ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「混沌の渦に飲まれし語り部よ 我の言の葉によりて ここに調律を開始せし…」

「ちょっと!ポンコツって呼ぶのは禁止!」


概要

CV:上田麗奈

「グリムノーツ」のメインストーリーにおけるメインヒロイン
空腹の…失礼、「空白の書」の持ち主であり、カオステラーによって混沌に陥った想区を調律して元の運命に正す『調律の巫女』でもある少女。
また、「空白の書」とは別個に『調律』の力を行使するための本『箱庭の王国』を持っている。
巫女としての特性で、カオステラーの気配を探ることができる。
本人が語るところによるとかつてはどこかの想区の王女だったらしい。
戦闘の最中倒木の下敷きになっていた自分を出会いざまに庇ってヴィランと交戦しようとしたエクスに対し、「導きの栞」を渡すところから物語は始まる。

性格など

容姿端麗で毅然とした物腰をしており、理想だけでは誰かを救うことはできないといったシビアな考えも持ち合わせている。
また「導きの栞」を用いたコネクトによる戦闘経験は(元々彼女の持ち物なので)一行の中で1番長く、そのためリーダーを名乗っている。
これだけの情報だと、与えられた能力に見合った覚悟責任を兼ね備えた完璧プリンセスに思えることだろう。

が、その実方向音痴(カオステラーを探しに行ってはしょっちゅう迷う)で怖がりメンバー内の彼と違ってモンスターホラーが苦手)で、おまけに食べ物の誘惑に弱い(その上大食らい……とこれでもかとダメ要素を詰め込まれたポンコツお姫様
ちなみに一番好きな物語のキャラクターは『不思議の国のアリス』の主人公、アリスであり、彼女について語ろうとすると途端に目を輝かせて早口になり、想区にいる本人に出会うと一もニもなく突撃しに行くほどの入れ込みようである。
一行の中では豊富なツッコミ役の存在により完全にいじられキャラと化しているが、本人はリーダーの座を譲る気はない模様。

危険な旅をしているという自覚は十分にあり、タオシェイン(あと彼女)に出会った際も最初は彼らの加入を断っていたのだが、道に迷った挙句空腹でダウンして助けてもらうという情けない場面を晒してしまい、その後何だかんだで行動を共にすることになっている。
『混沌の巫女』と言い彼女と言い、巫女はとにかく空腹に弱いのだろうか……。
まあ、同じ中の人が演じるあの姉あのJKに比べたら総合的にまだまともな部類であるはずである…、たぶん。

物語が進むにつれ、メンバーで一番の新入りにも関わらず一行の中心となって皆を支えていくエクスに好意を寄せていくような描写が出てくるが、中の人エクスの初恋の相手と同じであることもあり、最初っからフラグが立っていたとも言える。
カップリングについてはエクレイを参照

性能

グリムノーツ

表ではヒーラー、裏ではアタッカーにコネクト可能。
リーダースキルはヒーラー攻撃大アップ。
同じヒーラーのファムと比較すると攻撃寄りなので、ファムは片手杖,レイナは魔導書のヒーローとコネクトさせた方がしっくりくると思われる。

Repage

最高レアリティヒーローの1人としてコネクト可能。
ヒーラーで魔導書の使い手。
回復だけではなく、攻撃力を挙げる必殺技や2Wave目以降に必殺技ゲージが上がるスキルなど、サポートにも優れている。
ヒーラーとしては攻撃力強めなステータスなのも特徴で、彼女とコネクト可能なら前衛がヒーラーのエレナに当てるのが適正か。

ちなみにイベントで登場したレイナ(サマー)は大剣使いなのだが、
(グリムノーツ時代の『宝島の想区』における、)
Q.シェイン「姉御、水着はビキニ派ですか?ワンピ派ですか?」

A.ビキニ派でした
(なおぶっとい棒付きアイスの剣(食べられません)を携えている模様。
暑い中でも食い気は健在か…。

呼び名

一行ではおそらく唯一、メンバー+αからの呼び名がほとんど全員違うキャラでもある。
具体的には
エクスエイダ→「レイナ」
タオ→「お嬢」
シェイン→「姉御」
ファム→「お姫様」
クロヴィス→「巫女」
サード→「おねーさん」
カーリー→「レイナ様」

関連イラスト

レイナあるある



別名・表記ゆれ

レイナ

関連タグ

グリムノーツ お姫様 ポンコツ 腹ペコ

関連人物

エクス(グリムノーツ)…出会い頭にピンチを救われ、また彼の幼馴染であったシンデレラの危機を共に救った経緯から彼を一行に加える(当初は連れていくつもりはなかったが彼の方から付いてきた)。
何度も共に危機を乗り越え、時には心を救われる内、彼に恋心を抱くようになっていく。
それでも、中々面と向かって思いを伝えられずにいたが…。
ファム(グリムノーツ)…過去に1人で旅をしていた時期、向こうから絡んでくる形で一時期同行していた。
初めは徹底的に無視を決め込むことで彼女を遠ざけようとしていたが、彼女の「ちょっとした魔法」を目にして心を開く。
その後無茶をした彼女を遠ざけようと怪我を治した上で置き去りにする形で別れたが、『西遊記の想区』で再会することになる。
タオ(グリムノーツ) ,シェイン(グリムノーツ)…ファムと別れた後しばらくして、護衛を申し出てきた『兄妹』。
ファムの時よりも分かりやすく、直接辛辣な言葉を浴びせて拒否した。
が、その後のポンコツっぷりを付けてきた2人に目撃され、行き倒れたところを助けられてしまう。
出会った想区で発生したカオステラーの調律にも貢献されて、そのままなし崩し的に同行されることとなった。
タオとはよくリーダー争いで子供っぽく張り合い、それを傍から見ていたシェインに呆れられたりツッコミを入れられるのが一行の恒例行事になっている。






物語中盤から後半にかけて、彼女が持つ『調律』の力の正体,そして起源が明かされる。
レイナ・フィーマン

関連記事

親記事

グリムノーツ ぐりむのーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レイナ(グリムノーツ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レイナ(グリムノーツ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42749

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました