ピクシブ百科事典

和泉守兼定

いずみのかみかねさだ

歴代の刀工・兼定のうち、関の兼定二代目・会津兼定十一代目の2名を指す。または彼らの打った刀。前者は通称「之定」として評価も高く、後者は新撰組副長・土方歳三の愛刀としても有名。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. 室町時代美濃国刀工。「関の兼定」の二代目、通称「之定(ノサダ)」。後述。
  2. 江戸時代末期の会津藩の刀工。「会津兼定」の十一代目。後述。
  3. 土方歳三の会津兼定の差料を元ネタとした、刀剣乱舞に登場する刀剣男士。→和泉守兼定(刀剣乱舞)
  4. 細川忠興の之定の刀を元ネタとした、刀剣乱舞に登場する刀剣男士。→歌仙兼定(刀剣乱舞)


概要

刀工「兼定」は14人存在するが、「和泉守兼定」と名乗ることができたのは、下記に◎で示した2名のみである。

関の兼定

 初代(親兼定)
◎ニ代(之定/ノサダ)…1508~1511年の間に「和泉守」を拝領、「和泉守兼定」となる
 三代(疋定/ヒキサダ)

和泉守兼定 - 関の兼定 二代目

生没年不明。刻んだ銘の「定」の字の特徴から、通称「之定(ノサダ)」としても有名。
甲州出身。美濃へ来て初代兼定の門人になり、後に養子となった。

その刀は切れ味も良く、評価ランクの中でも最高の「最上大業物」と評価されている。江戸時代には俗に「千両兼定」と呼ばれ、人気を誇ったという。著名作に後述の「歌仙兼定」のほか、「人間無骨」「九字兼定」「篠ノ雪」「立袈裟籠釣瓶」などがある。
また伊勢で駐槌したことから刀工・村正との交流もあり、合作の刀も遺されている。

戦国大名・細川忠興が佞臣36人の手討ちに使った刀がこの之定の刀。忠興は殺害した36人(一説には6人)を「三十六歌仙」になぞらえ、この刀に「歌仙兼定」という号を与えた。
また、忠興自らが手がけたという拵は「歌仙拵」として高く評価され、後世大いに隆盛した「肥後拵」の原型の一つとなっている。
長く肥後細川家に伝来したが4代藩主の時代に家老に下賜され、その後持ち主を転々とした。
昭和初期に16代当主・細川護立の手により買い戻され、現在は「永青文庫」に所蔵されている。

会津兼定

 初代(孫四郎兼定) ※ 異説あり
 二代(孫一郎兼定)
 三代(孫左衛門兼定)
 四代(入道兼定)
 五代(数右衛門兼定)
 六代(近江兼定)
 七代(治太夫兼定)
 八代(近江兼定)
 九代(与惣右衛門兼定)
 十代(業蔵兼定/後の近江兼氏)
◎十一代(兼定を継ぐ前は友弥兼元)…1863年12月に「和泉守」を拝領、「和泉守兼定」となる

※孫四郎の父・清右衛門を会津兼定の初代とする説もある。
 その場合、清右衛門が初代、孫四郎が2代…と続き、11代の友弥が12代と数えられる。

和泉守兼定 - 会津兼定 十一代目

本名は古川清右衛門。幼名は友弥。生没年は1837年1月3日-1903年3月28日。
新選組副長・土方歳三がこの和泉守兼定の刀を差料にしていた事でも有名。
1868年の会津戦争では会津若松城に籠城し、刀に代わり弾丸の鋳造などを行っていた。
1903年(明治36年)1月、陸軍省の要請で東京砲兵工廠にて日英同盟締結記念にイギリスへ献上する日本刀の鍛刀を行うものの、2ヶ月後に急死。享年67。

土方歳三の愛刀

会津兼定十一代目の方の和泉守兼定。(之定の刀ではない)
そのうちの一振が現在土方歳三資料館に保存されている。近藤勇の手紙の二尺八寸、現存している二尺三寸、他にも新選組は複数の兼定を所有していたとされる。ただ、この近藤の手紙の「二尺八寸」は誇張表現だったのではないか、という説もある。土方歳三が亡くなる少し前に撮影された写真では、現存する和泉守兼定を差していることが確認できる。
ただこの土方歳三資料館に現存する和泉守兼定は、箱館から日野まで誰がいつ届けたのかは不明であり、明確な史料は未だ発見されていない。

関連タグ

刀鍛冶 打刀 太刀 日本刀

pixivに投稿された作品 pixivで「和泉守兼定」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81868558

コメント