ピクシブ百科事典

南海太郎朝尊

なんかいたろうちょうそん

江戸時代後期の刀工、または彼による同名の作品。
目次[非表示]
  1. 江戸時代後期の刀鍛冶この項目で記述する。
  2. 1の人物が打った日本刀の名前。
  3. 2の刀をモチーフにした刀剣乱舞に登場する刀剣男士。→南海太郎朝尊(刀剣乱舞)


概要

文化2年生まれ。土佐(高知県)の人。京都で伊賀守金道に、江戸で水心子正秀にまなぶ。天保年間江戸の湯島天神のそばにすみ、刀剣を製作。晩年は京都ですごした。

主な所有者

武市半平太:土佐勤王党の首領。

関連タグ

刀鍛冶

関連記事

親記事

刀鍛冶 かたなかじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「南海太郎朝尊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8316186

コメント