ピクシブ百科事典

栄冠ナイン

えいかんないん

KONAMIが発売している野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」のモード、「サクセス」の一つである
目次[非表示]

概要

実況パワフルプロ野球14、15、2009に実装されているサクセスモードの一つ。
2014にも実装されているが、サクセスモード扱いされていない。
プレイヤーは高校野球の監督となり、自分の高校を全国制覇へ導くのが一応の目標。
従来のサクセスとは毛色が異なっており、例を挙げれば

・ゲームオーバー含め、終わりが存在しない(ただしペナントマイライフとは異なり、リセット時のペナルティはある為廃人が多くなることも)

・試合は基本的にコンピューター進行で、特定の場面での戦術指示、采配のみ(製作者はライトユーザー向けとも言っている)

などがある。
スカウト評価が一定以上あればドラフトで指名され、指名された選手はオリジナル選手として登録可能。ただし他のサクセスと比べると特に特殊能力がさびしくなりがち。
2014以降では特殊能力のDからE判定の選手が入部することが多く、より顕著となる。

日程進行はランダムで与えられる日程カードによって進行し、試合もコンピューター任せなこともあり運ゲーの面もある。ただし、それなりに考えてプレイすれば甲子園常連校になることも難しくはない(14は除く)

やめどきが分からず、中毒性の高いゲームだが人気は高く、新作での復活を望む声も少なくない。
なお、2010年3月に発売した、DSソフト「熱闘!パワフル甲子園」は、このモード単独移植と言ってもほぼ差し支えない。

復活した栄冠ナイン

公式ツイッターなどで復活の要望に応え、パワプロ2014にて再録された。
従来の栄冠ナインとの大きな違いは以下の2点。

・往年のOB選手や、現役のプロ選手が転生選手として入学してくる
収録されているOB選手、プロ選手がステータスは本来の数値から落ち、特殊能力はそのままで入学してくる。その為古田敦也や田中将大、糸井嘉男等、ステータスや青能力が高いOB選手やプロ選手は入学からいきなりスタメンで使える程の逸材としてチームに貢献してくれる。

ただし、転生プロ扱いとなる現役プロ選手は年度の選手データに記載されるステータスから、やや弱体化して入学と言う事になる為、この時点で、突起した能力値の無い選手や力の衰えたベテラン勢等は初期ステータスの面で不利に陥りやすいが、それでも一年生ながらスタメン入り可能な能力になっている。

また、現在(パワプロ2014の場合は「2014」年)以降からプレイを開始する場合はこの転生選手の登場はランダムとなっており、何年やっても転生選手に巡り合えない、と言う事もある。

・開始年度を1941年から選択できる
過去の年度から栄冠ナインを開始する事が可能となった。
3年プレイに一度、年度を変更することが出来る。明らかなタイムスリップとなっているが、イベント中はそのことについては触れられていない。
過去からプレイする事により、「その年度で当時高校1年生だったOB選手又はプロ選手が存在する場合確実に入学する(ただし初年度のみ、その選手が所属していた高校のある県も合わせる必要があり)」「過去に発生した大きな出来事がイベントとして発生する」と言った特典がある。
ちなみに過去年度のスケジュールには戦時中時代や特別な記念日には練習進行中に明言されたりする。

ただし流石に過去の時代の野球ルールや金属バット使用の導入、球団などの移り変わり等は再現されておらず、昭和時代で練習にDVD機器が存在したり、プロ野球再編問題以前でもオリックス・バファローズ東北楽天ゴールデンイーグルスが存在していたり、「セ・パ交流戦」が誕生する以前(2005年以前)からそれに関するイベントが発生したりと過去の親会社の球団名の移り変わりが再現されていなかったりする。

また前述した転生選手の入学は、出身県問わず転生プロと転生OBが混在する年度の場合まず「転生プロと転生OB、どちらのカテゴリから転生選手が入学するか」がランダムで決定される。

攻略本および攻略サイト等ではこれらの転生選手を固定させる方法があるもののこういった年度の場合は狙った転生選手が来るかは完全に運になる為注意が必要。
特に有名なのは古田敦也と同期の選手である山本昌など。
ペナルティを発生するのも相変わらずだが大幅ダウンするためクソゲー扱いされる場合もある。


パワプロ2016

2016年度データと2017年度データで個別に搭載。
メニュー画面の選手確認の改善、練習機材の破損具合判定の印が追加され、試合テンポも少し改善された。

パワプロ2018

日程進行速度、キャラモデルの有無などの細かな設定、采配コマンドが追加された。
試合では点差が10点以上の場合メニューでスキップが可能となった。
毎週ごとに更新されるオンライン対戦が加わったが、夏の大会優勝、または敗北することでチーム登録が可能な状況でネットワークに繋がっていないと、データ登録することが出来ないので注意。
ボランティアが追加され多少は改善するもバグ多発や育成し辛さが原因で評価が急激に悪化した。

パワプロ2020

SWITCH版でも栄冠ナインがプレイすることが可能になった。
選手の打高や、新入生スカウトも追加され、それに伴うアイテムを追加され、より改善した。
しかし、新入生スカウトでは入手方法自体が困難で、パワポイントではなく、5勝しなければ買えないと言うデメリット要素があったり、打高気味になった事で対戦校でも強化しているため、能力が低い投手が確実に打たれると言う投手の育成が重要になった。

仕様

メリット

  • PPが貯まりやすい(2016以降)。
  • まとめて選手を保存出来る。
  • 選手の顔や名前を作成し育成出来る(シリーズ共通)。
  • マネージャーが有能(メガネは例外だが、学力を上げれることがある為、重宝しやすい。)

デメリット

  • 育成の不便さ(弾道を成長するとおまかせになる等)
  • 5勝毎に練習器財購入可能のシステム(PPも購入可能だが殆どが高い価値)。
  • 壊れるまで複数の練習器財を使用できない。
  • 大会初戦の相手が強豪校と当たることがある。
  • 強豪に上がれないと黒いグランドを使用することが出来ない。
  • ペナルティー(バグが原因で強制に終了した仕様も一切関係無くペナルティーが発生する)。
  • どの選手を登録できるかランダムな点


関連タグ


実況パワフルプロ野球 パワプロ

関連記事

親記事

パワプロ ぱわぷろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「栄冠ナイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96872

コメント