ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:鈴木達央

概要

名前の通りにお伽話に登場する、かの一寸法師その人。

単行本では第4巻の第26話、「一寸だった法師」にて初登場。アニメは第11話にあたる。

打ち出の小槌の効果で普通の人間と同じ大きさになっており、お椀の模様の描かれている羽織が描かれた着物姿で、頭には烏帽子を被っている。


姫を自分の妻にするために彼女に虚偽の罪を被せ、自分が庇う形で共に屋敷から放逐されたのだが(これは原典での展開を踏襲している)、この所業で本来は地獄逝きになるところを、一寸法師自身の境遇や騙された姫本人が怒っていないことから情状酌量になった。

今は鬼灯から命じられて、亡者は虫に食われ木を植えられ、さらにそれをひっこ抜かれる『受苦無有数量処地獄』で働き、拷問具を磨くなどの雑用をしている。


周囲からはしばしば「元一寸」と呼ばれ、一寸大だった頃は小さいとバカにしながら大きくなればガッカリと言い出すばかりで、誰もが勝手なイメージや珍しいもの見たさで好き放題いいながら、主人公の完璧な人格を期待されるという鬱屈が溜まっていたところに、獄卒犬・夜叉一の子供たちからも「一寸じゃない」「一寸の方が可愛い」「嘘つくのは駄目」などと言われたため、とうとうブチ切れて暴走しそうになる。

そこへ、この酷く怒りやすくヒステリックな性格で基本怒鳴り散らしてばかりという登場に身に覚えのある桃太郎から深く共感と理解を示されたことで鎮静化。

同じ苦悩を分かち合える友人を得て以降は、本来の温厚さが保てるようになり桃太郎の紹介で白澤等他人とも知り合うように成る。


余談として、一度だけ元の一寸の大きさに戻りたいがために鬼灯に打ち出の小槌の在り処を聞いたことがあった。が、肝心の打ち出の小槌は閻魔大王が尻に敷いて壊してしまっていたらしい……。


関連イラスト

一寸 ほうしワンドロ+らくがき


関連タグ

鬼灯の冷徹

一寸法師

関連記事

親記事

鬼灯の冷徹の登場人物 ほおずきのれいてつのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76953

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました