2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

刀については→南海太郎朝尊を参照。

プロフィール

刀帳166番
種類打刀
レアリティ2
刀派なし
刀工南海太郎朝尊
一人称
身長179cm
野島健児
演者(舞台)三好大貴
べっこ


武市半平太が使用していたとされる打刀。
学者然とした刀剣男士であり、知識で審神者を助ける。
その一方で人斬りに相応しい刀でもあり、次々と敵を斬る。実は下戸
公式Twitterの紹介

「僕は、南海太郎朝尊。僕を打った刀工がそうであったように、僕もまた刀剣について研究しているんだ。この知識が役立てばいいのだがね?」

概要

2019年4月24日~5月15日開催の期間限定イベント「特命調査 文久土佐藩」で、肥前忠広とともにイベントクリア報酬として実装された。
当初は名前は伏せられていたが、4月25日に公式Twitterで改めてキャラクター紹介が行われた。

イベントにおいて

現地にて政府権限で顕現された刀剣男士。これにより政府は特定の刀剣男士を顕現させ、特殊な任務に充てていることが判明した。
以降は任務達成まで同行し、後方支援を担当。高知城下町ボス「大太刀・参政」は常に逃げ回る為に追いつけないが、倒した時間遡行軍の残骸を流用した罠で足止めをする事を発案、実行する。
この罠設置ボイスはやたら豊富で、最初は実に楽しげに研究をしているのだが、30個あたりからは飽きて辞めたがってくる。なおこれらは回想に収録され、イベントクリアで全て開放されるため無理に全マスを埋める必要はない。
高知城本丸御殿にてボス「打刀・志士」を撃破して任務達成すると、肥前に報告その他の手続きのために共に政府へ行くように言われるが、「僕はもうすこしばかりこの辺りを見て回りたいから、政府くんとやらには上手く言っておいてくれたまえ」と言って立ち去ってしまう。
その後、本丸に帰還すると連絡が入り、「高知城下町の親玉くんに付いて回っていたが飽きたし戻れなくなったから迎えに来てほしい」と出陣を要請される。仕方ないのでまた城下町ボスを倒しに行き、ついに仲間に……と思ったら「好きにやらせてもらった見返りを、政府くんに渡して来なくてはならなくてね」と言いおいて、再会を約束してまたお別れ。
本丸に帰還すると「政府から特命調査 文久土佐藩の調査報酬が贈られました」というメッセージが表示され、顕現の演出が入ってやっとこさ仲間になる。とことんフリーダムな学者先生。
その活躍から物騒なワクワクさんと一部の審神者の中でネタにされている。

特命調査は追加の進行アイテムが課金式なのは前回同様。変更された仕様を理解する必要もあるが、敵の強さは厚樫山以降を周回できるなら容易で、確定報酬分は無課金でも朝夕の配布賽子を忘れずにやれば数日程度で獲得できる楽なイベントである。
3周目以降は高知城下町ボスからレアドロップするようになり、入手台詞が異なる。

しかし、やはり乱舞レベル上げとなると話は別。一転して泥沼化する
肥前がレアドロップする高知城は抜け道の鍵でショートカット可能で、彼は10周目20周目報酬で救済があるのに比べ、南海がレアドロップする城下町ボスは頭を使って追い詰めないといけない。
上手くやれば15手程度で捕まえられるため誤差含め1周回費用は1440円と仮定。南海だけ狙う審神者用に「城下町再戦」ボタンが用意されているが、余った賽子の目は引き継げないので注意。高知城ボス撃破では引き継げるため、ついでに肥前も狙うルート(七賽子プラス1個と仮定)も手である。

容姿

ウェーブのかかった黒髪に丸眼鏡をかけ、ニヒルな笑みを浮かべた灰色の瞳の青年。毛先もよく見ると灰色のグラデになっている。目は灰色の三白眼。
服装も知的な雰囲気を漂わせており、濃藍色の着物とインバネスコートに白のスタンドカラーシャツを着用し、足元はボタン飾りの付いた黒ブーツを履いた、大正浪漫明治維新にいそうな風貌。
腰には帯替わりに重厚な革ベルトを着用しており、ループタイグラスコードの装飾がお洒落。両手には黒手袋と軽装の篭手を装備しており、露出は極端に少ない。真剣必殺でさえあまり肌を見せていない。
懐に入れた書物は、その時々で興味を覚えて携えてきたものである。
タイとコートにあしらわれた紋は、元主である武市家の「丸に四つ柿の花」のアレンジ。

内番服は白シャツに着物と袴を着た書生さんスタイル。
髪を緩くひとくくりにしており、萌葱色のたすき掛けをしている。図録では自らたすき掛けをする姿や、書庫で本に囲まれて読書に没頭するカットが見られる。

キャラクター像

学者然とした刀剣男士であり、肥前忠広陸奥守吉行からは(南海/学者)先生と呼ばれている。
この呼称は元の主である武市半平太の呼称に寄せたものではなく、刀工・南海太郎朝尊が刀剣研究に熱を注いだ研究者としての一面を持ち合わせていたことに由来しており、本人も刀剣博士を自称。
自身の名前については「長いなら朝尊とでも呼びたまえ」と提案しているが、「やれやれ、僕を南海先生と呼びたがる輩が多いね。敬意なのやら、からかいなのやら」というセリフから察するに、本丸内にいる他の刀剣男士(もしくは審神者)からも先生と呼ばれているようだ。尚、本人は心中複雑な様子。

性格は、言ってしまえばマイペース
上記のイベント内の様子でもわかる通り、罠を仕掛ける際も初期は「罠博士をお呼びかね?」「罠一丁」と大変楽しそうに設置しているものの、30個仕掛けた辺りから飽きたようで不満を口にしだし、最終的には「誰だ、罠を仕掛けようなんて言い出した輩は……」と、自分で始めたにもかかわらず愚痴るようになってしまう。
他にも調査が終わった後で調べたいから残ると言い出し勝手に去る、迎えに来て欲しいと一方的に連絡を入れる、合流したらしたで勝手に帰る、などとにかく自由行動が目立った。
この自由さは本丸においても健在であるようで、「おや、書を読んでいる間に、主の姿が消えているね」(放置ボイス)「ん? この書の山を動かせと?」(景趣設定/乱舞レベルボイス)と、審神者の部屋で勝手に書を読みふけっては散らかしている様子が見受けられる。
 
一方で非常に落ち着きのある性格でもあり、ボイスを聞いている限りでは彼が声を荒げる・動揺するといったことはまず見られない。肥前による「いざ敵を斬る段になっても、顔色一つ変えない」という評の通り、研究者だからと知識だけに頼るばかりではなく、実戦経験も怠らない様子が窺える。
総じて、研究者としての探究心の強さ、自由さも含めて「先生」と呼ばれるに相応しい刀であると言えるだろう。
酒は意外な事に下戸。元主の武市が下戸だったからではないかと考察されている。

陸奥守・肥前と共に出陣すると回想『由来は近く、心も近く』が発生。
刀剣男士の顕現傾向を調べる上で彼らとの会話が役立っている事、個の性格については研究の埒外にある事が判る。
また水心子正秀との間に、回想『新々刀の系譜』が発生。かつて刀工が師弟関係にあった事を踏まえた上で、師である水心子の名を背負う刀剣男士の姿かたちについて言及する。

余談だが、文久土佐藩に関連する三振の中では最も作刀年代が若い(肥前>陸奥守>南海)。
そのため、二次創作ではこれを踏まえた描写も見られる。

メディアミックス

舞台「刀剣乱舞」

演:三好大貴

「維伝 朧の志士たち」にて初陣。
演じた三好氏は自分の声を録音し、音楽制作ソフトでの波形を使い、ゲームを参考に声質を近づけるという役作りをしている。

登場するのは前半の中盤。
放棄された文久三年の土佐にて先行調査を行っており、土佐城下町のあばら家に身を潜めていた。肥前の誘導で合流した刀剣男士一行にマイペースで接し、集めた情報から今後の方針を検討する。鶴丸から驚かされたり背中をどやされても無反応だったり、小烏丸に鼻をつつかれて戸惑うなど、今の形と情動には慣れていない様子を見せる。
時間遡行軍の残骸に玄翁とノミを振るって「罠」こと時間遡行軍にのみ反応する地雷に作り替え、これで足止めできるよう建策。このシークエンスはまさかのミュージカル(?)仕立てとなっており、華麗に舞い踊り、ゲーム内で聞ける台詞を一通り網羅。興が乗るにつれて時間遡行軍を玄翁でぶん殴って罠に変えていくのは必見。
これに関連し、鶴丸が運んできた時間遡行軍の残骸を使った腹話術コントが日替わりで展開する。これはある演出の時間稼ぎのため急遽設けられたもので、唯一のツッコミ役である肥前と一緒に、客席に背を向けて笑いを堪えている姿が、バックステージ映像や蔵出し映像集で見られる。
前半終盤では鶴丸と小烏丸に「放棄された世界」についての考察を披露。「刀剣男士が敗北し、改変阻止に失敗した時間軸」であると説く。その真偽は……

戦闘経験はなく練度は最低だが、後半では人ならざる力を振るう岡田以蔵と対峙。決着をつけた肥前に寄り添って涙を静かに拭ってやると、以蔵のみならず土佐勤皇党の志士達が刀剣男士と類似した術式で構築された「朧」であると解析、その本質を見極めようとした。
朧の武市半平太と対峙した時には「かつての主を模したものと相対した時の心理的作用」を確かめるとして、それまで常に俯瞰視点にあったのをかなぐり捨て、鶴丸・小烏丸の援護を受けて刃を交える。そして肥前、陸奥守と共に真剣必殺を披露し、陸奥守に全ての決着をつけるよう促すと、土佐城下町に現出した時間遡行軍を壊滅させた。
その後は放棄された世界に残ってあれこれ調査をしていたが「飽きたので迎えに来てほしい」と、これまた一方的に通信を入れるのだった。

特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~

2022年5月20日公開の劇場版「雪ノ巻」に登場。

特命調査によって肥前忠広と共に放棄された世界へと派遣され、城下町の商家と思しき家に身を潜めていた。肥前が連れてきた花丸本丸の部隊と合流すると、様々な刀種の刀剣男士を前に、さっそく強い興味を示す。
互いの情報を共有後、美しいが尋常ならざる高知城下町にて、時間遡行軍の残骸(モザイク入り)を流用した罠を多数制作・設置。火炎放射器爆弾という大胆な罠表現に驚いた審神者が多かった。爆弾の一斉起爆で敵襲と誤解した時間遡行軍の首魁が高知城へ逃げ込むよう仕向けた上で、後続を分断する為に堀を炎上させて足止めに成功する。
城内の戦闘では負傷しながらも肥前と共に真剣必殺を披露し、白山吉光の治癒能力により回復。陸奥守が首魁を叩くまで、仲間と力を合わせてその場を守り切った。
その後程なくして本丸に配属。歓迎会では次郎太刀から高知の地酒を振舞われるもお猪口一杯でベロベロになり、肥前が慌て、また呆れながらも介抱する羽目になった。
エンディング曲「夜明けの空」の歌唱は文久土佐の3振による(公開1~2週のみ)。

「月ノ巻」では、冒頭で本丸に紛れ込んだ猫を追いかける騒動が勃発。肥前の内番着のフードを利用し、見事捕獲に成功した。
3日間の夏休みを利用し、山で砂鉄を採取するなど自由研究にいそしむ。なお「目を離すと心配」という理由でしっかり肥前がつき添っていた。

「華ノ巻」では、審神者が倒れた案件の調査を石切丸と共に担当。
遠征部隊が持ち帰った結果呪詛をまき散らした玉鋼を解析し、「ある呪物」と類似している事を突き止める。
玉鋼に時間をかけて蓄積された負の怨念が、遠征から帰還直後に爆発。時空転移装置を破壊し、本丸の核である審神者の精神世界に呪詛をかけて人事不省に陥らせたと結論づけた。

関連イラスト

南海先生



関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 打刀男士
特命調査文久土佐藩 政府刀
文久土佐組 幕末刀剣組 眼鏡男士

巴形薙刀:中の人がお兄さんかつ眼鏡男士繋がり。

関連記事

親記事

打刀男士 うちがたなだんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 741025

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました