ピクシブ百科事典

シェンメイ(FEif)

しぇんめい

シェンメイとは、「ファイアーエムブレムif」に登場するキャラクターである。

CV:慶長佑香

概要

暗夜王国の王妃。作中では故人となっている。
暗夜王・ガロンの妻で、ヒロインであるアクアの母親。アクアに似た雰囲気を持つ美しい女性だったという。

ガロンの前妻であったエカテリーナ(マークスの母)の死後、妻を娶らないと言っていたガロン王が出会ったばかりのシェンメイの歌声に惹かれて一目惚れし、彼女を新しい妃として迎えた。
しかし、当時の貴族諸侯の間では亡きエカテリーナを支持する派閥が力を持っていた為、後妻のシェンメイは王の臣下や貴族たちから快く思われなかった。またガロンには既に多くの妾がいた為、その妾たちを差し置いて王妃となったシェンメイは妾たちからも疎まれており、娘のアクアと共に周囲から虐げられていた。
それでもアクアにとっては、どんなに辛い時でも優しい大好きな母親であったという。

しかし、アクアが幼い頃に謎の死を遂げる。それ以降ガロンの様子がおかしくなり、現在のような暴君になってしまった。
ガロンがおかしくなった上に、娘のアクアが白夜王国に誘拐されたこともあって、暗夜王城内ではシェンメイのことは話題に出さないようになったらしく、暗夜で暮らしていた主人公(カムイ)も名前すら聞いたことがなかった。

関連タグ

ファイアーエムブレムif 暗夜王国 ガロン アクア



以下にネタバレあり


















実は幻の王国である透魔王国の王妃。
カムイの母・ミコトの姉であり、カムイにとって伯母にあたる。

透魔竜ハイドラの暴走でアクアの実父である前透魔王が殺されてしまい、シェンメイは幼いアクアを連れて暗夜王国に逃れた。そしてガロンと出会い彼と結ばれ、暗夜の王妃となった。

その後、透魔王国のことを話した為に、透魔の呪いによって消滅してしまい、ガロンもまたハイドラに取り憑かれてしまった。アクアは母の行動を、暗夜王国と愛する人を守ろうとした母に、後悔はなかったと語っている。

彼女はハイドラの眷属として蘇らされ、生ける屍として生き続けている。透魔篇では透魔王国に乗り込んできたカムイたちの前に敵として何度も現れ、対峙する。クラスはストラテジスト。
生前の記憶も失われており、アクアのことも認識できないでいたが、アクアの姿を見ると頭痛に襲われ違和感を感じていた。

最終的にはカムイたちにトドメを刺され、消滅の間際にアクアのことを思い出し、愛娘の腕に抱かれながら安らかに消滅していった。

余談であるが、DLC『見えざる史実』の後編ではリリスが率いている透魔兵の1人に彼女がいる(クラスも当然ストラテジスト)。
ただしこの時点では正体はぼかされており、対峙するときおよび撃破時にセリフはあるもののマップ上のユニット名も透魔兵としか出てこない。
DLC『泡沫の記憶』でも登場。仲間や母親を倒されながらも再びハイドラのもとへ向かうシグレと『白夜王国篇』『暗夜王国篇』終了後の世界から来た他の子供たちの前に立ちはだかりミコト、スメラギとともに透魔兵を率いて襲い掛かる。
孫にあたるシグレとは専用の会話があり、シグレの母アクア同様に彼の姿を見ると何故か頭が痛くなり、ずっと不愉快に思っていたと告げている。それに対してシグレは、その理由がわからないのならもう元には戻れないのだと告げ、仲間と世界を守るために戦う覚悟を決め、最後に小さく『さようなら、おばあさま』と言った。
倒すと記憶を取り戻して正気に返り、まだ間に合うのならとシグレたちに向けて道を開き、今はもういない愛娘アクアに向けて謝罪し消滅していった。

カードゲームファイアーエムブレム0ではロッドナイトのクラスで若い頃の姿、透魔王国王女としての彼女の姿が見られる。
このときの彼女はアクアが着ているものと同じ白い衣装を身にまとっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「シェンメイ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12987

コメント