ピクシブ百科事典

虎徹

こてつ

江戸時代の刀工、長曽禰興里の入道名。また、彼が鍛えた刀の銘。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 江戸時代刀工、長曽禰興里の入道名。また、彼が鍛えた日本刀
  2. アニメTIGER&BUNNY』の登場人物。→鏑木・T・虎徹
  3. 漫画『神様はじめました』に登場するキャラクター。


日本刀

長曽祢虎徹、別称は「長曽禰興里(ながそね おきさと)」といい、その前身は甲冑師であったとされる。
江戸時代石田三成の統治した佐和山城下(現在の滋賀県彦根市)に生まれ育つが、関ヶ原の戦いにより金沢に逃れた。甲冑の名工として知られていたが、太平の世では甲冑の需要が少なかったため、齢50歳を超えて刀鍛冶に転身したという。

彼の作刀は刃の反りの浅い無骨な造形でありながら、地鉄の明るさからなる刀身の美しさや頑強さ、切れ味が高く評価された。

長曽祢虎徹は新選組局長・近藤勇の愛刀として広く知られ、講談では「今宵の虎徹は血に餓えている」という台詞が有名。ただし、入手の経緯については明確にされておらず、もともと農家出身の近藤がどのようにして手に入れたのかと疑問視する声もあり、最近では偽銘説(有名なのは源清麿が作者説)が有力視されている。
一方で、かつて東京国立博物館で刀剣室長を務めていた小笠原信夫氏が、維新後もしばらく現存していた勇の遺愛刀について「間違いなく本物だった」と証言していたという記録がある。

関連タグ

刀鍛冶  日本刀 甲冑
TIGER&BUNNY 鏑木・T・虎徹
神様はじめました

pixivに投稿された作品 pixivで「虎徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1321060

コメント