ピクシブ百科事典

同田貫正国

どうたぬきまさくに

日本の刀工。肥後・同田貫の正国。およびこの人物が打った刀剣の名称。
目次[非表示]

曖昧さ回避

同田貫(どうたぬき、どうだぬき)正国

  1. 安土桃山時代刀工。また、彼の鍛えた刀の銘。
  2. ブラウザゲーム「刀剣乱舞」に登場する刀剣男士。→同田貫正国(刀剣乱舞)

概要

同田貫とは肥後(現在の熊本県)の地名。正国とは刀工の祖の名前である。
実は同田貫正国とは彼が打った刀の総称で、特定の一振りを指す名ではない。
胴田貫または胴太貫と表記されることもあるが、これは後世の創作であるとされる。

多くは反りが浅く重ねの厚い造りで、装飾は全く無いと言っていいほど質素。
現代では高価だが美術品としての評価は低いとされている。しかし、明治に行われた試し斬りの試合『天覧兜割り』で、直心陰流の榊原鍵吉がこの刀剣を用いる。十二間筋の兜に、切り口三寸五分、深さ五分の傷をつけて見事成功させた。この時兜割りを成功させたのは榊原だけであり、榊原も本番に挑む前にさまざまな刀で試していたが、結局同田貫以外では成功しなかったといわれている。
この刀の実用度の高さを広く知らしめ、語り継がれている逸話である。

「兜割りに唯一成功した剛刀」というイメージから有名になり、フィクションの世界でもよく登場する刀である。『子連れ狼』『三匹が斬る!』などの時代劇では主人公の愛刀として使われたり、ゲーム『風来のシレン』では「どうたぬき」という武器アイテムが登場する。

関連タグ

刀鍛冶 日本刀 太刀 打刀

pixivに投稿された作品 pixivで「同田貫正国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94756098

コメント