ピクシブ百科事典

黒刀

こくとう

黒い刀。または『劇場版BLEACH 地獄篇』に登場するオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

表記について

Pixivでは「コクトー」表記が採用されている。

本来は「黒」、「刀」と「りっとう」を合わせた二文字で「コクトー」なのだが、「トー」の部分はフォントやソフトウェアなどが対応した環境のパソコンでなければ表示されないので、一般的にはカタカナで表記される。

『大漢和辞典』巻2(昭和31年出版)の207ページによれば、本来の読みとは異なる模様。
文字形の参考画像

概要

CV:中井和哉
危機に陥った主人公黒崎一護を救う咎人。その素性や行動含め、全てがに包まれている。飄々とした性格で、掴み所が一切ない。この物語の重要なキーマンとなる。
一護達を襲った謎の一団を率いる男、朱蓮が気にくわないらしい。

容姿

スラリとスリムな長身に、素顔を隠した黒頭巾。頭巾の下は何度も地獄の火に焼き尽くされ、ミイラ化している。体のあちこちに、咎人の証となる鎖がついている。
その鎖を自由自在に操る事も出来る。武器は不思議な形をした刀。

関連タグ

劇場版BLEACH 地獄篇
コクトー(表記揺れ)











ネタバレ注意


実は今回の事件を引き起こした黒幕である。朱蓮達に完全虚化の一護の情報を流したのも彼であり、全て彼が仕組んでいた。
彼の目的は完全虚化した一護の力を利用し、地獄の鎖を絶ち切り、自由になること。生前、彼は妹を何者かに殺され、その復讐を果たしたことで地獄へと堕ちたという(小説版ではそれが明確に描写されている)。
初めは一護と友好的に接していたが勿論それは演技であり、一護が朱蓮を倒したことで本性を現す(しかもご丁寧に遊子を救出したら自分を地獄に解放してくれと言っていた)。
咎人は体が腐敗していればしている程強力な力を持っているという特徴があり、コクトーは顔の半分近くが腐敗していた(因みに朱蓮達は体が全く腐敗していない)。
一護に完全虚化の力を解放させ、自身の地獄の鎖の半分近くを絶ち切らせた。コクトーによると咎人を縛っているのは地獄の鎖らしく、地獄の門を破壊しても鎖を絶ち切らなければ意味が無いらしい。後少しで完全に鎖を絶ち切れるという所で恋次によって妨害され、一護は一人、現世に強制的に引き戻された。

その後、一護は再びやって来てコクトーと戦うがコクトーの圧倒的な力と地獄の障気により再び完全虚化しかけるが一護は自身の虚の力を振り払い、更に地獄が一護に力を貸したことで状況が一変。一護はコクトーに「お前と同じ一人の人間、そして一人の、兄だ」と言い、コクトーを切り伏せる。それにより、コクトーの地獄の鎖は全て絶ち切られ、コクトーは一瞬、笑みを浮かべたが更に大量の地獄の鎖がコクトーを縛り付け、コクトーを地獄の更に奥に引きずり込まれる。

  「コクトー!もう一度罪を償ってこい!」

一護のその言葉と共に鎖は激しさを増し、コクトーを完全に地獄の更に奥底へと引きずり込んでいった。小説版では妹の事を思い出そうとしていた描写があったが、何度もクシャナーダに殺されたのと、途方もない時間が経ったせいで妹の名前すら思い出せなかったという。

関連記事

親記事

地獄篇 じごくへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210507

コメント