ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

CV秦佐和子
所属国家レスター諸侯同盟(金鹿の学級)
誕生日11月23日
年齢17→22
個人スキル動物愛
紋章???の小紋章
初期クラス貴族


概要

エドマンド辺境伯の養女。もともとはレスター地方の領主の娘で、エドマンド辺境伯家に引き取られた。
女神への祈りを欠かさない信心深い人物ではあるが、極端なネガティブ思考かつ、あまり他者とかかわろうとしないため、声すらも聞いたことがない者も多いとか。任務に関しても他人とのかかわりを避けるため補欠を希望している。
何かの紋章を宿しているようだが、名簿を見ても詳細が分からず、本人もこの紋章を嫌っている。この紋章はセイロス教の宗教画に描かれてはいるものの、フォドラ十傑や四聖人、さらにセイロスや炎の紋章とも異なるようだが…

養父のエドマンド辺境伯はマリアンヌとは逆に優れた弁論術を持ち、重商主義政策で財を成したかなりのやり手であると言われている。他のルートでマリアンヌをスカウトして5年後に入ると、自分がスカウト先にいるのは戦争がどう転んでもエドマンド家が潰れないようにという養父の意向であることを教えてくれる。
なお、士官学校には紋章学の権威たる人物がいるが、家の方から「紋章を調べないで欲しい」と多額の寄進と共に頼み込んでいる。つまり、事情を知ったうえであえてマリアンヌを引き取ったツワモノである。

人物

水色の髪に目が陰っており隈もあるため目つきは悪い。実際俯きながらこちらを睨むと結構怖い。暗い場所から急に出てきた時は何かしらのホラーものに出てくる幽霊や人形のような雰囲気

全体的に暗い雰囲気を醸し出しており微妙に近づき難いがローレンツなどが言うようによくよく見ればかなり美人な部類である。
だが、本人のネガティブな性格と人と話すのが苦手というのも合わさって気づける者は少ない。口調は常時敬語

このように同じクラスのヒルダとは髪色からしてもいろいろ対照的なキャラであるが、彼女たちの仲は良い方である。

片付けが苦手で部屋を片付けようものなら余計に汚くなるほど。

ガルグ=マク大修道院にドルテという名の仲の良い馬がいる。

性能

信仰心が強く鳥獣と話すのが好きという設定を反映して信仰・飛行・騎馬が得意で、剣術も得意、槍の才能を秘めている。格闘・重装は苦手。
兵種的にはプリースト・ソシアルナイト系・ペガサスナイト系に適性がある。
最後は信仰と馬術を組み合わせてホーリーナイトにすると良いだろう。

ヒーラーとして運用する場合、遠距離回復魔法である「リブロー」が使えて便利。「リザイア」と「オーラ」があるので攻撃のほうも白魔法でこなせる。
また貴重な「サイレス」を習得できる、効果は1ターンだけだが驚異の基礎命中率100%を誇るため、魔防が弱い前衛壁役を守ることができる。本人の魔防成長率も高いため魔法系の釣りだしも可能な魔術師対策のエキスパート。育てておけば特に後半出現する遠距離魔法持ちに対して良い仕事ができる。
魔法主体で運用するなら攻め手を増やすために理学のスキルを上げてみるのも手。3マス先を狙える「トロン」、命中率の「シェイバー」、必殺率の「フィンブル」とおおよそかゆい所には手が届く。

か弱い見た目に違わず物理戦闘は不向き。サンダーソードを使わせれば剣でも戦いやすい。
もしくは剣術を鍛えて戦技「魔法剣」を、同じく槍術を才能開花させて「氷槍」を覚えさせればそのまま叩くよりも大きな威力が出る。武器の耐久が気になるなら錬成した「鋼+」系の武器、もしくは槍の場合は「三日月の鎌」を持たせるといい。

ただ、それでもヒーラーとしての方が使い勝手がいいが、回復ばかりさせていると経験値の入りが少ないため、クラスで一人だけレベルが出遅れてしまうことも。魔法の撃ち合いやうち漏らした敵への追撃なども行わせて少しでも経験値を多く入れるように心がけよう。

尚、このキャラクター。その影のある容姿と性格に似合わず、金鹿の学級の生徒達の中では最も踊り子に適していると言える。剣術が得意で、魅力が高めのユニットなので、戦技「剣の舞」を存分に生かせ、また、低い耐久もスキル「剣回避+20」によって補う事が可能。しかも踊り子は魔法の使える兵種である事を踏まえれば、如何に彼女が踊り子向きか分かるだろう。

支援会話

※括弧内は支援会話の上限
ベレト(S)/ベレス(A)

金鹿の学級

クロード=フォン=リーガン(A)
ローレンツ=ヘルマン=グロスタール(A)
ラファエル=キルステン(A)
イグナーツ=ヴィクター(A)
リシテア=フォン=コーデリア(B)
ヒルダ=ヴァレンティン=ゴネリル(A)
レオニー=ピネッリ(B)

黒鷲の学級

フェルディナント=フォン=エーギル(A)
リンハルト=フォン=ヘヴリング(A)

青獅子の学級

ディミトリ=アレクサンドル=ブレーダッド(A)
アッシュ=デュラン(A)
シルヴァン=ジョゼ=ゴーティエ(B)

セイロス聖教会

ハンネマン=フォン=エッサー(A)

関連記事

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月 ディミマリ
マリアンヌ 水色髪 クラウンブレイド

ユリア…同シリーズの超内向的儚げ女性キャラ繋がり。内面的成長&大いなる力を秘めている点も共通。
ブノワ…同シリーズの臆病ながらも動物と意思疎通ができるキャラ繋がり。
シルク…同シリーズの信仰心旺盛な青髪女性キャラ繋がり。
フィヨルム…同シリーズのイメージカラー青、敬語常用、何より動物好き繋がり。こちらは超戦闘向けの性能。

美樹原愛超内向的動物大好き生徒繋がり。恋愛可能も共通。
ルールー(・アムール)髪型&無表情&敬語常用の生徒繋がりで内面的成長も共通。こちらはアンドロイドで極めて高い能力を誇り、敵のち味方。中の人ヒーローズレーギャルン。⇒プリキュアエムブレム

五年後の姿

Marianne / マリアンヌ


内向的な性格は変わらないが、目の下の隈がなくなり、全体的に前向きかつ穏やかなイメージに変わる。敬語の口調も変わらないものの、前述の前向きで穏やかな雰囲気と相まって奥ゆかしい感じになっている。
戦闘セリフも後ろ向きさがなくなっている。これも主人公と共に歩いているからだろう。

というのも、他学級のキャラはスカウトしなかった場合は敵あるいは第三勢力となって現れるが、彼女は全キャラの中で唯一、味方でない場合(つまり、金鹿ルート以外でスカウトしなかった場合)、5年後に登場しないからである。
主人公が居たからこそ前向きになれたのであって、主人公が居なければ、そのネガティブさを克服できず、あるいは……。

ちなみに、他学級でスカウトした場合だと第二部開始後に自分がここにいて良かったのかどうか思い悩んでいる。
また、馬のドルテは五年後も健在である。

関連イラスト

Young Marianne
マリアンヌ フォン エドマンド









紋章の詳細(外伝ネタバレ注意)


彼女の紋章は、「持っている者が忌み嫌われる」といういわくつきの紋章で、「獣の紋章」と呼ばれる、歴史から存在を抹消されたモーリスの紋章である。彼女の実家は途絶えたと思われていたモーリスの血と紋章を継ぐ家系の1つであった。
外伝でやってきた紋章学者によると、エドマンド辺境伯領の南の森で彷徨える獣が徘徊しているらしく、獣の紋章を持つ者が獣化すると噂されていたため忌み嫌われていたのである。
しかし外伝でマリアンヌ自らが先生に導かれて彷徨えし獣の元に赴き、獣の正体はモーリス本人だと突き止め、1000年以上に及ぶ呪縛から解放。モーリスは白骨化しており、モーリスが持っていた剣「ブルトガング」を回収したことで紋章学者の誤解が解けることとなった。

このブルトガングはモーリスの紋章に対応する英雄の遺産であり、モーリスの紋章を持つマリアンヌが装備することでその力を正しく引き出して専用戦技「獣牙」を使用できる。
また魔法武器なのでそのまま振るうだけでもいい威力が出せる。

関連記事

親記事

金鹿の学級 ひるしゅくらっせ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マリアンヌ=フォン=エドマンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 674311

コメント