ピクシブ百科事典

タオ(グリムノーツ)

たお

「タオ(グリムノーツ)」とは、スクウェア・エニックスのスマートフォンRPG「グリムノーツ」の登場人物(メイン画像右端の人物)。
目次[非表示]

「『タオ・ファミリ―』、喧嘩祭りの始まりだぜ!」

概要

CV:江口拓也

『調律の巫女一行のメンバーである「空白の書」の持ち主の青年であり、同じくメンバーであるシェインの兄貴分。
ある出来事から故郷の想区を離れ、兄妹の契りを交わした彼女と二人で様々な想区を渡る旅をしていた。
その道中『調律の巫女』であるレイナと出会い、すったもんだの末彼女の護衛を引き受けている。気さくな性格であり、警護対象であるレイナを「お嬢」,新入りであるエクスを「坊主」(後に同格と認め、シェイン同様名前呼びに変更)と呼んでいる。
なお、彼の名前は故郷の言葉「桃」と書く(中国語の読みで「タオ」)。(某少年漫画に登場する、世界一の殺し屋さんを思い浮かべるとわかりやすいはずである。)

性格

一言でいうと三枚目な江戸っ子。誰に対しても気安い物腰で絡み、親しげに話す。何より人情に厚く、ノリのいい性格をしている。所々でボケをかますことで一行のムードメーカー的な存在となっており、おふざけが過ぎるとレイナやシェインにドつかれることもしばしば。
また影響されやすい性格であり、後述の「聖ジョージ」から教わった「ファミリー」という言葉を気に入り、メンバーを『タオ・ファミリー』と名付けている(ただしレイナは自身がリーダーと主張しており、その名前に納得していない)。
一方で好きなものは小豆和菓子といった甘いもの、幽霊などのスピリチュアルホラーを怖がるなど意外な一面がある。

過去

その名が示す通り『桃太郎の想区』出身で、幼い頃より「空白の書」を持っているのが原因で家族や周囲の住民たちから疎まれて育つ。
そのような状況を打破し、いつか『主役』のような誰もが認める存在になるという夢を叶えるため、修行を欠かさず行っていた。

そんなある日、彼の前に想区の『主役』である桃太郎一行が通りかかる。彼は桃太郎に「仲間に入れてくれ」と懇願、その潔さを気に入った桃太郎に願いは快諾され「タオ」という新しい名前をもらい本来は存在しない桃太郎の相棒となった。この道中で桃太郎に影響を受け、現在のような性格となった。

しかし、彼と鬼ヶ島で角の無い鬼として生まれ育ったシェイン、2人の「空白の書」の持ち主が一連の流れに加わったことが原因で本来の筋書きは捻じ曲げられ、鬼ヶ島での戦いは両陣営の相討ちという悲惨な結末を迎える。

自らが加入したことで運命が狂い、慕っていた桃太郎が命を落としたという事態を憂き誰もいなくなった鬼ヶ島の浜で一人途方に暮れる中、彼を生き残った桃太郎と思い込み仕留めようと近づいてきたシェインと出会う。しかし同じく「空白の書」の持ち主であったことから決められた運命がないまま運命に翻弄されることに疲れた彼女の本心を知り、自ら彼女に歩み寄る。やがて2人は意気投合し、霧の外にあるという他の世界の話をしながら義理の兄妹として生まれの想区から旅立つことになった。

その後、どこかの想区の砂漠にて2人して遭難している際に「聖ジョージ」と名乗る怪しげな男に助けられ、彼から『調律の巫女』を探す依頼を引き受けることになる。
無事に『調律の巫女』であるレイナを探すことに成功し彼女の護衛を引き受けようとするが、過去の出来事から大切な人を作り,戦いに巻き込んで失うことを怖れた当人から却下されてしまう。

……のだが、危うい感じがして放っておけないと後を追ってみれば直ぐ道に迷う(重度の方向音痴)わ、空腹で倒れる(路銀が尽きて丸2日野宿)わ旅人として赤点間違いなしの彼女のポンコツっぷりを目の当たりにして呆れることになる。結局、彼女がピンチになった時に助けることでシェインと共になし崩し的に彼女の随行者として加わることになったのだった…。

性能

グリムノーツ

表はディフェンダー、裏はシューターにコネクト可能で、パーティの壁役。
リーダースキルとしては「ディフェンダー攻撃大アップ」を所持している。
クエストクリア時の報酬の「誰も倒れずにクリア」をこなす上では、タフなキャラにコネクトできる彼を編成すると有利である。

Repage

最高レアリティヒーローの1人としてコネクト可能。ディフェンダーで「槌盾」の使い手。
入手しやすいキャラの中でも有能な性能であり、「ガード+体力↑」などのスキル効果のおかげで持ち前のタフさに磨きがかかる。
また、防御力重視なディフェンダーの中でも攻撃性能に優れる上、専用装備の「桃鬼斧」には「必殺装填」スキルがついており、最大レベルまで強化すれば戦闘開始時に必殺技ゲージが3つ分ついた状態、つまりどのヒーローでもすぐさま必殺技が打てる状態にできる。

関連項目

グリムノーツ 兄貴分 ムードメーカー

関連人物

シェイン(グリムノーツ)…自身の妹分。お互いに人と鬼が際限なく争う運命を繰り返す故郷に嫌気が差し、「空白の書」の持ち主同士ということで共に旅に出た。彼女からは普段は邪険に扱われているが、それは強い信頼の裏返しでもあり度々体を張る彼を内心心配している。
エクス(グリムノーツ)…一行に加わった新入りであり、当初からその腕っぷしを認めていた。『桃太郎の想区』で自身の過去を知られるも、それを間違って伝わった噂からけなすカオステラーに対して仲間を侮辱したとして激怒した彼の行為を見て心の底から認め、その呼び名を「坊主」から名前呼びに訂正した。以降も他のメンバー同様、ピンチの度に彼の行動に救われる。
桃太郎(グリムノーツ)…「空白の書」によってはみ出し者でしかなかった自分を拾い、家族として認めてくれた恩人にして戦友、そして過去の過ちの象徴。当初は「主役」になろうとしていた心も絆され「大将」と呼ぶほどに慕っていたが、自分が関わったことで彼の運命を狂わせ戦いの中で死なせてしまう。彼自身は歴代最強の「桃太郎」と名高い傑物であり、シェインの存在がなければ問題なく鬼ヶ島を乗り切れたと思われる。


















ネタバレ注意















鏡の国の想区』にて瀕死の重傷を負ったシェインの命と引き換えに、ロキに唆されて『調律の巫女』一行のスパイとして暗躍することになる。
また、同時に『調律』の力の真相を知らされたことでレイナたちと共に『調律』を続ける旅に対して迷いが生じてしまう。
その後はしばしば一行をトラップのある場所に誘導したり、レイナの力を封印させる術を施したりといった行動を取るがことごとく失敗。
白雪姫の想区』ではついにレイナを眠らせて誘拐しようとするが、彼の行動を不審に思ったクロヴィスの機転により失敗。シェインを一行に託して離脱し、本格的にカーリーらに与することとなる。

ロキが密かにタオが背いた際の脅しとしてシェインにかけていた呪いはファムらのおかげで解けたものの、自らの裏切りにけじめをつけるためロキ達と共に白雪姫の城で『調律の巫女』一行と激闘を繰り広げる。この時はロキに与えられた「ワイルドの栞」を使い、自らが知る姿とは別の本来の桃太郎にコネクトして戦った。
戦いに敗れた後は、エクスたちを真実のもとへ導くべく、一行へ追い打ちをかけるロキの足止め役を買い、命を落とすことになる……




かと思いきや、以前彼に『調律の巫女』を探すよう依頼を出した「聖ジョージ」こと「グリムノーツ」の創造主が一人、ウィリアム・シェイクスピアに助けられ生存していた。同じく崩壊しつつある想区の中で彼に助けられたカーリーと共に、しばらくは一行とは別々に行動を取ることとなる。
以降は『白雪姫の想区』にて生存が絶望的になったロキに代わってカーリーの世話をしつつ、人形から脱し始めた彼女と共に己の葛藤と向き合い、持ち前の明るさを取り戻していくことになる。

関連記事

親記事

グリムノーツ ぐりむのーつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タオ(グリムノーツ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タオ(グリムノーツ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました