ピクシブ百科事典

吉備津彦

きびつひこ

吉備津彦とは、古代皇族の武人である。
目次[非表示]

概要

古事記』『日本書紀』に記載のある人物。『五十狭芹彦(いさせりひこ)』『彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)』とも。
七代天皇孝霊天皇の息子で第三皇子。兄弟の稚武彦命(わかたけひこのみこと)と共に吉備国を平定させ、十代目崇神天皇の代に四道将軍の一人に任命され、西道(山陽道)に遣わされた。

鬼退治の伝説

吉備岡山県南部)には彼が温羅というを討伐したという伝説が残っており、伝説によると、鬼ノ城に住んで地域を荒らし、暴虐ぶりで現地の人々を苦しめていた悪鬼・温羅を、吉備津彦命犬飼健(いぬかいたける)楽々森彦(ささもりひこ)留玉臣(とめたまおみ)という3人の家来と共に討ち倒し、その祟りを鎮めるために温羅を吉備津神社の釜の下に封じたとされている。

この伝説が後代に昔話「桃太郎」となったとされ、温羅の本拠地鬼ノ城が鬼ヶ島、討伐にあたって引き連れた臣下はそれぞれ、犬飼健が、楽々森彦が、留玉臣がのモデルとなったとされる。

上述の吉備平定の活躍と、岡山県(吉備国)の温羅(うら)伝説は、共に古代の大和政権と吉備国の対立構図を、桃太郎と鬼の争いになぞらえたとするものとされ、つまり鬼とは当時の地元民の抵抗勢力の隠喩とも言われ、蝦夷などの古来民族を敵視する古事記日本書紀などの流れを組んだ部分が強いことを示唆している。

この伝説は、岡山県において広く語り継がれている後に上田秋成が手掛けた読本『雨月物語』中の1編である『吉備津の釜』に登場する 、同神社の御釜殿(重要文化財)における鳴釜神事の謂われともなっている

ちなみに、家来の1人である犬飼健は犬養氏の始祖で、五・一五事件で暗殺された犬養毅首相の祖先であると言われている。

信仰

以上の事から旧吉備国地域(岡山県から広島県東部(福山市)にかけて)には吉備津彦を地域の祖神、温羅をその先触の神使として祀る吉備津彦信仰が根強い。かつての吉備国地域を構成していた国(備前国・備中国・備後国)における現位の一宮である吉備津彦神社(備前)吉備津神社(備中)吉備津神社(備後)の各社において主神として祀られるのが吉備津彦である。
また、同地より瀬戸内海を超えた讃岐国(現在の香川県)の一宮である田村神社の祭神「田村大神」にも吉備津彦が主神のひとつとして習合されている。これは田村大神の主柱が吉備津彦の姉である倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトヒモモソヒメ)であるため。

関連イラスト

吉備津彦


関連タグ

吉備津彦(ワンダーランドウォーズ)
皇族

pixivに投稿された作品 pixivで「吉備津彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133405

コメント