ピクシブ百科事典

御家人斬九郎

ごけにんざんくろう

柴田錬三郎による時代小説およびそれを原作とするテレビ時代劇。

概要


柴田錬三郎が晩年に執筆した時代劇で、1976年に講談社から単行本が刊行された。
名門の家柄ながら無役で三十俵三人扶持の最下級の御家人・松平残九郎家正(通称、斬九郎)が、かたてわざと称する武士の副業によって活躍する物語。


1995年から2002年にかけて5期に渡りフジテレビでドラマ化された。原作は単行本一巻分しかなかった為原作の話を使い切った後の脚本は全てドラマオリジナル。


物語は勧善懲悪からは聊か外れており、救いのない結末も少なくない。
ただ、斬九郎と母・麻佐女のコミカルな掛け合いが物語の陰鬱な空気を和らげている。

主演は渡辺謙で「独眼竜政宗」と並ぶテレビドラマの代表作となり、最終回は渡辺自身が演出を手がけた。

pixivに投稿された作品 pixivで「御家人斬九郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98

コメント