推理や解釈、都市伝説陰謀論が飛び交い、後年度々ドラマ化映画化がされた。
一方で、この事件が社員に手渡しするボーナスを運んでいたところを狙われたものであったことから、それまでは手渡しが一般的であった給与やボーナスの支給が銀行振り込み方式へと移行していくきっかけとなったと言われている。

ちなみに若き日の高田純次も容疑者リストに入っていたという。もちろん無実である。

事件を題材にした作品例


関連タグ

犯罪 事件 強盗 白バイ
中本賢(アパッチけん) この事件の手配書の写真に酷似していたことをネタにされたことがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「三億円事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25215

コメント